« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

自分のために働くんですよ!と新人に言われ。

 運気などというものは、バランスをとって収支ゼロになってしまうものだ。
 3年ほど前までは、阪神タイガースの低迷による不快感と、慢性的な職場での不遇が、他の幸運に対してバランスをとっていた。ところが、今年度に入って事情が変わってきた。どちらも風向きが良くなっている。阪神は目下首位にあって、親会社や典型的な団塊バカの役員などにいくら妨害されようとも仕事はうまく進んでいる。その代わり、異性運は以前にまして最悪な状態だ・・・なんかおかしい。

 そういえば、この不肖・近藤のもとにも新人がつくようになってから、職場の運気が上昇している。
 彼女が異性運を中心とした俺の運気を職場に集めて、知らずのうちに仕事運を強化しているのか?本人に言ってみたが、「そんなはずはないですよ」と本気にしない。当然だ。

 その彼女が、人事部の新人担当者からえらく誉められたそうだ。
 研修期間中のスピーチの内容で感動を誘ったらしく、”賛否両論ありますが”と付け加えた上で、話したことを教えてくれた。

 「地球のために温暖化を防ぐなんていいますが、あくまで人間のために防ぐのです。偽善者ぶるのはどうでしょうか・・・」

 良い運気は巡ってくる、我欲を出さずに天然の流れに沿えば巡ってくる。
 とはいうが、他者の利益を追求する行動であれ、それが自分のためにもなることを知っているから着手するのであり、究極のところは「人のため」ではない。極端な話、私有財産をすべて投げ打つ篤志家がいたとしても、投げ打った方が本人の気が休まるからそうしているのであり、100%他者のためというわけではない。

 正直にいこう。
 自分のためになるから、人や周囲のため(他者の利益)になることをする。

 ただ、履き違えてはならならないのは、自分のためにならないほど他者を利する行動を起こしてはタダのお人よしであり(犠牲・隷従・過度の信仰)、逆に他者の利益を損ない過ぎるほどに自分の利益を追求してはならない(搾取・寄生)。
 人のためにせよ、自分のためにせよ、自他の利益バランスがとれず両極端な人が増えている最近、弱冠22歳の彼女の発想がちょうど良いぐらいだろう。自信を持てない言動(おそらく本気)にもかかわらず、安定した冷静な思考。つまり、他者を刺激しない代わりに自身の利益を着々と考えるのが、彼女なりのバランス感覚と思われる。

 右手の机をみると、リラックマ人形が2体、コリラックマも2体。
 少女なのか大人なのかわからない彼女をみては、そのギャップを楽しんでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都議選と長嶋さん復帰。

 昨日7月3日で予定されていて、今日の朝まで完全に忘れていた行事がこの二つだ。

 横浜阪神戦を見て新宿で別の飲み会をハシゴしてから帰ったのが4日午前0時過ぎという、珍しく活発な日曜日を過ごしたのだからしかたがない。にしても、少しでも思い出していそうなビックイベントが、これほど印象が薄くなったのはどういうことだろうか。
 
 まず都議選については、今回の選挙で都政第二党になった民主党にせよ、組織票で結果が読める公明党にせよ、あるいは自民党にせよ共産党にせよ、それぞれがどんな勢力分布になって、何を言うかが予想がついており、投票整理券が届く前からおもしろくなかった。
 自民民主ともにどうせ大国の圧力に勝てないだろうし、組織票は偉いとされる中心人物が居なくならない限り変わらない。自分の勤め先でもそうだが、私欲なくモノを考えられる人ほど、出世欲もなく同時に上に立つのは難しいわけで、国政選挙でもその構図は変わらないという諦めがついてきた。
 年は食うものだ。三十にもなってようやく当たり前のことがわかった。もし本当に、まともな人物がFを上に立たせたければ、周囲の流れが変わるのを待つのがよっぽど近道ではないかと。

 長嶋さんの復帰自体は素直に嬉しいけど、日本テレビ(俺が株主だったこともある)が登場のタイミングを計算していたのが露骨にわかっていた。
 今年からは巨人戦の開始が午後5時となった日曜日、フジテレビの6時台アニメなどとの視聴率争いが苦しい。そこにもっとも率が取り難いであろう広島戦がきたところで、ミスターの神通力を頼りにしただろうことは想像にたやすい。

 そんなことを前日までに考えていたと思う。
 ともかくも、俺の中では「どうでもいいこと」と処理したため、日曜日の朝には忘れていたのであろう。

 というわけで、初めて「単純忘却」を理由に公職選挙を棄権した一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »