« ホリエモンが教えてくれたこと | トップページ | 女の妖気・・・ »

6割男

 そう、オレは6割程度のパワーで働くことを目標にしている。いざという時に出すための余力や、なによりも事の全体像を掴んだり周辺知識までをもつけるためには考える時間も必要だ。「バカな考え休むに似たり」ともいうが、だったらはじめから休んでやれ。と思う。
 
 近いセクションの部長さんに「(部下である)○○課長は全力投球型、部長は8割余力型でしょうか」と聞いたことがあり、その際に「いや、俺は6割ぐらいで良えと思うてる」と答えられたのが、「6割男」を目指す根拠である。
 仕事が結構うまく回っているのに部長自身の力が抜けていたのが気になっていたら、打ち合わせになれば極めて当を得た意見が出てくる。あ、なるほど「観ているんだ」と納得した。

 まだ、そこまで上に立つ立場ではないから、同じ視点は適用されないが、余裕を持たない人間ほど空回りしやすく、洞察力や観察力に欠けてしまうケースは往々にしてある。周囲と自分の位置を見失わないためにも、オレは6割男でいくつもりだ。

 残業徹夜残業、屍累々にして過労死多発うつ病はマシな方…何が生産的だろうか。

 妻の“執念”で新証言、「夫は過労死」逆転裁決得る(読売新聞)

 享年50歳の営業部長さんという。部下に仕事を押し付けず、みずから処理できる案件は全て背負い、会合その他にも皆勤といったところだろうか。

 だいたい、さまざま職位があるのは、責任や作業負担を分散させる意味があるから、この営業部長さんの場合「部下へのマネジメントが足りない」と言われるタイプなのかもしれない。だが、部下に下ろきれない仕事量が降ってきていたとすれば、話が別だ。
 営業部長さんは10割(以上)受けてしまったのだろう。上司からもお客様からも。

 10割を引き受けて己が疲れ、やがて死んで0割では意味がない。
 6割、といわず、やはりほどほどが良い。

 過ぎたるはなお及ばざるが如し。

|

« ホリエモンが教えてくれたこと | トップページ | 女の妖気・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6割男:

« ホリエモンが教えてくれたこと | トップページ | 女の妖気・・・ »