« 高い目標より、時代の流れに乗れ | トップページ | 地方移転したほうが良いもの-大学、球団… »

働く=端(はた)を楽(らく)にする。

 この前に、『地域重視or世界標準?一目でわかる一覧表』という記事を書いた。おそらく、読み手各人の立場によって、捉え方が違うかと思う。例えば、農漁業従事者やある種の製造業関係、地方公務員などであれば、「地域重視が良い、まず自分が属する集団で助け合うことだ」という気持ちになるだろう。逆にコンサルタントや一部の中央官僚・金融関係者、外資系企業の関係者となると、「世界標準に守って当然、遅れるやつ合わせられない者が悪いんだ」という感想があってもおかしくない。

 ちょうど良い参考記事を見つけたのでリンクを記しておく。
  国際派日本人養成講座-道徳力と経済力

 そろそろ私の意見を述べると、前記事で言うところの「国際協調」と「地域益重視」の間ぐらいだ。
 「世界標準に守れない奴はダメだ」の発想を続ければ、常に世界標準(Global Standard)を創り出せる連中が優位にたつから、世界の利益というよりも標準を作った者の利益重視になってしまう。この発想に属する人が良く言う「自由競争」は少数には確実に利益が行くように作られた標準の中での話だ。勘違いしてはいけない。
 ということは、世界標準をよく知らない人間にうまく商売すれば、巨利を得ることも可能で、詐欺ではなく合法だから許されるという発想にもなる。
 悪い例として、某外資系コンサルタントに成果主義・目標管理制度が世界標準だと教え込まれた、某IT系製造業の惨状が挙げられる。どんな仕事をも数値(金銭)に置き換えて、その達成の有無で、給与や昇進を決めるのが目標管理制度だ。これを全ての社員に適用してみると、営業などは良くても、管理系や運用系など守成・維持を目的とする部署はたまらない。強引にでも目立つ仕事を見つけてこなさなければ、減給や降格が待っているのだ。そうしているうちに士気が墜落し、生産性が激減してリストラ以前に有能な人材から逃げられた。
 下手に外部の標準を丸呑みして、会社全体が苦しむ結果になったのである。どの会社とは言わないものの、この製造業が某外資系コンサルタントに賠償金を請求することは、もちろん不可能だ。コンサルはこう言うだろう、「私たちの言ったとおりに完璧にしないからうまくいかない」と。嘘をつけ、完璧にしたらもっとおかしくなっている(笑)。
 では、いまの標準がおかしいからと、理に叶ったシステムを唱えようとも、既に標準を握った権力者(政治家よりも資産家に多い)が「これがルールだ」として、己が作った掟で反逆者として抑え込むことができるから、余計にタチが悪い。この権力者たちの着眼点は、どうやらユダヤ商人の発想らしい。詳しくは先述の参考記事をお読みくだされば幸いだ。

 また、同じ記事の末尾に『働くのは「端(はた)を楽(らく)」にするため』という記述がある。
 まさしくジャパン・スタンダードで、周囲や世間を楽にすることが「働く」ことだという発想だ。そうしているうちに周囲や世間の活気や購買力が高まるわけだから、恩がある企業や団体の商品を買ったり利益になることをするという、信用の循環である。さらに競争相手も「世間」のうちだから、よほどの時は助け合う発想に切り替えられるので、特定の企業が倒産してさらに連鎖破産=大不況、なんて悪循環も防げる。最近だと、イオングループがマイカルを救済したように。気持ちのいい話ではないか。

 これがユダヤ?・スタンダードになると、自教徒は別として、他教徒であれば先に作ったルールにさえ適合していれば、何をやっても良い。いくらでも稼げという発想だから、当然信用を失う。競争相手が倒れるのも、ルールを守りきれなかったからと割り切るので、助け合いはまず生じない。結果的にはごく一部の金持ちと大多数の貧乏人を作るシステムになってしまう。(ルールを遵守するっていうのは聖書の内容を遵守(盲信?)する心理状況と似ているらしい・・・おお怖。でも、決定権を他人に預けるのは確かに楽なんだろうね…)
 日本やアジア圏に比べると、欧米が受けたユダヤ商人発想の影響は長く深い。身包みはがれた者もいれば、その発想・ルールに乗っ取って莫大な利を挙げた者も居るだろう。たぶん後者が欧米の政治経済軍事の全てに影響を及ぼしていることは想像に難くない。(最近のフランスあたりでのユダヤ人排除などは、このあたりの歴史背景も影響しているのだろう。)

 ともかくも、外から来た標準・ルールを守る・取り入れることよりも、どうすれば周囲や世間が楽できるかを優先に考えるほうが良い。これが私の考えであり、実際職業人としての私も、なんだかんだの守らざるを得ない基準があっても、いかにお客様や他の働き手に迷惑がかからないような運用ができるかを重視している。
 邪魔になる基準を押し付けて業績評価が上がっても嬉しくない。それは端を楽にしたわけではないのだから。

|

« 高い目標より、時代の流れに乗れ | トップページ | 地方移転したほうが良いもの-大学、球団… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/1079338

この記事へのトラックバック一覧です: 働く=端(はた)を楽(らく)にする。:

« 高い目標より、時代の流れに乗れ | トップページ | 地方移転したほうが良いもの-大学、球団… »