« 四国にプロ野球チームを | トップページ | 好きな事でメシが食えるか? »

Is your life beautiful ?

 「最近、腹が痛むことばかりで…」
 中途で入社した後輩は、課長に調整の大部分を任せていることなど、どうも自分が思ったよりも働けていない思いがあるという。私的もいろいろと悩みがあるらしい。

 「"Life is Beautiful"って言いますよね、あり得ることなんでしょうか?」
 「映画の題名と違うて、"(我が)人生は素晴らしき”と肯定する態度のことやねえ・・・」
 「はい。前の会社の先輩には『そんなものなんてない』って言われましたよ」

 俺にしてみれば、いきなり何を言い出すんだと。
 と思ったが、彼のもう一つの懸念というか、ウザイ存在である、別の後輩の存在を思い出した。

 別の後輩Bは新卒で入社しているため、中途の後輩とは同年齢であっても当社では先輩にあたる。この関係に加えて、中枢ともいえるシステムを早々と任されていたことから、ずいぶんと増長した態度が見られるようになってきた。
 何かにつけて、正論や自分の理想を吐いては、中途の後輩を困らせているという。私にも似た言動をとることもあるが、明らかに先輩の立場であるため、俺は時折叱ることもできる。が、中途の後輩にすれば、おとなしく聞いてやるしかない。
 「代替案とかを打ち出すならいいんですけどね。これでは場を荒らされるだけで」
 中途の後輩の嘆きをさらに深めている存在だ。

 Bこそ、「My life is beautiful!」と言いきれる性格をしているのではないか。
 自分の理想や希望を良しとして、他人に押し付けられる。こういう人種こそ「Life is Beautiful」の象徴だろう。
 会話に戻る。

 「そう思えるかどうかは、君とあのBの違いやで。大体、その人生が良えもんかどうかって、各人の価値観で決まるやんか。Beautifulとなると、確信もって決め付けられんとアカン。例えば・・・キリスト教にせよ、イスラム教にせよ、ユダヤ教にせよ、神様の言うてる事が絶対に正しいと思える人々は、神様の言うてることに近ければBeautifulやろう。」
 「ああ、なるほど」
 「でも、俺らは多神教の日本人やから、絶対というより、周りの影響を様々に受けつつ自分で価値観を持たなあかへんのや。」
 「それとBが何の関係が?」
 「あいつは、自分の理想を押し付けることができる。さっきの一神教徒のように、絶対の価値観があると思えてしまう性格やろうね。君に正論を吐いてる時は"My plan is beautiful"ゆうて、頭ん中で自画自賛してるところやで。周囲の現実とか人の動きなんか考えずにな。」

 欧米人は聖書などを通じて「素晴らしき人生」の典型を叩き込まれている。対して、一つの神にこだわらぬ日本人の多くは若い頃のしつけや教育、マスコミの情報からその典型を見出そうとする。
 敗戦後、マスコミ自体が米国を中心とした他国の影響を受けた結果、日本の自然風土に合わない「素晴らしき人生」の典型が広められたとすれば、『私の人生はおかしい』と思い込んで自殺者が増えたというロジックもウソではない気がしてきた。

 他の影響をうけずに人生の価値観を持つためには、自分の成功体験を織り交ぜるのが近道だ。
 後輩Bに当てはめると、4、5年前の Linuxブームに乗っかるようにして入社してきた所、趣味で身に付けた技能が会社でも役立ったため、「俺(こそ)がわが社を支えている。俺が動かねばならない。」と、自分のやり方や存在を絶対化してしまったようだ。半ば信仰の領域だろう。
 いうまでもなく邪魔なタイプである。30歳を前にして、My beautifulが、Public beautifulと一致するとは限らないことに気づかないのでは、将来が危ぶまれる。まさに場を荒らす一方だ。

 「だから、Beautifulなんて追いかけんで良えんと違うか?」
 と締めくくると、

 「あの程度の問いかけで、ここまで話が膨らむ近藤さんはすごいですね…」
 変人を見る眼で尊敬?されてしまった。

 あなたの人生は素晴らしいですか?

|

« 四国にプロ野球チームを | トップページ | 好きな事でメシが食えるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/4331366

この記事へのトラックバック一覧です: Is your life beautiful ?:

« 四国にプロ野球チームを | トップページ | 好きな事でメシが食えるか? »