« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

叩き上げが好き。

 「これはいい」と思う20歳前後の若手俳優やタレントに共通する特徴が、『叩き上げ』であることだ。スカウトされ事務所(やその他支援勢力)の後押しなどでスター街道を走るタイプよりも、子役や端役から始めて何度もオーディションを受けているような、いかにも下積みの香りがする人が好きなのである。

 これは私の幼児体験にも原因があるらしい。 
 協調性が低くて(横から「今でもそうや」とツッコミが来そうな。すみません...)球技が下手だったり、学校で誉められるような事は一つもなく、いい思い出の少ない少年時代で何が苦痛だったかといえば、勉強もスポーツも出来る同級生の存在だった。『デキる』ことを当然として、有形無形に明示的暗示的に自分の偉さを主張してくる。鼻にかけるヤツ、ほんとうに消えて欲しかった。
 もちろん、文武両道でも謙虚な同級生もいて、彼とは今も連絡を取れる状態にある。だが、私の少年時代の経験では、慎ましくて『デキる』人にはそうお目にかかれなかった。すでに、スカウトされるような天才少年少女は「威張る」というのが、動きがたい観念になっている。単純に不快なのだ。いや、私だけでなく周囲も不快だろう。

 そういうことを思い出しつつ最近の若手俳優をながめると、本仮屋ユイカさんが気になってきた。
 大変失礼ながら、彼女はモデルにもなれるタイプの「美人」ではない。本人も心得ているのか、あくまで演技力で勝負する姿勢が強く、話ぶりを聞いても周囲への気遣いが良くうかがえる。子役から数々の鍛錬を経て、ついにNHK朝ドラの主役を射止めるまでに至った彼女は、若いながら『叩き上げ』の感性をもっているのだろう。
 さらに調べてみると、母子家庭で妹と祖母の4人暮らし。家系的には名門らしいが有利とはいえない環境から下積みを重ねた、明らかに苦労人である。いや、彼女の多弁ぶりをみると「明るい苦労人」というべきか。

 つまり、自分の力や立場、特性について分をわきまえており、そのなかで最大限以上のパフォーマンスを発揮しようという姿が美しい。なにより『私は偉いわよ』『私は綺麗』などといった自惚れや虚栄心が見られず、5歳の時にあこがれた山口百恵さん以来の感動を覚えたのだ…

 以前にもまして、私は「見た目」以外の部分をみるようになってきた。年齢もあるのかもしれないが、話しぶりや行動パターンから、その人の物事や周囲の人々に対する姿勢を注視する癖が強まっている。自分の力や立場におごった人が幸せになった例を見た事がないから、私はそこが気になるのだ。
 その点『叩き上げ』の人々は、いきなり得た立場ではないだけに威張るそぶりも見せず淡々とやれるケースが多い。必要以上の自己顕示はいらない、邪魔だ。

 若手俳優さんにかかわらず、最近私がお話したくなるタイプの人にはこの系統が増えている。
 しつこいようだが、『叩き上げ』は美しい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

なぜ、死にいそぐ?

 鬱の経歴をもつ友人がこう言っていた。
 「俺もシフトアップせなあかん」

 せなあかん?何が義務やと言うんやろうか?
 そういえば、集団自殺をした7人はそれぞれに慢性的な悩みを持っていたらしい。就職とか育児とか、あるいは恋愛関係とか…
 確かにいずれも義務か、必ず通る道には違いない。しかし、考え方一つではどうでもいいものであり、たとえ自分や周囲の状況が悪くても悲観的にならずに済むのではないか、と思ってしまう。

 先日ある国家資格の試験を受けた私は、「受からんでええわ」の心理状態で本番に臨んでいた。受験者の技能を認める"資格"でしかないから、今の仕事ができなくなるわけではないし、受かったとしても給料が上がることもない。転職の時の資格欄を飾る材料としては大きいが、要は自信を高める道具でしかない。『どうせ自己満足や』と思いつつ、気楽にやっていた。
 ある種の居直り。大学受験のときも、就職活動のときも、恋愛?のときも、私は似たような感覚でいたように思う。「浪人して早稲田慶應狙いや」と思って現役の入試に落ちるつもりでいたら、関西の某私学にひっかかり、マスコミを受験しまくって「落ちることで己がそれほどの変人やという証を得たい」と開き直ったら、結果として専攻どおりの企業に採用されたりとか。
 ひとつひとつの目標が絶対だと思えば苦しくなり、多少横道にそれてもまさに「自殺」したくなるのかもしれないが、『まあ、これはこれで別にいい意味がある』と捉えられたら、どんな逆境にも応じやすい。
 
 私の発想は一つの考え方として置いておくとして、鬱とか(逆に躁も)、自殺に走りやすい人の多くは、周囲の環境や物事を絶対的なものとして捉える傾向があるのではないだろうか。さらには、なぜ自分の境遇が変わらないのかと、変化を、それも他力本願で求めている人も多いだろう。他力本願でも良えんやけど、そうしたいなら、もし変わらなくとも『それはそれでしゃあないわ』と諦める大らかさを持ち合わせないと。

 となると、意図するしないに関わらず他人の他力本願に答えておくことも必要だ。運はめぐりめぐってやってくるもので、全ての物事は自然に好転も(もちろん悪転も)するものだから。
 その一割でもいや五分でも自分の手で変えられたら嬉しい、と思うぐらいがちょうど良いかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽天球団設立-オリックス・宮内氏の意図?

 プロ野球機構への新規加入申請を、ライブドアと楽天の両社が行っている。後から参入した楽天ではあったが、ライブドアと同じ仙台を本拠地として発表し、多くの著名財界人をアドバイザーに引き込んだことで話題をさらった。一部の報道では「楽天有利」「安定性で楽天」との評価が出始めている。→楽天による日本プロ野球組織への加盟申請発表
 ちょっと待てよ…これだとライブドアは体よく「露払い」に使われたような感がある。
 なぜわざわざ同じ仙台で?なぜこんなに著名財界人が味方に??

 謎を解くカギとして、一つの事実がある。
 今年8月27日、楽天はカードローン会社のあおぞらカードを買収したという。譲渡元はあおぞら銀行のほか、なんと、オリックス・クレジット、オリックスの計3社だいという。えっ、オリックス…?
 →楽天のニュースリリースあおぞらカードの新着情報

 推測でしかないが、オリックスの宮内義彦オーナー(本社会長)が、財界人のアドバイザー就任を根回ししたと考えてみる。ライブドアが仙台を本拠として申請する情報も、既存球団のオーナーとして情報を得られる宮内氏が楽天側に流したとすれば話の筋がつきやすい。
 今回の球界騒動は、その宮内氏が企図したものといわれている。すでに知名度の利益は得たからと球団の赤字経営から撤退したい宮内氏にとって、近鉄の経営不振(事実)を叩いてバファローズの吸収合併に持ち込めば、ブルーウェーブを単純に売るよりは悪人として見られずに済むという発想だ。そのうえ、ブルーウェーブ自体は弱小チームだから、讀賣のナベツネ氏を巻き込んでおけば世間の悪評はそちらに向いてしまい、宮内氏自体はさらに悪名を免れやすい。(その役回りが嫌になったから、ナベツネ氏は習慣化していたドラフト選手への裏金をばらしてまで、オーナーを辞任したとも捉えられる。)
 球団を減らす構想にしても宮内氏が発祥ではないだろうか?一球団あたりの利益を上げる狙いだけでなく、日本でのプロ選手枠を減らして、日本人人材の米メジャーへの流入をより促進する意味もあるだろう。事実、オリックスは、長谷川、イチロー、田口とメジャー転向(献上?)組を輩出しており、イチロー選手の時にポスティングシステムを初めて採用したほどの積極ぶりを示している。何よりオリックス自体が、40年前から米国の会計手法を取り入れるほどのれっきとしたアメリカ系企業なのだ。→オリックスの沿革
 アメリカ系企業といえば、楽天の三木谷浩史社長は、興銀を退職後ハーバード大を経由して楽天を設立し、宮内義彦氏はU.S.リーシング社で米国型リースを叩き込まれてから、オリエント・リ-ス(現オリックス)の設立に参画している。両者は、米国で教育されてから現在の会社を立ち上げたという点でも共通している。

 以上をふまえてみると、選手会やファンに押されて球団減は実現しなくとも、それならば自分の息が掛かった人材に新球団をやらせたいと思うのも有り得る話だ。その対象が、楽天の三木谷社長である可能性がある。
 週刊新潮では楽天もライブドアも共倒れ説を書いている。そうなれば宮内氏にとっては元の希望どおりで、楽天の参入はライブドア新球団という最悪の選択肢を避ける策ともみえる。
 また、どこかの週刊誌(確か週刊現代)では、三木谷氏が宮内氏に挨拶した所、彼の地元である神戸はオリックスの本拠地で重なるから、仙台に転向したとか…この線で行くと三木谷氏も苦しい立場。下手に宮内人脈があったおかげで、睨まれているというのか。

 以上の読みが少しでも当たっていれば、このことこそ本当の『ファン不在』かもね。野球チームが公共財って意識は全く無いんでしょうね。本人たちが私財と思い込んでいる企業群を、某国流で美化することには慣れてきたわけだから…(心情的には、堀江氏のほうを応援したくなる。)
 ふう・・・とにかく日本のことより海の向こうを考える人は全く疲れる。この話はまだ憶測の域を出ないが、せめて可能性のある内容だと頭の隅に置いてくだされば幸いだ。綺麗なものほど裏があるのだから。

 ただし、仮に一連の動きが宮内氏によるものだとしても、始めから球団本拠地の分散を狙ったものだとすれば、なかなか評価できる。結果を見てみないと解らない話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »