« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

人間みな五体不満足

 また、親しい友人から病気との報告があった。
 珍しいことではない。20歳を越えれば、他の知人友人そして私も何かの病気を囲っており、明らかに健康という人はまずいない。
 友人の症例は潜伏的なもので、聞いてもピンとこない病名であった。にしても、人格能力ともに優れ、私のような粗忽者が足元にも及ばない彼に病魔が襲うとは、なんとも運命のいたずら。いや「天は二物を与えず」の典型例というべきだろうか。

 そう思ってみると、われわれヒト族たるもの、足る面と足らざる面を合わせれば、しっかり差し引きゼロになることがわかってくる。明らかに肉体的に健康であっても精神が病んでいたり、心と体のいずれも健康であっても本気で頭が悪かったり、心と体と頭のすべてが良くても、親の借金のせいで恐ろしく貧乏であったりとか・・・
 まあ、そこを補いあうのがヒトという生物の長所だろう。

 ところが、最近は「競争社会」を煽る傾向が強まっている。
 資本主義の中心である投資家(株主)、その元手で事業を執り行う経営者たちにとっては、何が何でも自社の利益を第一に考えたい。となれば、その従業員をしっかり働かせるためにも、自社の商品(だけ)がよく買われるようにするためにも「競争社会」を煽らねばならない。「人よりもてたくないですか?」→「収入が欲しいですね=もっと働きなさい」or「そのための道具を買いなさい」
 さらに有効なのは、ライバルを追い落とす方法である。まさに競争社会の極致であろう。森田実氏が書かれた関連記事をご覧になれば幸いだ。

 お金の回りをよくする働きは良いのだが、無条件に「競争社会」を煽るのはおかしい。人間のすべてが五体満足であるならば、話はわかる。環境要因は別として、それはそれで「競争社会」をフェアにする条件がそろっているから。

 だが、現実として、人間のほぼすべてが五体不満足である。差し引きゼロといっても、それぞれに足らざる部分があることは間違いなく、生きていくため発展するためにはどうしても周囲を頼らざるを得ない。そこで、相互依存・共存共栄の発想が不可欠になる。

 一部のマスコミ各位や教育機関(に裏工作している国内外の方々も含めた)各位にお願いしたい。「共存」「連携」を「競争」「対抗」と並行して、バランスよく煽って欲しい。
 あなた方ご自身も五体不満足なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敬語とタメ口

 『その言葉遣い、他人行儀ですよぉ・・・』
 社内のコミュニケーションツールで、ある後輩女性からの一言だ。ちょうど武田鉄矢ふんする金八先生が「目上には敬語を使え」と説教していたのを見て思い出したのだが、逆にタメ口を後輩から願われるとは、珍しい経験をしたものだ。
 以来、なるべく地元方言(京都府南部だが、関東の各位には関西弁としか聞こえない)まじりの、ふだんの会話口調で文章を打つわけだが、さすがに社内では違和感を覚えることがある。会話上でも軽い用を頼むときなどはどうしても「お願いします」だし、仕事上ものを聞くときには「これはどうなってますか?」などと最低限の敬語を使っている。
 
 それでこの後輩。私に対しては敬語を使うようだが、本当はタメ口が楽らしい。『そこはお客様と直に接する部署だから、言葉遣いは常から気をつけろよ』と釘をさしても、うんとうなずいてそれっきり忘れている。いちおう「よく注意もされます」と本人も自覚はあるようだが、あまり深刻な様子はみられない。
 
 確かに、タメ口が潤滑油になる側面は多い。
 敬語使いが表現の限界になる事は結構あるから、人間関係が確立している相手なら充分に活用できる。特に心理状態や感性を示す時には有効だ。さすがに先輩相手になると数が限られるが、私も使うことがある。
 だが、あくまタメ口コミュニケーションは「敬語使い」の切り分けに慣れてからやるほうが無難だ。とっさの時に出てしまうから、まだ新人社員である彼女がそうするのは危うい。快活なうえに、よく気が回るだけに惜しい。

 といっているうちに、私も「とっさ」の間違いが出てしまった。
 木曜日の晩、9時前になって過半数の同僚が退社した後の話である。

 まず自分の部のみなさんに「お先に失礼します」といって、席を立つ。
 続いて、隣の部署を通過してエレベーターホールに出るわけだが・・・

私「お疲れさまです」

T課長「お疲れ様、バイバイ」

私「バイバイ・・・って、私が言うたらあきませんやん!」

 帰り際でノリツッコミをやる羽目になった。
 『バイバイ』は明らかにタメ口である、もと私の直属上長でもあったT課長に対して発する言葉ではない。
 というわけで、そばにいた女性の同僚2人に大ウケ。(やった!・・・主目的ではないが)

 そのうち一人は、私より少し年上の可愛いお姉さんである(といって置かないと睨まれる・笑)。彼女は取締役級でもタメ口を使う人なのだが、この一瞬で笑えたということはタメ口と敬語の使い分けを心得ている証拠だ。

 もう一人は、最初の後輩と同じ一年目の社員。
 なるほど。さらにしっかりした新人も、わが社は採用していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域重視or世界標準?一目でわかる一覧表。

米国編追加しました。いまさらって感じやけど…

下線はその傾向が強い企業団体。
あくまで私見ですから、解釈は読み手各位にお任せします。
もちろん属する人がすべて下記のような志向を持つとは限りません。
(今後、随時補筆のうえ、更新します。)


地域益重視
Regionalism
(Public First)
中間・国際協調
medium,
Cooperatism
世界標準遵守
Globarism
(Investor First)
野球 阪神、中日、広島
(2リーグ維持派)
西武、ダイエー
(穏健派)
巨人オリックス
(1リーグ強行派)
通信
情報
NTT KDDI、楽天 日本テレコム
ソフトバンク
電機 松下、三洋、SHARP 日立、東芝、Canon SONY、富士通
金融 みずほ、UFJ SMBC、りそな 三菱東京、新生
政界 自民:橋本派、堀内派
民主:菅系
自民:亀井派、山崎派
民主:岡田系、鳩山系
自民:森派、高村派
民主:小沢系
官庁 経産、農水、国交 環境、法務、厚労 財務、外務、金融庁
媒体 毎日、中日、TV朝日
講談社、小学館、角川
日経、NHK
TBS
讀賣、産経、共同通信
日テレ、フジTV
大学 京大、立命、東北、法政
名大、国学院、愛知大
東大、早大、上智、一橋
中大、青学、関大、明治
日大、龍大、北大、神戸
慶大ICU同大
阪大、関学、亜大、立教
成蹊、成城、京産、近大
車輌 トヨタ(製造)、マツダ ホンダ、日産 トヨタ(販売)
重機 川崎重、コマツ 富士重 三菱重、IHI
地域 近畿(神戸・北摂除く)
東北、北関東(東京圏除く)、中国、四国、沖縄
東海、東京圏旧市街
北陸信越、神戸・北摂周辺、南部九州
東京圏新市街
北海道、北部九州
流通 イオン ダイエー イトーヨーカドー
ドラ のび太、ジャイアン
ドラミ
しずか スネ夫、出来杉
米国 南部(Texasなど)
中部(山岳地帯)
中西部(Illinoisなど)
東北部(独立13州)
西部、五大湖周辺
米国政党 共和党ネオコン
民主党(国際派)
共和党保守本流
Libertarian
民主党(穏健派)
上記、大資本家一族の内部抗争により、先行き不透明。

改変履歴
2004.07.22 掲載開始。しばらくして、"ドラ"行を追加。
2004.07.26 "地域"分けを詳細化。"車輌"に「マツダ」を追加。
"ドラ"に「ドラミ」を追加。"電機"に「Canon」を追加。
"野球"に「広島」を追加、注釈の表現を変更。
"大学"に「法政、名大、国学院、愛知大、明治、日大、龍大、北大、神戸、立教、成蹊、成城、京産、近大」を追加。
2004.07.29 さらに"地域"分けを改訂。自民:高村派を追加。
2004.11.05 米国欄を追加。
当欄における世界標準≒米国を害しない標準=米国の地域益
2004.11.29 大学欄で赤字表記をしている学校は、The Goldman Sachs Global Leaders Program在日受付へのリンク)への在籍学生による応募が可能。
米国の最重要金融機関からお墨付きがもらえるのも、高偏差値の理由か?

中国など、米国とは別の諸外国の標準に従う集団も「地域益重視」とはみなせないため、当欄には記載しておりません。(例:某食品系球団、某野党、某大新聞、某旧師範系国立大学など)

 以下、補足。2004.08.15修正
 この表の見方がわかりにくい場合は、「世界標準遵守」の世界を米国に、遵守を追従(場合によっては服従)と読み替えてもいいかもしれません。世界標準とは、あくまで「その時代に最強の力を持つ者が決めた標準」のことであり、内容の良し悪しについて当稿では触れないつもりです。
 また、「地域益重視」は、自らが属する集団の利益を起点にして物事を考えると言う意味です。ですから、「地域」は日本やアジア、大きくは地球とか環境と置き換えられるでしょう。(ただし、世界標準を無視・骨抜きする目的が、公益であるか私益=欲であるかは問いません。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »