« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

トラブルにおびえた旅の終わり-欧州旅行顛末

 帰国5日目やし、そろそろまとめを。欧州旅行も終わりごろの私は、クレーム交渉をこれ以上増やしたくたくなく、トラブルが来ないかとおびえつづけていた。
 まず15日はリヨンのカルフールで値段間違いを指摘、18日にはミラノで麻薬商人を追っ払い、19日はスイス国鉄と、相手を責めるコミュニケーションを続けた私は相当疲れていたのである。もう、トラブルには会いたくないし、何より相手の落ち度に気づきたくない。
 多くの日本人旅行者なら「郷に入れば郷に従え」と、現地の習慣だと割り切ってすませるか、争い事のリスクを避け無難に乗り切ることだろう。だが、我が性格が災いして旅の楽しみは減り、19日頃には気楽な環境=祖国日本を思う心ばかりが強まっていた。
 
 もちろん、貴重な経験を得られたのは事実であり、大収穫だ。
 むしろ、我が性格が幸いしたといえる。今になって思えば、トラブル、つまり相手の非を改める状況に陥ったからこそ、それぞれの地域の本質が垣間見え、良さも感じられたのではないだろうか。
 しっかり正当性を訴える姿に、最後は好意で迎えてくれたカルフールの女性社員。フランス人は主張を通す態度を認めると聞いていたが、本当にそうであった。
 スイス国鉄では、悪かろうと制度ある以上は一歩も引かない職員という厳正さに感服(今となっては)。あと、チューリッヒ行きの車内で、切符の有効性を丁寧に説明してくれた車掌の親切には頭が上がらなかった。

 そう締めくくると、今度はいい思い出ばかりが浮かんでくる。

続きを読む "トラブルにおびえた旅の終わり-欧州旅行顛末"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイス国鉄よ、説明せよ。

スイス国鉄に謝罪?の続きです。

 拙すぎる英語ながら、ここまで追加料金の高さと一部区間の重複徴収をつついてみたが、いかにも正当だという二人のスイス国鉄職員の態度が解せない。問題の往復切符を売ったスピーツ(Spitz )駅の職員はblsという地方私鉄の所属だから、知らずに売ったのかちょろまかしたのかと思っていたがどうも様子が違う。

 この時、現地時間で9月19日夕方。
 チューリッヒ行きのInterCity(都市間急行列車)に乗り込んだ私は、そこの車掌に料金の高さについてのみ聞いてみた。抗議体制をいっさいやめ、友好的に。
 親切な車掌でドイツ語の切符文章を読み上げてから、実は有効期限が2ヶ月もある切符だと説明してくれた。ドモドッソーラ・ミラノ間2往復分弱の料金で、手前のイスール(Iselle)からミラノ間を乗り放題になるという、わけのわからん切符である。そういえば、使用済みの切符なのに、ローザンヌの駅員は時刻表を印字してくれた。なるほど筋がとおっている。
 丁寧な説明に"Thank You very mach" "Danke sehon"と、いちいち独語をつけて礼をいった。

 あ、そうか。これはスピーツの駅員の親切か?いや待てよ、誰が2往復以上するといった???

 それで、チューリッヒの宿でN先輩やF氏と相談すると、スイスパスのチケット形態に問題があるという結論に。スイス国鉄が直接発売するらしいパスの形状は縦長で見開きのケース入りで、スイス国旗までカラーで印字されている。ところが、我々がJTBを通じて手に入れたそれは、ヨーロッパ各国共通のユーロレイルパスと同じデザインなのだ。
 ユーロレイルパスの有効範囲内にはイタリア領ドモドッソーラは含まれず、国境を越えたすぐの駅いスールまでである。おそらく各地の駅員はこれで勘違いしたのではないかと。

 一夜明けて、今度はチューリヒ駅の窓口に質問した。
 これまでのものとあわせて、わかった内容は下記の通り。

 1.ドモドッソーラ(Domodossola・すでにイタリア領だがスイス国鉄最後の駅=スイスパスの適用最終駅)からミラノまでの2等片道運賃は9ユーロ19センツ。換算して約13.80スイスフラン。→イタリア国鉄管轄
 2.イスーレ(iselle・イタリア領最初の町)からドモドッソーラまでの2等片道運賃は14スイスフラン(確か)。→スイス国鉄管轄

 ということは、正規運賃でイスーレ・ミラノ間を往復すると56スイスフラン弱だから、47.00スイスフランはその点では割引切符といえる。ただし、スイスパスではイスーレ・ドモドッソーラの乗車を認めている以上、明らかに区間を重複して運賃を徴収している。

 3.JTBが発行したスイスパスのデザインは、海外(Over Sea)発行のものとしては、正当である。=JTBに不正はない。(が、説明不足の面は否めない)

 そして決め手は…

 4.スイスパスはドモドッソーラまでの乗車を認めているが、パス範囲外であるイタリア国内の各地に向かう場合は、ユーロレイルパスと同じく、イスーレからの国際切符を発行する制度になっている。=各職員に不正はない。

 えっ?特例っちゅうことか?   …なんやそれ。

 合法にしても、事前説明がない。添付の地図や注意事項にも書いていない。
 同輩Sの発言の借りると不法ではないが、明らかに『不当』である。

 これは窓口レベルの問題では片付けられないと思い、切符の購入に使用したカード会社の国際業務部を通じて、あらためてスイス国鉄に質問を投げつける予定だ。『ドモドッソーラ・ミラノ間往復(18ユーロ強=27スイスフラン』は払いますが、それ以上は御社から納得のいく説明がない限り支払いません』と。

 というわけで、解決は帰国後に持ち越すことにした。

 ドモドッソーラまで有効としたのは、スイス国鉄側の好意と受け止められる。しかし、追加切符を事前の説明なしに、その手前の国境駅から高い国際運賃を払わせるとは、意図的に超過分を蓄えようとする欲ともとらえられる。上層部の陰謀か??
 確かに2ヶ月有効かもしれないが、そもそもスイスパスを持つ外国人客が2往復以上もイタリアに出ていく可能性はきわめて低い。もっとも、イタリアに逃げて欲しくない気持ちもあるのだろうが。

 入管職員の配備する経費などいろんな事情はあるだろうけど、事前説明がないというのはどうも納得いかない話である。


 国鉄職員の各位には大変失礼なことをした。特に私に怒鳴られたり威嚇されたりした方々は・・・申し訳ございません。
 制度上の問題だから、現場の職員たちに責任はない。責めるべきは上層部や企画担当など、ややこしい制度にした連中だろう。

 にしても、現場の彼らが同情を見せず、押し通すのにはわけがある(と私やN先輩は以下のように推測している)。
 永世中立国でかつ大国に挟まれる立地を生かし、国際金融や特殊工業などの高度なシステムが要求される業種で富を集めているのがスイスである。その政府が、例え欠陥のある制度であっても、離反した職員を許すはずがない。
 そのうえ、稼いでいる分だけ物価も高い国である。もちろん国民の収入も高いが、失業時の犠牲は大きい。国鉄職員たちが、仮に理不尽な制度だとしっていたとしても、公務員でもある彼らは制度を守り通して職を守るよりほかない…サラリーマンである私もその立場は痛いほどわかる。

 おもえば、Brigの女性職員などは「ドモドッソーラで買いましたか?」と、イタリア国鉄で買えばよかったのにと暗示してくれたのかもしれない…ならば、怒り出す(ただし演技)私を見て、窓口を閉める気持ちをわからなくはない。
『同情してるのに・・・あんたは、もう。私にはどうにもできないわ、退職させられるかもしれないから』

 だから、今もなお金持ちの日本国民である私が、一石を投じておこうかと思う。これから日本人だけでなく、諸外国人が心地よくスイスを訪問するためにも。

 私がそうしようと思うほど、スイスは良い国なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイス国鉄に謝罪?

 うう・・・日本の恥や。スイス国鉄のみなさん、ごめんなさい・・・

 簡単にいえば、JTBにデザインの違う形式のチケットを発行されたらしい。そうとは知らずスイス国鉄側の過失と思った私は、すくなくとも二人の職員を怒鳴りつけたことになる。本当にごめんなさい。

 では、事情説明を。
 スイスパスは外国居住者向けに発行される、スイス国内の国鉄・私鉄および市内電車やバス・船などが指定の期間だけ乗り放題になるという特別切符である。
9月20日までの4日間の切符を持つ私は、現地時間18日11時ごろ(日本時間18時ごろ)、山間の町Spitz の駅で、スイス国鉄の最終駅ドモドッソーラ(Domodossola)からイタリア・ミラノまでの往復切符を買おうとしたのだが、妙に高い料金で買わされた。
 47.00スイスフラン、日本円にして4200円強。イタリア国鉄は安いと聞いていたのに、おかしい。
 ただ、このスイスパスの境界駅であるドモドッソーラからミラノまでは125kmあるから、JRの料金と比較して考えるとそう高くはなく、とりあえずミラノまで往復した。(ミラノ中央駅で麻薬の売人に会って、私が追い払った話などはまた後で)

 気になって、同行のN先輩に聞くと「これは高すぎる」と。
 宿からイタリア国鉄のサイトで確認すると、ドモドッソーラ・ミラノ間の値段は2等片道でわずかに9ユーロ少々。それに、ドイツ語など読めない私はIssue のことだろうと思ったら、Iselleというシンプロントンネルを抜けてすぐの、イタリア最初の駅の名前だ。
 スイスパスはドモドッソーラまで有効のはずだから、重複請求されている上に国際切符だから高い。

 頭に来た私は、N先輩やF氏の手をかりてクレーム(英語)の台本を作った。
 それであくる日、Brig、Lausanneの両駅で質問したのだがどうもおかしい。両駅の駅員はともに正当であることを主張する。
 まず、Brigの女性駅員は、私が「It's expensive!」などと怒鳴りつけたものだから、窓口のブラインドを閉ざして逃げてしまった。
 続いてローザンヌ(Lausanne)の駅員は、私が問題の往復切符とスイスパスを見せると、すぐにローザンヌからミラノの時刻表をくれる。片言の英語(相手も仏語圏であり、英語は通じるがスイスの公用語ではない)で聞くと、Spitz からでも同じ値段だと。じゃあRuleBook(約款の意味でいった)を見せろといったら、一応その地図の部分をみせて説明はしてくれた。しかもぎ然とした態度で。

 私は、どうも我々の疑いが見当違いではないかと感ずるようになった。

 この前日、別の友人Sがベルン州内の登山電車で区間を重複して料金徴収されたところで、その悪印象が消えないうちの顛末だから、必要以上に悪どく考えた可能性がある。Brigの女性駅員に「ドモドッソーラで買ったのですか」と聞かれたのも何かにおう。それに、同駅の別の駅員に両替を頼んだときの手際が良かったこと、ほとんどの鉄道職員の愛想の良さ。なんかおかしい。 
 おそらく、このチケットの価格については正当ではないのかと…

 ローザンヌからレマン湖を船で渡り、フランス領Evianへ。あのミネラルウォーター・エビアンの地で、さっそく源泉からの水を手に入れる(あのリヨンのカルフールで買った、エビアンのボトルが空いたやつに。)。
 そして、再びローザンヌからチューリッヒ(Zurich)に向けて乗った列車の車掌に、あらためてチケットの価格の意味を聞いてみることにした。
 
 この後は、明朝の結果を待ってお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フランスで侍魂を見せる-カルフールに勝利

 いま、フランスはリヨンにいる。
 非常にいががわしい題名をつけたのだが、嘘はない。ただし敗者のない勝利であり、私のクレームが異国の地で認められたという話だ。前置きのあと、その話に進みたい。

 フランスに入国してからは、シャルル・ドゴール空港の案内の悪さと、英語を使うと急に機嫌が悪くなる係員の態度にいきなり頭にきていた。
 だが、パリ市中やリヨンの市民に接するにつれて、一人歩きの私に横断する道を譲るバイクの青年や、あるいは買い物カートが接触したことで「Excusez-moi(失礼しました),I'm sorry」と謝る若い女性など、むしろ誠意ある立ち振る舞いが目立つようになる。よく言われる「フランス人は民族的な誇りが過剰」との特徴だけではない側面がみられたのは大きな収穫だ。
 (女性があとで、I'm sorryと付け加えたのは、私が英語しか知らない東洋人(事実どころか、英語もあやふや)とみて、反応がないものだから、より気を使ってくれたのだろう。"Ca ne fait rien"と返せば仏語で「いいんですよ」の意味らしいが、このときの私はこの言い回しを知らなかった…)

 と、フランス人のプライドと気立ての良さを書いてみた。
 ここからは、本題である感動?のお話である。

 そうしているうちに、自分が靴下を1足しか持ってきていないことに気づいた。
 パリ市内では安い店がなかなか見つからず、結局はリヨンの"LA PART DIEU "駅と宿泊先の間にある、世界に展開するフランス最大のスーパーマーケット、カルフールの"LYON LA PART DIEU"店で手に入れることにした。
 買った靴下は安値提供品ばかりで、疑惑の品がこれである。

 なんと、レジに向かうと肝心の値引きがない。
 『例え80円程度の差額といえどもここで引けば、我々日本人は余計なめられるうえに、俺自身も納得がいかない』と、仏語で入りつつ訳のわからん英語で「これは2ユーロ40センツと違いますか?」と主張した。ところが、レジの係員は「すでに特別値引きしてます」といわんばかりに黄色い札を指さし、さらに私が押すと、目の前のカスタマーサポートに行けと言う。
 やむを得ずその場は支払って、待ち合わせ時間を過ぎていたほかの同行者の元に急ぐことにした。同行者達に事情を話してからカスタマーサポートに抗議したが、あらためて値札のバーコードを読み取っても「3.00ユーロ」としか表示されない。
 納得がいかない私は、抗議を傍聴してくれたN先輩に現場をみてもらった。
「これは、近藤さんの言うてることのほうが正しいですな」
 自信を得た私だが、実は面倒くさくなっていた。日本人のような責任感を持たずに細かい仕事のできない連中に、これ以上ものを言うても仕方がないと。
 気を直してデジカメ写真でも残しておこうと、疑惑の売り場を撮っていたら、
「デジカメって撮った映像をすぐ見せられますよね。証拠をつきつけてやれば?」
 おお、これぞ文殊の知恵。単純なことだが、これは行ける。

 あらためて、おなじカスタマーサポートに行き、さっそく下のデジカメ映像を見せた。

 

 すると、女性店員は笑いながら、いかにもやられたというように、初めて内線電話を手にして品名や色などの確認をとった。しばらくして、疑惑の売り場にあった特別値札をもって別の店員がやってくる。
 対応した店員はさらに笑って、「良くやりました」という表情を見せながら返金伝票を書き、差額の60センツを私に返してくれた。

 

 ようやく勝利が確定した私は、「Merci beaucoup」と女性店員にお礼を述べた。
 本当かどうかはわからないが、海外経験の深いN先輩いわく、
「あのおばちゃんは、たぶん近藤さんのこと気に入ったで。ハッキリともの言う男はフランスでは認められるし。」
 確かに、対応の最後あたりは好意の表情に満ちていらした。仏語など全くわからない私だが、そのあたりの微妙はよくわかる。おそらくN先輩の言う通りだとして、フランス国民の一般的感情としては、「自己主張の確かな者を愛すべし、尊ぶべし」という美徳があると思われる。この点、極めていい国だ。

 さらに、N先輩。
「いやあ、近藤さん、フランスしかもリヨンで漫才をみせてもらうとは思いませんでした。サムライを見せつけましたな。にしても、あのおばちゃん、もっと若かったら確実に近藤さんを夜に誘うてきますで。」

 ほんなら、誘われる準備を…って何でやねん。

 参考リンク:カルフールの日本法人

----

 追伸:リヨンは親日派が多いと思われる。カートが触れるだけで謝ってきた女性のほか、カルフールの警備員にわざわざ「日本人か?」と聞かれたり、あるいはすぐにエレベータからの退出を先に勧めてくれた少年など。ほかの同行者にも同様の証言を聞いており、何らかのきっかけか、あるいは日本側からの厚い投資があったのかもしれない。
 フランス旅行なら、パリよりもお勧めである。治安も良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎の威を借りたら自由競争ではない。

 自由競争というのは、仮にフェアに作動したとすれば素晴らしい。知恵を絞り凌ぎを削り、やがては社会世間のために役立ち、自然とも調和したものが残っていくシステムだろう。
 しかし、競争相手のシェア(持分)を、それよりも強い権力(政府や力のある諸外国)を使って分断してまで、自らが勝とうとするのはいかがなものか?いくらいい知恵があっても、強権を使った暴論が通じてしまえば、自由競争の長所が生かせない。特に諸外国を背景にした場合、間接的にはその軍事力をも脅しに使っていることになるからタチが悪い、手が出せない。まさに、「虎の威を借る狐」だ。
 しかも、マスコミでは報道されにくい話(そりゃ虎は怖い)だから、一般大衆にはわかりにくく、一部のインテリや評論家がこぞって、こういう連中の味方になるからさらに始末が悪い。

 ここまで書いたのは、孫正義氏の最近の動きを聞いてからである。
 報道にもあるように、彼はソフトバンクに対して800Mhz帯の携帯電話市場の開放(明渡し)せよと総務省に迫っている(脅している?)。表向きは「NTTやKDDI以外にも競争参入者を増やし、よく練磨する状態にしろ」と、確かに正論を言っている(ように思える)。
 だが、これまでの孫氏自身の動きは、オリックスの宮内会長らとともに政府の改革会議に入り込み、自らの企業に適した規制緩和や行政執行をあ後押しすることが多かったから、どうも裏の目的があるように思えてならない。総務省などのNTTに対する不自然な圧力の数々をみても露骨だ(つい最近までNTT東西会社は県間通信事業さえ禁止されていた。あからさまに政府権力を使ってライバル会社のシェアを規制!)。この時点で日本政府(の一部)という虎の威を借りている。逆に長らく日本政府の威を借り続けたNTTにも問題があり、どっちもどっちである。その点ではKDDIなんかが好ましく思える。

 とすると、彼らが日本政府の威を借りられるようになったいきさつが、どうも怪しい。日本政府は、元々NTTにとっての虎であったはずで、宮内氏や孫氏がここまで政府委員の常連になれたのは訳があるはずだ。トヨタ松下などの巨大企業ならともかく、彼らの経営する企業体はそれほどの規模や歴史をもたない。両者(両社)の共通点はといえば、オリックスは創業当時から米国会計制度を採用し、ヤフーBBは日本では唯一ADSL通信の規格を米国タイプにしている。おおよそ、虎の見当がつく。

 あの虎やったら、総務省や日本政府より強うて当然や。

 関連のリンクをあげておく。

 株式日記と経済展望:9月7日付け記事-NTTを守れ。孫正義=ヤフーによる日本の通信・電波乗っ取りの策動を、日本人は団結して阻止するべきだ
 週刊アカシックレコード:本命ソフトバンク(オリックス球団の買収元として)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマツ球団誕生か?(期間限定掲載)

 まさにあの、元小松製作所の「コマツ」が、オリックス(+近鉄)を買収するという予測を勝手に立ててみた。本拠地は金沢にでもして、北陸初のプロ野球チーム成立か?仮に近鉄との合併が成立せずとも、オリックス・ブルーウェーブを単独買収する可能性がある。(※注:私は合併賛成派でも1リーグ賛成派でもない。今回はあくまで冷静な予測です。)
 実ははもう伏線がある。今回は箇条書きにとどめて、長文は避けながら説明したい。

 【買い手・コマツ側の前提条件】
 ・コマツは石川県小松市が地盤=森喜朗前首相の地盤
 ・コマツはイラク出兵に貢献して軍事産業部門を強化中。
  =装甲車のほとんどは同社製(十中八九、森氏のコネだろう)
  このため、イメージアップ(ダウン回避)をはかる、素材が欲しい。
  (谷本歩実選手の柔道金メダルだけでは足りない?)
  →参考サイト(下部に「防衛関連」と掲載があり、詳細説明へのリンクなし)

 ・ヤンキース・松井秀喜外野手の出身地は石川県根上町(小松市の隣)
   =根上町は森喜朗の地元、森氏の父は同町の町長
   →名前の「喜」の字が共通していることにも注目。
 ・松井選手はコマツのCMに出演経験があり、現在も出演中。

 つまり、森喜朗=コマツ=松井秀喜の石川県小松地方連合が既に成立済み

 【売り手・オリックス側の伏線】
 1.昨年オフ、FA権を得た村松有人外野手が、ダイエーからオリックスBWに移籍。
  村松選手の出身は石川県、母校は星陵高校で松井秀喜選手は後輩になる。
   →松井選手の日本復帰時には彼が呼び水に?
   →石川県出身の二人と谷佳知選手で最強の外野陣?
 2.オリックス会長・宮内義彦氏は、政府の各種諮問機関の常連委員。
  それも森内閣を発端としており、当然ながら森氏とは縁浅からず。

 とりあえず、こんなところ。

 自民党森派(小泉ほか含む)のお家芸である、「税金注入して体質改善してから、事実上外資へ売り渡し」なんてことにならねばよいのだが。竹中センセイがすでにお動きかもしれない。ソフトバンク(オリックスの本拠地球場はヤフーBBスタジアム)と共同出資の可能性も…。
 
 ※もしかしたら、今回の騒動も野球協約にある「日本国籍をもたない株主が49%を越えない」との規制を撤廃させ、アメリカ直営のメジャーファームチームとしての日本プロ野球団をつくるのが本来の目的とか。この条件で、新規加盟金の引き下げなどの策で12球団制を維持して、選手会を引き下がらせたとする。すると、死の商人・米国軍需産業などが新球団設立に動いても、それだけでイメージアップ策に…。陰謀を考えると、底が尽きないのでこの辺でやめておく。

※ 9月 8日一部訂正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルウララとナチスドイツ-広告宣伝について

 題名のとおりだが、この二つの共通条件は広告宣伝のうまさにより、世に出てきた所である。

 なかでも、ハルウララのプロモーションは非常に好ましい。
 負けても負けてもまだ走りつづける姿をクローズアップし、割に合わない業績とか成果を押し付けれられた民衆を勇気付ける格好になる。そして、広告宣伝の主目的である現状打破効果としては、赤字体質だった高知県競馬に大きな収益をもたらした功績があげられる。
 ハルウララをとりあげた広告マン、電通だが博報堂だかどこの代理店の人かは知らないが、非常に尊敬できるお仕事をされた。

 反面、ナチスドイツはゲッペルス宣伝大臣の広告宣伝手法は、悪用例といえようか。
 「Heil! Hitler(ヒトラー万歳)」に代表される簡単で短くわかりやすい文句は、大不況にあえぐドイツ人たちをナチスとヒトラー支持になびかせた。苦しい状況下では考えるのも嫌になるものだ。そこへ救いの手(ちょうどキリスト教にはメシアという言葉がありますが)があらわれて、何でもいいから助けてやると思わせてしまえば、窮地の民衆はすぐに縋りつく。実際ヒトラー政権は、アウトバーンの建設など誰に公共投資による経済活性化政策(ケインズ主義や米国のニューディール政策に通ずる発想)を駆使して、多くの国民に職を与えた。
 が、その後の歴史は推して知るべし。戦争遂行やユダヤ人排斥など悲しい方向へと、広告宣伝の効能が活用されていった。(ナチスによるユダヤ人排斥。今もそうだが、巨利を得る資本家にユダヤ人(ユダヤ教徒)が多かったのも事実であり、それで国民受けが良かったのかもしれない。何にしろ、一般庶民であるユダヤ教徒たちはたまったものではない、重ねてご冥福をお祈りする。)

 まさに現状打破の手法が、広告宣伝である。
 うまくやれば、いかようにも一般大衆の心をつかみ、社会を動かし得る。
 
 にしても、ただでさえ自然環境を作り変えてしまった我々人間が、これ以上現状を動かすのはしっかり考えてからで良いのでは。(そうそう環境保護って、実は「保守」発想なんよね。)
 現状打破とはいうけれど、人それぞれには分限ってものがある。私一人をとっても、容貌とか性格も含めて、全ての能力は親や育てられた地域や周囲の人々、自然からの賜りものだ。それだけでも満足したほうが良い。だが、万物の霊長とはいえど生身の生き物である。欲は絶えない。
 欲の方向性が、高知県競馬のハルウララ事例のように、資本や人の首都集中などで割を食っていた地方に益をもたらす発想ならいい。世の中のバランスをとるための、公共目的に添った「広告宣伝」は歓迎する。だが、ナチスドイツを挙げるまでもなく、極端な方向に人々を向かわせ、やがては破滅に近づけるための「広告宣伝」はいかがなものか。

 極端な方向に向かわせる、簡単で短くわかりやすい文句?
 説明しやすい事例がある、ブッシュのせがれと小泉の三代目がそうだ。若者の反日感情を煽った北京の江さんもそうかな。(そうさせているのは、どうせ黒幕の誰かなんだろうけど、ここでは割愛。)
 俺なら、もっと平和に使うのに・・・その才能を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »