« モテない男になりたい | トップページ | 便利と安心のバランス »

列車脱線と目標管理制度

 尼崎市内での列車脱線事故、ついに来たかという心境だ。そもそも安全や安心を重視する分野に、数字(ここでは時間)の目標を追求させる発想が数多くの人を死に追いやったのか。

 読売新聞4月26日付 15秒単位の時刻設定、日常的な「回復運転」

 ふざけるな。いくら高見運転士の技量が悪かったとしても、秒単位のダイヤと会社(株主)側の圧力が彼を焦らせ、速度を上げさせていた事はほぼ間違いない。
 それにこの列車は、JR宝塚線から地下の東西線を経由して学研都市線に入る、兵庫・大阪・京都の関西主要3府県をまたぐ運行である。関西圏全体への影響もさらに彼を焦らせ、弱冠23歳の若者が追い詰められたとしてもおかしくない。

 悔しい。
 いつの間に、日本人は数字を追う制度にとらわれたのか。

 数字を追わせる発想は、あきらかに純粋資本主義の産物だ。
 株主つまり元手(資本)を出した奴が一番偉いわけだから、立ち上げられた会社の事業を執行する従業員は株主への配当もしくはその株価が上がるように務めなければならない。事業状況を株主・資本家たちが知りたいのは当然で、わかりやすくしたのが財務諸表など数字の表現方法である。
 モノの動きを示すのであれば極めて使い良い。が、人の働き全てまでをも、数字や定められた記号に置き換えようとするのが(数値)目標管理の発想だ。

 アメリカの油屋か武器屋か、あるいはヨーロッパの金売りか金貸しかは知らないが、その発想で地球を取り巻き、様々な物事を破壊しては儲けを保つのは悪魔以外の何者でもない。あなた達が信じている、旧約や新約の聖書では「神に罰せられない」ことかもしれないが、いい加減にしてくれ。
 
 もういいから、消えてくれ。
 人が消えるのではなく、そういった発想が消えてくれることを切に願う。
 会社でもそういう動きを和らげるよう務めているつもりだが、俺だけでは追いつかない・・・

 重ねて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷者の回復および一日も早い原因の究明を願う。

|

« モテない男になりたい | トップページ | 便利と安心のバランス »

コメント

  そうかなぁ?“ノルマ”って言葉は共産主義用語ではなかったのかい。

投稿: 罵愚 | 2005/04/26 11:24

ろくさんあんたの文章は面白いなぁ

これってGREEなの_?

投稿: ちから | 2005/04/26 16:05

電車は遅れるのが当然って国もあるらしいね。

そんな国はやだなあと思っていたけど
そんな国だったらこんな事故は起きなかっただろうね。

う~ん、なんとも言えないっす。。。

投稿: もつ | 2005/04/26 21:49

>罵愚さん
期待していた突込みで、全くその通りです。
ありがとうございます。

結局、共産主義も資本主義も究極のところ、
人間に数値目標を強いるのは変わらんのです。
だからわざわざ「純粋」資本主義と書いたわけして。

「純粋」共産主義が早く崩壊したのは、
人間の基礎的な欲望までをも統制したからではないかと。
その点では「純粋」資本主義が多少はマシなのかもしれません。

いまの欧州や70~80年代の日本は、
その中間である「混合主義経済」ともいわれる運営手法をとっています。
何事もバランスが肝心です。

投稿: こんだぃ(筆者) | 2005/04/26 21:50

やはり儲け主義より安全を考えてほしかったと。。。乗客は安全だと思っていますから
こんな事故など2度とあってほしくない!!!

投稿: rinapi | 2005/04/26 22:21

>rinapiさん
儲け主義というのも使い分けなんですね。
営業部門などお金に換算しやすいセクションは、
数値で管理したほうがいいんです。

とはいえ、鉄道会社のように安全が最優先されるところでは、
緊急時の判断にまで「数字」が頭に浮かぶような制度は避けるべきでしょう。

ここでは加熱した資本主義発想を取り上げましたが、
罵愚さんのご指摘のように、
共産主義発想でも、このような惨事を招く恐れがあります。
共産主義では富や知識が共有(力の下に強制集約)され、
国家的計画の中で柔軟な考え方が抑制されます。
ということは、緊急時に考えるべき事の優先順位が
おかしくなる(安全<計画目標??)可能性は高いかと…。

投稿: こんだぃ | 2005/04/26 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/3862833

この記事へのトラックバック一覧です: 列車脱線と目標管理制度:

» JR宝塚線脱線事故:JR西日本垣内剛社長 [クラシック映画館 兼 ミステリ小劇場]
◎彼の就任後の発言がここにあった。 http://www.chugoku-np. [続きを読む]

受信: 2005/04/26 10:21

» ただいま読書中 [電網山賊]
 フォイエルバッハ『キリスト教の本質』(岩波文庫、ISBN:4003363310)。  唯物論的キリスト教批判。神学が語る「神」とは、結局のところ人間自身の自己了解が外部の存在(神)に移しかえられたものに他ならないとする主張が核となっている。「人間が神の似姿なのではなく、神が人間の似姿なのだ」とでも要約できるだろうか。今日の日本で読めばさほど目新しい主張ではないようにも思うが、この本を単純な宗教批判ではなく、むしろ宗教の生成条件に関する理論として読むと、実は今日でも色あせない意義を持っているよう... [続きを読む]

受信: 2005/04/26 22:36

» まるで「いじめ」だ>日勤教育 [una noche azul]
Excite エキサイト : 社会ニュース尼崎脱線事故の前に運転士が受けていた13日間の日勤教育 中日新聞・関連記事  TVニュースでも言われている「日勤教育」。これは、電車を時間通りに運行しなかったり、赤信号を無視したり、オーバーランなどを起こしてしまったりした運転士に対して行われる。いわば再教育である。  ミスは誰でも犯すもの。電車の運転士だって人の子だ。たまにはミスもあるだろう。それを反省させて、ミスが再び発生しないように、という意図で行われているのがこの「日勤教育」のはず・... [続きを読む]

受信: 2005/04/29 09:21

« モテない男になりたい | トップページ | 便利と安心のバランス »