« 自己責任を知らない、子ども達さ~ | トップページ | アメリカに感謝すること。 »

アメリカの対日命令書

 よく、「日本はアメリカの属国だ」といわれますが、こんなにもわかりやすい一覧があったとは驚きです。
 米国大使館の「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本政府への米国政府の年次改革要望書」です。ここまで他項目にわたって要望すれば、外交の範囲を越えて内政干渉、いや、まさに属国扱いですね。
 この要望書にしたがって動いているかどうかで、政治家、財界人、官僚などのスタンスが見分けられます。つまり、公人である自分の立場を忘れて、日本よりアメリカの利益を優先して私的な身分を守ろうとする連中がいる。確かに昭和以前ほどではないにせよ、欧米から盗む面はまだまだあると思います。ただし、あくまでも日本の風土自然にあった選択をすべきであって、その他の地域(地球全体といえば別だが)だけを利するために動くのはやはりどうかと。
 どうして、こうもその他の地域、特にキリスト教文化圏の影響を受けやすいのかというと、資本主義に慣れない日本(を含む東アジア圏)の姿がそこにあるのかもしれません。義務教育で、戦争の怖さを教える先生は掃いて捨てるほどいます。が、戦争の発生原因の一つである資本主義を「元手(資本)を出した人間本位の仕組みです」などと説明してくれる先生はまずいません。説明もせずに反対だけしている教師はいますが(笑)。戦後の占領政策でよりその傾向が強められた可能性は高いものの、それ以前に、多神教的で相対的な物の見方を得意とする日本人に、金持ちを絶対にしてしまえる発想は受け入れ難いのかと思います。
 以上の困惑ぶりや、無知ぶり(彼らから見て)をふまえた上での「要望書」がこれです。彼らにとっては、自分たちのルールになじまない人間は全て土人のような扱いかもしれず、「我々の教えを広めてやろう、教えのとおりにしよう」というお節介の現れでしょうか。一般の人間関係にもありえる状況が国際間でもあるのかな、と思っているところです。

最後に、トラックバックを送った先をリンクに。奇しくもなのかそうでないのかは不明だが

|

« 自己責任を知らない、子ども達さ~ | トップページ | アメリカに感謝すること。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/612668

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの対日命令書:

» 自由であること [ばっきょ隊長]
今朝、hotwired にて白田秀彰さんの「タコを育てて、ブタを木に登らせる話」という 記事を見つけ、うーん公務か、と唸っていたトコロ、 トラックバックを頂... [続きを読む]

受信: 2004/06/29 22:44

« 自己責任を知らない、子ども達さ~ | トップページ | アメリカに感謝すること。 »