« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

便利と安心のバランス

 もう少し、列車脱線事故に絡めた話を続ける。
 前回の記事への反応を受けて、気づいたことが多いからだ。

 発生から2日たち、地元・神戸新聞の記事を注目してみる。

 深刻なモラル低下 JR中枢 現場に責任転嫁も

 上層部が下部に責任を押し付ける行為は今に始まったことではなく、どの組織にも存在する。運転士が感じた懲罰への恐怖は想像に易い。

 で、記事で批判されている世間知らずのエリート中枢も、ある意味では被害者だ。
 彼らは責任の取り方とか、物事の判断基準を自ら持つとか、そういった自立した思考を鍛える教育を受けていないはずだ。お読みの各位は日本の学校機関で教育を受けているからもうお分かりかと思うが、「想像」「多面的理解」などがしっかりしても、高校や大学の受験合格には関係ない。ましてや中央官庁や大企業のエリートになるためには有害扱いされることもあろう。

 被害の「想像」、管理制度の負の側面を「多面的に理解」していれば、運転士の極端な焦り=速度超過を防ぐ仕組みが作れたはずだ。
 『多少でも安全に問題があるときには、線区全体を運休にしてもよい』ぐらいの定款をわかりやすく公表するだけでも違う。ある運転手が慎重で冷静な判断をとり電車が遅れたり止まったりしても、公表されていることによって社会的には納得してもらえるだろう。その上司が数字だけを追う痴れ者だったとしても。

 私の勤め先の関係もあって、「早さ・便利」よりも「安全・安心」を求める傾向を感ずるようになってきた。

 ここ最近の数字を求める社会に人が疲れたのだろうか、あるいは複雑な制度やシステムの絡み合いによる被害の不安が増したのだろうか、「安全・安心」傾向は日に日に強まっている。
 もちろん、「早さ・便利」も必要な要素で、人類の発展には欠かせない。ただし、発展には「安全・安心」を後回しにして挑戦する段階が必要であり、バランスを間違えば損害や破壊が待っている。

 この『バランス』をとるのが経営者とか為政者、投資家(資本家)の社会的責任・使命であり、彼らが一方の欲を強めれば被害が生じるのは明白だ。

 そういえば、責任が下部に押し付けられやすい仕組みは、資本主義も共産主義も変わらない。違いといえば、個人の欲を認めないか否か、富と知恵の集中が一部(寡占)なのか、すべて(独占)なのか。それぐらいだろう。
 共産主義は富が一部に集中しやすい資本主義の欠点に対抗するために発生したが、共有財産を専権して管理する人間(例えば、東側諸国の為政者)が私意を持てば、よりおかしくなることが実証された。民間にも富や知恵、権力が分散し得る資本主義のほうが、確かにマシなのだ。決して最善の策とはいえないが。

 前の記事でも話したが、聖書を信じる人々が「神が罰しないこと」と解釈できることは、何でもありと作った制度なのかもしれない。そういう連中が、この制度で言う最高位「投資家」とか「為政者」の地位にいるとすれば、『責任は庶民に押し付けてしまえ』と考えることは容易に想像できる。
 便利と安心のバランスをとる責任から逃げている輩が多すぎる。

 なんにしろ、極端は疲れる。
 疲れ果てた結果が脱線事故であり、さらに多くの疲労が生ずる序曲なのだろうか。

 テレビ画面から、遺族になってしまった初老の男性の一言が。

 「誰を責めてもしゃあない、社会の緩みがこうさせたんや。私もその一人かもしれん・・・・」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

列車脱線と目標管理制度

 尼崎市内での列車脱線事故、ついに来たかという心境だ。そもそも安全や安心を重視する分野に、数字(ここでは時間)の目標を追求させる発想が数多くの人を死に追いやったのか。

 読売新聞4月26日付 15秒単位の時刻設定、日常的な「回復運転」

 ふざけるな。いくら高見運転士の技量が悪かったとしても、秒単位のダイヤと会社(株主)側の圧力が彼を焦らせ、速度を上げさせていた事はほぼ間違いない。
 それにこの列車は、JR宝塚線から地下の東西線を経由して学研都市線に入る、兵庫・大阪・京都の関西主要3府県をまたぐ運行である。関西圏全体への影響もさらに彼を焦らせ、弱冠23歳の若者が追い詰められたとしてもおかしくない。

 悔しい。
 いつの間に、日本人は数字を追う制度にとらわれたのか。

 数字を追わせる発想は、あきらかに純粋資本主義の産物だ。
 株主つまり元手(資本)を出した奴が一番偉いわけだから、立ち上げられた会社の事業を執行する従業員は株主への配当もしくはその株価が上がるように務めなければならない。事業状況を株主・資本家たちが知りたいのは当然で、わかりやすくしたのが財務諸表など数字の表現方法である。
 モノの動きを示すのであれば極めて使い良い。が、人の働き全てまでをも、数字や定められた記号に置き換えようとするのが(数値)目標管理の発想だ。

 アメリカの油屋か武器屋か、あるいはヨーロッパの金売りか金貸しかは知らないが、その発想で地球を取り巻き、様々な物事を破壊しては儲けを保つのは悪魔以外の何者でもない。あなた達が信じている、旧約や新約の聖書では「神に罰せられない」ことかもしれないが、いい加減にしてくれ。
 
 もういいから、消えてくれ。
 人が消えるのではなく、そういった発想が消えてくれることを切に願う。
 会社でもそういう動きを和らげるよう務めているつもりだが、俺だけでは追いつかない・・・

 重ねて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷者の回復および一日も早い原因の究明を願う。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

モテない男になりたい

 モテる男ほど不幸。
 こう言ってしまえば、私がモテない男の代表のように思われてしまうが、大真面目の話だ。

 モテる男は女を安心させられない。当たり前だが、モテ男と付き合っているあるいは結婚している女性は、自分の元を連れ合いが離れるかどうかが常に気がかりになり、情が薄くならないように励まねばならない。やはり緊張の連続は疲れるから、芸能人やプレイボーイほど離婚の回数が多いのは良くわかる。

 木村拓哉に人気があるのも、「安心したい」女性の気持ちが後押ししている。
 彼自身は自分の顔に自信を持たないうえ、三枚目に近い言動をとる。明石家さんまと極めて仲が良いことでも現れるように、「自分を笑ってくれ」との態度がとれる謙虚な男だ。

 また、職場のことかプライベートのことかは忘れたが、デブでブサイクな男だけを彼氏にする女性がいるらしい。彼女をみると上戸彩系の魅力ある容貌の持ち主であり、あきらかにモテ女の部類だ。が、この話を教えてくれた別の後輩いわく、「男前だと安心できないからよ」と説明してくれた。

 やはりそうなのか。特に女性にとって、安心できるというのは重大な要素らしい。 

 私は別として、若い頃の父がモテる?人であった。
 母の話によると、結婚を前にした父は引き出し一杯のラブレターを公開してみせたという。
 『隠し事はありません』というのか、『結局はこれらの女をモノにできなかった、甲斐性のない男です』といったところか。

 結果、我が両親は30年以上を経た今も円満であり、時折の喧嘩はあるものの、小旅行に出かけたりなど再び訪れたハネムーンを楽しんでいる節がある。 

 だから俺は、良い意味で「モテない男」になりたい。
 野球友達が孫持ちばかりという父を思い出しては、そう考える歳になった。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

月面着陸否定説と大金持ち

 最近、米国NASAによるアポロ11号の月面着陸はウソだった説が報じられている。
 
 日本国内では、まず副島隆彦氏がこの件について取り上げた。
 人類の月面着陸は無かったろう論
 
 なにをアホなことを!と思われるかもしれないが、かつて日本でも、先の大戦の最中では勝利への道を信じ込まされてきたわけだし、ある一定の勢力が大多数の人々に虚構を信じ込ませることなどわけないことだ。第一、有人月面着陸から30年も経った(とされている)のに、いまだ一般人の月旅行が実現していないことが不思議ではないか。

 マユツバくさいが、あり得る話としてあれこれ考えるのは面白い。
 さらにもう一件の見解を紹介してみる。

 メルマガ版の記事なのですべては載せられないが、作家の佐々木敏氏(S)がTBSから旧ソ連の宇宙船に派遣された経験をもつ、秋山豊寛氏(A)に取材した内容の一節を抜粋する。

A「でも、広大な国土のどこに『落ちる』かわからないから銃を持って行く、銃の使い方も訓練する、と聞いておかしいと思い始めた。『カプセルは地上のクルーに何日も発見されない場合がある。その場合、狼や熊が襲って来ることがあるから、それを追い払う銃が要る』というのだが、なんかおかしい」
S「なぜ」
A「月に宇宙船を着陸させるほどの技術を持つ国が、なんで地球上で予定どおりの地点にカプセルを着陸させられないんだ? 『広大な国土のどこかに着陸』というと一見、機密保持に気を配っているようだが、要するに、上から乱暴に『投げ落とす』ってことだろ? その程度の技術しかないのかってことになる」
S「それは地上での話ですよね」
A「もちろんそうだが、地上でできないことは月面上でもできない」
S「そうとは限らないでしょう」
A「いや、待ってくれ。重要なのは、SF映画に出て来るような上品な着陸方法は、ロシアでも米国でも絶対にできないってことなんだ」

(中略)

A「ロシア(ソ連)のルナ2号は無人宇宙船だったから、軟着陸に失敗して月面に激突してもどうってことなかった」
S「激突したんですか」
A「もちろんだ。ロシア人の宇宙飛行士はみんな苦笑しながら認めたよ」
S「じゃあ、失敗なんですか」
A「無人だから軟着陸できなくても人は死なないし、とにかくロシアが先に宇宙船を月に到達させたという実績は残る。だから失敗じゃない。でも、米国の場合は有人飛行だから、失敗して激突すれば宇宙飛行士が死んで、米国の威信は地に落ちる……というか、月に落ちる(笑)。そんな危険なことを、事前に予行演習もせずにやれるかね?」
S「しかも世界中で生中継してますからね」
A「そうだよ。地球上でも月面上でも一度も成功していないアポロの『お尻噴射型』垂直着陸を、人を乗せて、ぶっつけ本番で国家の威信を賭けて、全世界に生中継しながらやったんだ。もし失敗して宇宙飛行士が死んだら、全世界に『死んだ』というニュースが流れる。イチかバチかの大ばくちだ。会社の経営なら(当時のNASA幹部は)背任罪じゃないの?」
S「なるほど。そう考えるとありえないですね」
A「ありえないよ、絶対に、国家の威信を賭ける場面では」

(中略)

S「でも、なんでソ連はいままで黙ってたんですか。アポロ11号の『成功』直後に『できっこない』って言えば……」
A「そんなこと言って、だれが信じる?」
S「信じるでしょ、みんな?」
A「ロシアの言うことなんて西側のマスコミは信じないよ、とくに当時はソ連だったから」
S「でも、米国の言ってることを『科学的に不可能』って証明することはできますよね」
A「一般大衆は専門知識がない」
S「西側の科学者にはあります」
A「当時のソ連には言論の自由も学問の自由もなかった。国営放送は大凶作でも『豊作』って報道するし、学者も……たとえばルイセンコなんていうヘンな学者が独裁者スターリンを後ろ盾にしてデタラメな遺伝学を唱えたりしてた。ソ連は国内的にも対外的にもウソをつき続けてたんだ、『社会主義体制のもとで、人民はみんな幸せ』ってね」
S「いまの北朝鮮みたいに?」
A「そのとおり。だからソ連は(ルナ2号の)『激突』を『着陸』と発表することぐらい、どうってことないと思ってた。西側の記者が『現地取材』して確認する心配もないし(笑)」
S「なるほど。いつも大ウソつきのソ連が『米国の月面着陸はウソ』と言えるはずがない、と思ったから米国は堂々とウソをついたんですね」
A「そうなんだ。それに、ソ連が米国のウソをばらすと、ソ連のルナ2号も実は『激突』だったとバレるしね」

(中略)

S「なんで欧州諸国は黙ってるんですか、米国のウソについて?」
A「黙ってることが利益になると思えば、黙るよな」
S「利益?」
A「たとえば今年(05年)、土星の衛星タイタンの探査はNASAとESAが共同でやったが(Hotwired日本版05年3月3日「太陽系探査が目指すもの」)、米国が欧州独自の宇宙開発を邪魔するような、横柄な態度をとれば、ESAはいつでもばらすだろう、どうせ公然の秘密なんだから。でも、いまのところ『ばらされたくなかったら、協力しろ』って言って米国を脅したほうがトクだと思ってるから、黙ってるんだろうね、きっと

 宇宙開発が誰の需要によって動いているかといえば、純粋に資本主義の精神で行動する人々つまりお金持ちの皆様でないだろうか。いつかは地球を脱出したいのだ。

 資本主義は「元手を出したやつが一番偉くて、その分だけ利潤や権限を得られる(株式などの証券)」の精神に基づいている。
 その中枢である投資家たちの生活は、あくまで投資額の大小(借金や悪事による資金調達でも)で決まる。どんな事業でも資金で支配できるからだ。このため、第一次産業・農業などの生産事業には直接かかわることはなく、自然との循環に身をおくことは一切ない。たとえ農漁業に手を出したとしても、遺伝子組み換えや農薬をつかった破壊型大量生産に行き着くのがオチである。

 投資家ではなく、石油や貴金属の生産に基盤をおく大資本家もいるが、石油にしても金属にしても地球資源を消費する一方であることには変わりない。その大資本家たちも稼いだ資金を数々の事業(政治機関を含む)の支配にまわしており、先述の投資家と発想に対した差はない。

 あくまで、彼らは地球の消費者でしかない。

 では、彼らほど頭のいい人種が、なぜ地球の自然資源の消費しか考えず、子孫たち(自分たちのだけでも)を生かす方策としての環境との調和を目指さないのか。

 むちゃくちゃな話だが、彼らが地球を一時の住まいととらえており、単純に消費の対象としてみているとすればどうだろう。話が通じやすい。

 われわれ一般庶民なら恐ろしいと思うような発想でも、プロテスタントの一派だかユダヤ教だか知らないけれど、教義のなかで伝えられているとすれば話は別だ。「お前たちだけは救われる。メシヤ?があらわれて別の星にいざなわれる」とか解釈できる一文が旧約か新約かの聖書に書かれていたりとか。

 とすれば、地球を脱出する方法が研究されて自然である。
 まず、純粋な資本主義者たちが多いアメリカが宇宙開発に必死になるのも当然だ。逆に純粋な共産主義者が多かったソビエト→ロシアは、その対抗策として宇宙開発を進めていたともとれる。
 宇宙開発がしっかりしていない地域に金持ちは集まってこない。人工国家である米国の威信の問題以前のことだ。地球を消費するしか方策のない方々にとって、ほかの天体への脱出は死活問題?なのだろう。

 まあ、あなた方(全てではないけれど)が出て行ってくれて、喜ぶ地球人は数多くいるとは思うのですが・・・。

 この記事、4月1日に書いてもよかったかな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女の妖気・・・

 ある日の京浜東北線、時間は夜9時過ぎ。ある男女連れが私の前に座った。
 その女性のいやらしい(エロい)こと。思わずゾクッと来たが、同時にある種の怖さを感じた。まてよ、これはあの時と同じ・・・

 以前、ある知人の大学での後輩として紹介された女性を思い出した。ビジュアル系ボーカルにいそうな美人で、英語が堪能でUNIX系の開発にも長ける才媛である。
 しかし、一目見た瞬間に怖さというのか、人を不幸に呼び込む何かがかもし出されていた。自分から挨拶することはまずなく、徹底して人(特に男)を下に見ているくせに、注目はされたいという態度。

 これを「女の妖気」とでも呼ぼうか。

 あとで聞いたところ、彼女は何度かの不倫経験があり、裁判沙汰になったこともあるそうだ。会った後も何がしかの騒ぎを起こしているらしい。既婚の年上の男たちと・・・・

 と、ボーカル系顔の彼女のことを思い出していた。
 夜の京浜東北線。そういえば二人はホテルが数多くある某駅からの乗車である。電車が東京に着くと二人は降り、手も繋がずに階段に消えていく。

 ああ、さまざまな関係を勝手に想像しつつ、男女の姿を見送る。
 妖気?はまたも私の前から遠ざかっていった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »