« 考えさせないCM | トップページ | 楽しむべし。 »

すばらしき悪役

 最近、あの高田総統がお気に入りだ。
 プロレス(「ファイティング・オペラ」と言うらしい)ハッスルで、悪方である高田モンスター軍を率いる総帥役で、リング上であびせる悪口罵言が痛烈で面白い。ハッスルのキャプテン・小川直也を「チキン」と罵り、川田利明なら「引きこもり」。それに観客までも徹底して敵に回す、開催地が名古屋なら「中途半端な…」と地域性をバカにする。当然観客からはブーイングの嵐だ。
 まさにショービジネス。すでに演劇を見せている域に達しており、プロレス界の吉本新喜劇といってよい。さらにすばらしいのは、現場を見たことがない私でも、活字やマスコミの報道だけでここまで面白いと思わせてしまう勢いだ。

 高田氏は高田道場を主宰してレスリングの後進を育てるほか、PRIDEの統括本部長としても有名である。レスラーというよりは極めて優秀な「興行師(プロモーター)」「製作者(プロデューサー)」だろう。

 対照的に、その腰引け具合が目立つのがプロ野球の興行師たちだ。

 こういった、スポーツエンタテイメントを面白くするのは、ハッスルの例を繰り返すまでもなく、敵味方をはっきりとさせ、対戦を盛り上げることだ。善玉と悪役が必要なのである。
 つい最近までの日本プロ野球界は、読売前オーナーのナベツネこと渡邉恒雄氏が悪役を一手に引き受けることで、アンチ巨人も巨人ファンもさらにプロ野球を楽しむことが出来た。阪神ファンの10人中15人はナベツネ嫌いで、ちょうど高田総統がブーイングを受けるように、渡邉前オーナーも関西や中京圏の各所で陰口を叩かれていた事だろう。

 この点、高田総統と並んで、渡邉前巨人オーナーも偉いといえる。
 ところが、ナベツネ氏はあっさり身を引いてしまった。

 推測に過ぎないが、自分が主導でもない球界騒動なのに悪役をやらされて頭にきたのかもしれない。じっさい。じっさい今回の再編でチームが強化されるのはオリックスぐらいで、あとの球団は遠征地の変更など、数々の手間を強いられる。その上、球界全体が「古い体質」との印象をうけかねない。

 これでは、もっと敵味方の区別をつけて、対戦を盛り上げたほうが良い。

 というわけで、肝心の悪役オーナーだが・・・後継者がいない。
 もっとも、得をした(しようとした)オリックスの宮内義彦オーナーが徹底して悪役をやればよかったのだが、そこまで強いチームになったわけでもないので難しい。ただ、マスコミに露出して叩かれ役をやっても良かったのではなかろうか。

 そうしているうちに、旧近鉄のエース・岩隈久志投手が初志貫徹し、いったん移籍させられたオリックスから楽天への移籍が認められた。マスコミは終始一貫オリックスを悪役にして、せっかくプロ野球を盛り上げようとしたのだが、肝心の宮内オーナーが露出しないのでは、面白みにかける。

 ナベツネさん、お願いです。
 あなたの後継者でもある、宮内氏にこう言ってやってください。

 「この引きこもりが!」

|

« 考えさせないCM | トップページ | 楽しむべし。 »

コメント

ナベツネは最後の侍です。

村上ファンドの背後には宮内義彦がおり、
さらにその奥にはアメリカがいる。
この事をマスコミはもっと報道すべきだと思われます。

投稿: 国賊デモキン | 2005/10/23 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/2372673

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしき悪役:

« 考えさせないCM | トップページ | 楽しむべし。 »