« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

「勝ち犬」にもなりたくない人々

 大手人材紹介・派遣会社のインテリジェンスが、転職支援サービスの広告として、このような記事を掲載している。

 「勝ち・負け」のキャリアから「自分なり」のキャリアへ

 従来ならキャリア志向で勝ち組をめざす人を対象にしていた転職エージェントが、ここ最近になって自分の分限をわきまえた発想にあわせて来ているようだ。20世紀末、職業人として出発した頃の私はすでに「自分なり」視点だったが、世の中もそういった空気になったのかと、不思議な新鮮さを感じてしまう。かっこよくいえば、『ようやく、オレに追いついたのか』と言いたい所だ。って自慢にはならないが(笑)。
 
 勝ち組発想の問題点といえば、自分(たち)だけが勝つ、自分(たち)の欲望だけを達成したいという思いが大きくなるほど、周囲(所属組織体や社会環境、自然)を省みない行動が比例して増える所である。
 たとえば、営業部門は自らの成果目標である「売上高の上昇」を目指してすばやい商品生産を要求すれば、工場部門は「品質やコスト」にこだわって生産ペースを抑えたり、逆に生産を増やして営業に販売を押し付けたりとか。
 非経営者層が個々のレベルでしか考えなければ、その利害の衝突で会社としての業績悪化が生じる。経営者層が一企業のレベルでしか勝敗を考えなければ、たとえば1社だけがお金を貯め込んでしまうと、社会をめぐりめぐるお金やサービスの量は減り、結果としてその1社に入ってくるお金も減ってくることになる。
 
 確かに「自分なり」の人々も、所属する組織や社会のなかで、ここ一番がんばりなさいという局面でサボってしまう恐れはある。だが、ずうっとがんばっている人が急におかしくなって倒れ、周りが混乱するよりは、普段から自分のできる範囲あるいは無駄に影響を及ぼしてはならない範囲を心得ている人が、時にかんばってくれるほうが、周囲に益があることが多いのではないだろうか。

 三十路を迎える私の周りでも、勝ち組を目指す人々の息切れがめだってきている。
 それでも息切れしていない人々を見ると、勝ち組というよりは「勝ち犬」ではないかと思うケースがある。善意のガンバリズムやけなげな向上心が、大組織や財力の歯車として利用されている状態だ。いきなり国家レベルになるが、T中大臣先生とか、米中両大国などにシッポを振ることで日本のエリートとして威張っていられる皆さんなど、まさに「勝ち犬」である。
 自集団の利益そっちのけで、大きな力の威を借りて自分だけが勝とうとする下等な人々、ではなく「犬」。政財官界を問わず、いろんな方がいらっしゃる。

 まあ、「勝ち組」のつもりが知らないうちに「勝ち犬」になった人々がほとんどだろう。最近だと、リーマン・ブラザーズ(村上ファンド?)とホリエモンの関係もそうかもしれない。だまされた結果、猫型ロボットではなく犬型人間になったとか。
 とは言うものの、犬にならねば生活が成り立たないケースが増えているのも事実だ。わざと「犬」になって今後をうかがっているしたたかな面々はまあ良いとしても、多くの人々が犬になって勝ち組に入るか、そうでない道をとるかの択一に迫られている。

 インテリジェンス社の広告は、「勝ち犬」になりたくない層が増えたことの表れかもしれない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は嵌められたホリエモン

 おなじみのホリエモンこと、ライブドア社長・堀江貴文氏。急に人気が出てきたのは、大阪近鉄バファローズの買収話からである。
 といっても、どうせオリックス・宮内オーナーあたりに「人気を稼ぐチャンスだ」とそそのかされたのだろう。はじめから1リーグ制と近鉄の有力選手横取りの一石二鳥を狙っていた宮内氏にとって、ホリエモンが救世主的な役割を演じる事で、自分への批判の目が向かないようにする狙いがあったと思われる。もしホリエモンの球団買収が他のオーナーに認められなければ、それでよし。認められなくても、自分の息がかかったオーナーが同リーグ内に存在することになり、事が進めやすくなったはずだ。
 米系投資グループの強引なM&A(企業買収)劇をほうふつとさせる宮内氏の発想。最終的には、これらの動きに反感を覚えた読売(ナベツネ氏ほか)などの旧勢力が、楽天・三木谷社長に名乗りをあげさせて2リーグ制に収拾した構図だ。三木谷氏はあおぞら銀行などを通じてオリックスとも提携関係があり、表には出て来ないくせにうるさい宮内氏を黙らせられるという見込みもあっただろう。ほぼ、この見方でよいかと私は思う。

 結果、ホリエモンはたいした資金も使うことなく、イメージアップに成功した。
 既存メディアの買収に着手したのは、それでつけ上がったからだろうか。

 良いか悪いかはさておき、資本主義は元手(=資本)を出した割合(=株)に応じて事業への影響権(=議決権)が決まる。ホリエモンはこの原則に従って、すでに22.5%のフジテレビ株をもつニッポン放送の株を大量取得(商法上の拒否権をもつ、総株の3分の1以上を既に保有)することによって、大手マスコミの間接支配を試みようとした。
 が、マスコミでもネット上でも指摘されているように(例:伊藤洋一氏のコラム)、ホリエモンは人間の感情とか信頼関係がわからない御仁らしい。
 たとえ制度上は適していても、支配される側の感情とか意気というものがある。私もある大企業の子会社に勤務しているが、創業以来の株主である親会社ですら大嫌いだ。それが、いきなり何の人間関係もなくやってきた人物に「今日からオレがボスだ」といわれても、従いたくないのが心情だろう。
 支配のターゲットとなったフジテレビの日枝会長はそのあたりをよく心得ているらしく、各種マスコミへの応対も極めて丁寧であり、もとの目標の子会社化(50%以上所有)はかなわなくともニッポン放送からの影響力を相殺できる、25%(22.5%以上ということ)以上のニッポン放送株確保はするように方針を転じた。周りからの悪印象は避けるような対応と、自社の社員たちが士気を損なわないようにする戦略である。我が親会社の前社長(現会長)もこうあってほしかった。

 それで気になるのはホリエモンの買収資金調達だが、すでにばらされている。(相手がマスコミ買収だけに、他の同業他社が奮闘したのだろう。)
 リーマン・ブラザーズなどという、資本主義の(特に悪いほうの?)権化のようなところに、一定数のライブドア株式に変換できる権利を担保にした社債(転換社債型新株予約権付社債)を売ったのだ。つまり、自社が乗っ取られる危険までおかして、ニッポン放送株取得の資金を手にした。そのうえホリエモンは信用を固めるためか、個人所有のライブドア持ち株までリーマンに貸し付けていて、高値になったところで売られたというから、リーマンの儲け放題である。リーマンが借りた株は、後で社債の権利で変換した株で返せばよい。仮に社債引き受け金払込み日の24日以降に新株に変換したとしてもどうせ安値になるから、借り株をさっさと売って今のうちに利ざやをとってしまえとの、実にあざとい発想だ。
(後でわかったが、この社債は時価の10%引きで新株に変換できるらしい。どうみてもリーマンに損はなく、得する一方である。参考→産経新聞2月20日付け記事
 
 早い話がホリエモンはリーマン・ブラザーズに嵌められたと見える。
 
 リーマンにとっては、買収がうまく行ってライブドアがフジテレビの影響権を把握したとしても、担保としてついている株式引換え権を行使してライブドアを支配してしまえば、ニッポン放送・フジテレビともども自分たちの影響下に入れることができる。
 逆に買収劇が失敗したとしても、先述の通り、高値のうちに(ホリエモンに先借りした)ライブドア株の空売りに成功しているから、しっかりリターンは得ているわけだ。

 まあ、こんなわけでリーマンには損はない。仮にリーマンが新株を取得すれば総株数が増えるわけで、1株1株がもつライブドア社への影響力は減り、さらに株価は下がる。ということは、逆にフジテレビが安値でライブドア株を買う可能性があるわけで、狙った獲物から返り討ちされる危険もある。
 
 では、ホリエモンの目指したものは何だったのだろうか。
 もしこの危険を事前に察していたのなら、賭けに出て、本気でインターネットと既存メディアの融合を考えていたのかもしれない。察していなければ、ただの欲ボケ・アホやという結論だ。

 同世代を代表する市場経済の申し子。その去就を見守りたい。いまとなっては、かわいそうになってきた・・・アホである。
 あぶく銭はあぶく銭だ。商品を生産したり、あるいはサービスを売って積み重ねた財産ではなく、借金に借金をかさねた金融上のやりくりで作った実態の伴わない資金である。いってみれば仮想経済のなかでの金持ちでしかないホリエモンがその自覚なく、50年の歴史があるテレビ局・ラジオ局を手に入れようとしても、分がつりあわない。

 そういった連中が世の中をかきまわしては消えていく。まあ、しっかりと地球環境を破壊しながら巣食うている大金持ち(石油屋など)に比べればよっぽど可愛いものだが・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ばれんたいん・でぃ?

 いま以上にもてなかった、昔のことを思い出した。
 毎年10個以上のチョコをもらう自転車屋の次男坊がいて、中学時代に友人同士で東京へ旅行した。ところが、折角の道中はトイレとの往復ばかりが目立ち、そうとう胃腸の弱い男だったらしい。「天は二物を与えず」などと、中学生に似つかわしくない単語を思い浮かべてみたりした。

 色々あるうちに、この私も職業人のひとりとなった。

 入社1年目のバレンタインデーは、同じく新人の同期2人が部を代表して、部の男性全員に義理チョコレートを渡す手配がなされた。
 となると、ホワイトデーは私が取りまとめる番だ。うるさい先輩からも平等に金を集め、なんとか20名弱の女性部員分の菓子(何かは忘れた)を取り揃えた。
 問題はここからである。
 当時配属されていた部署はフロアが分かれていた。自分のいるフロアではスムーズに事が運んだのだが、いざ階段を下りて別のグループのもとを訪れてみると、部員が総立ちになっている。それでも在席には違いないから、配ることにした。

 「なんでこんな時に来るのよ!!!」

 できる限りのブサイクな顔をして、その女先輩は私を睨みつけてきた。
 『え-、えーっ?何でやねん。なんやこのババア、●●いたろか!』と心の底から湧きあがる不快感を押し殺しながら、チョコを置いてその場を後にした。どうやら、ネットワークトラブルかなにかで仕事が止まったらしい。

 「近藤も大変だなあ」と、その様子を見ていた課長がつぶやいた。
 せやったら、フォローしてくれよ・・・


 というわけで、全くもってくだらない習慣だと思うようになったのはこの頃からだ。
 月曜日は、本当に休みたくなってきた(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒に反省・・・

 久しぶりに日記調。
 自分で醸造酒、特にビールには弱いとわかっていながらやってしまった。

 昨夜は品川で飲んでいたが、止せばよいのに最初の注文は生中(ビール=醸造酒)で周囲とあわせてしまった。その後、焼酎(蒸留酒)をロックで頼むも、となりが日本酒(醸造酒)を取り寄せたので、思わず横から拝借。さらにサワー系(醸造?蒸留)ともチャンポンを続けているうちに、もとのビールがボディブローとなり、だんだんと眠たくそして顔色は紅潮してしまった。
 やがて、トイレとの往復が続くと、逆に顔色が蒼白に・・・。

 結果、二次会の途中で退散。しっかり記憶はあるし、明智光秀とブルータスの話題にはついていきたかったのだが、無念。最近は頭脳労働が続いたせいか、肉体はさほどでなくても頭が疲れていたのかもしれない。

 30を前にして(数え年は31か)、つとめて節制せよと天からのお達しか。
 ご心配くださった(ご不快にさせてしまった)各位には、重ねてお詫び申し上げたい。_(._.)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »