« 占領はまだ続いている… | トップページ | 来年、30歳です。 »

左からは「右」と、右からは「左」と言われる俺

 タイトルの通り誤解が多い私は、常に極端を恐れ(嫌い)バランスを取ろうとする性癖があり、モットーにしている。『そっちも大切やけど、あっちも忘れんなや。』逆のことを言いたがる、要は天邪鬼(あまのじゃく)だ。

 不易流行、温故知新。この四字熟語は、古い要素から新しい今の状況が知り得ることを示している。が、最近の周囲には、「不易」よりも「流行」、「温故」よりも「知新」を唱える人が目立つ。新しきから新しきを知るというのだろうか。(米国流教育の影響は否めないがそれだけとはいい難く、高度成長期の残骸もあるのだろう。)
 時代のトレンド・はやりを追え、さらに新たなヒトやモノと接せよ…確かに良いことだが、これまで蓄積されてきた良い部分を無視して、全てを刷新するのは勿体無い。だから私は「不易」と「温故」をあえて言うのだ。だが、逆に「不易」や「温故」に世の中が固執しているならば、『新しいものを見なさい』と「流行」と「知新」を重く見よと言っているだろう。

 とはいうものの、自分でもバカなことをやっていると思う。当然、世の中全体を考慮すれば、ある一定数の両極端に寄る人物がいてバランスがとれるからだ。(世の中が変わるときには自然と多くなる。そろそろそう言う時代が来たのか?面白い。)
 自己弁護するとすれば、両極端になれる人数枠?はごく少ないから、自らの位置取りをわかってから動いて欲しくて意見をしているつもりだ。その後は、軌道修正するもよし、むしろ極端になるもよし。第三者からの物差しとして、私の天邪鬼行為を利用してもらえたら幸いである。

 バランスをとりたがる俺はそんな奴だ。損な奴だ。だが、あえてそうしている。表現力の拙さもあって、関係諸兄には不快な思いをさせることもあるだろうが、私のいたいけな愛情と思ってお付き合いくだされば幸甚だ。…って、甘えています、ごめんなさい。

|

« 占領はまだ続いている… | トップページ | 来年、30歳です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/1246291

この記事へのトラックバック一覧です: 左からは「右」と、右からは「左」と言われる俺:

« 占領はまだ続いている… | トップページ | 来年、30歳です。 »