« サークル活動と情報戦 | トップページ | Winny、SoftEther、便利なものほど危険な時代 »

強いもんの味方(阪神よりメジャー)

 縁あって、阪神タイガースとメジャー2球団の試合を観た。特に3月29日の対ヤンキース戦勝利は、友人達と大いに盛り上がったものである。開幕前ということもあって主力野手が途中で抜けたり4番手以降の投手が先発したといっても、勝ちは勝ちである。赤星のセーフティスクイズなど日本野球らしい側面も見せつけた。
 ところが、マスコミ各紙の見出しは…

 『松井活躍』

 ハァ?おまえら、どこの味方しとんねん!!私は怒鳴りたくなった。
 長嶋茂雄氏の五輪監督復帰を祈るぐらいなら、日本野球の前進を祝っても良いはずだ。なのに東京発の情報はまず松井の安打を取り上げる。こうなるとはある程度予測できてはいたけど、頭にくるものは頭に来る。
 そらそうだ。どちらが金になるかを考えれば理解しやすい。いや、どちらが安全であるかを考えてもわかりやすい。
 経済の面では、関西地区を除く全国レベルでは「日本球団の対ヤンキース勝利」より、「メジャーの松井が活躍」のほうが共有しやすい話題だから、彼が出演するCMなどの効果波及を考えてもプラスが多い。なにより、この前日に巨人がヤンキース(ただし投手が主力級で、野手も最後まで主力が出場)に負けたので、いまだに多いジャイアンツ党の神経を逆なでしなくても済む。要は支持者の多いほうが勝ちであり、何よりもマスコミにとっては絶対的存在・出資者であるスポンサーの意向に沿うことにもなる。
 安全の面では、関西人よりも怖いアメリカ資本の収益活動に敵対しないほうが無難だということになる。地域球団でしかない阪神タイガースよりも、(自称)世界球団であるヤンキースの味方をしておかねば、後々でさまざまな圧力をかけてくるかもしれない。それは政治などの別ルートかもしれないし、あるいは別の機関かもしれながいが、下手をすれば身の危険も生ずる。アメリカに圧迫をうけているのは、ほぼ全ての業界だといってよい。ジャイアンに脅し続けられているスネオのような立場だ。
 そう思って、あらためてスポーツ各紙を読むと、阪神球団とは縁の無いサンケイスポーツが、

 『歴史的大金星・阪神

 と掲げてくれている。しかも一面の見出しがこれだ。

 世の中しっかりした連中も少なくない。正直、ホッとした。

|

« サークル活動と情報戦 | トップページ | Winny、SoftEther、便利なものほど危険な時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/381665

この記事へのトラックバック一覧です: 強いもんの味方(阪神よりメジャー):

« サークル活動と情報戦 | トップページ | Winny、SoftEther、便利なものほど危険な時代 »