« 参院議員は解散が怖くない(笑)-郵政民営化法案否決 | トップページ | 今すぐ民営化にこだわらんでも。 »

郵政法案否決にお怒りの米国関係各界。

 ほうら、やっぱりアメリカ財界が怒り出した(笑)

 米生保協会、郵政民営化法案否決で簡保肥大化を懸念-日本経済新聞

 ついでに、前々から郵政民営化したがってるのは、アメリカ政府。
 米国大使館の日本語ぺージにある郵政民営化の関連部分を紹介します。
 つまり、れっきとした公式見解(笑)。

 日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書

 要望書というよりは「命令」かも。
 序文には、

様々な措置の中でも特に、日本郵政公社に付与されている民間競合社と比べた優遇面の全面的な撤廃を通して日本の保険、銀行、宅配便市場において歪められていない競争を確保することを含まなければならない。
 おかしい。真の自由競争だったら規制撤廃など言わず、どんな法律や風土習慣にあわせてでも商品やサービスを売りつけるはず。すなおに「俺たちに有利になるよう、市場を開放しろ」と言えって(笑)。 
 あと、見てのとおり、「保険」「銀行」が先に書かれてますよね。連中が欲しい順番から書かれてある。同じように竹中大臣先生もおっしゃってましたが、郵便事業の民営化は後回しでもよいらしい。民営化の肝は、300兆円以上あるとされる「保険=簡保」「銀行=郵貯」の資産を民間市場が動かせる形にして、自分たちが運用できるようにする(本当は「資産の所有権自体を奪う、最低でも運用権を得る」)というのがアメリカ政財界の狙いです。
 景気が危ないから、本気で日本の資産の運用権が欲しくてたまらない。340兆円すべてを米国の生命保険や投資信託、国債に転換できなかったとしても、数十兆円=数千億ドル単位で会計上の資産に編入できますし、運用益を1%と考えてもかなりの収益になりますからねえ。

 ここまで書いて判らない人はいないと思うけど、郵政、特に保険と貯金を民営化するのは、決して日本のためなんかじゃありません。
 彼らが、いまもなお軍隊をおいて暗に日本の政権担当者たちを脅し、小泉とか言う首相を資金とか情報工作などなどでアシストしながら、改革?なるものを推し進めていた理由はここですよ。十兆円(千億ドル)単位で儲かれる話なんだから。
 やけくその解散はアシストで勝てると思っているのか、それとも首相の座を早く降りたかったのか・・・もともと郵政民営化を唱えていた結果、小泉さんは首相になる後押しを得たのでしょうが、さすがに疲れたのかも。(あるいは早い段階から唱えさせられていたのかもしれんけど)

 簡保や郵便貯金は、日本政府の予備資金というのか、どうしてもお金を使わねばならないときや、景気を後押ししたいときの公共投資(=財政投融資)のために確保されている存在なのです。(もちろん、余計な公共事業をされるのには、俺は反対ですが。)
 というわけで、仮に民営化後の会社が、簡保や郵貯の残高と引き換えにするとして、米国の保険とか投資信託や米国債を積極的に売る、あるいは地方のじいちゃんばあちゃんに押し売りしてきたとします。

 二度と、日本のために使われる資産ではなくなるかと…。

 #運用する官僚がアホであれば、外資にまわしても一緒であるという意見にも私は同感です。それでも、海の向こうにまるごと運用権を持っていかれるよりはマシではないでしょうか。


 アメリカ様に資産をお預けできる形に切り替えるのか。
 そうではなく、日本のために使いやすい形を残しておくのか。

 ちゃんと考えて選挙に行きましょう(笑)。


 参考:英語ですが、フィナンシャルタイムズの記事のリンクです。
 A contemporary dilemma haunted by history (Financial Times)


 確かに民業圧迫を解消する対策の目玉が郵政民営化といわれます。仮に民営化したとしても、喜ぶのは、郵貯や簡保の契約を自社との契約に切り替える体力をもつ大企業のみ。米系を中心とする外資のほか、日本国内だとメガバンクや大手保険会社に限られましょうか。
 外資であれ日系であれ営利企業が運用権を獲得した場合、株主のために利益を得る立場である以上、国営郵政のように公共事業も対象にするといういうわけには行かない。徹底して流行りの産業や、すぐに利益の得られる消費者金融向けの元本とか、一般庶民には影響し辛い分野に振り向けられる可能性がいっそう高まるでしょう。
 チャンスを平等にするための公共事業投資向け資金と、自由競争を基本とした民間投資向け資金では全く性質が違います。いきなり前者を後者にしたのでは、あきらかに経済上の混乱が起こるでしょう。
 郵政民営化法案については、表向きの華やかさで一般庶民の不満をガス抜きしつつ、実際にはさらに苦しめて金持ちへの資産集中を高めるという、一石二鳥の弱肉強食作戦のように思えます。。。

|

« 参院議員は解散が怖くない(笑)-郵政民営化法案否決 | トップページ | 今すぐ民営化にこだわらんでも。 »

コメント

アメリカのいつもながらの自己中心的政策はまぁもっともなのですが、郵政民営化がそんな単純な話とも…。外資との競争結構ぢゃあないですかね。焦点が往々にしてぼかされるんですよね、そして大切なものは議論にすらならない…。
下記、個人的にいつも感心する考察を綴っているBlogページです。良かったらご覧になってみてください。
http://www.wafu.ne.jp/~gori/mt/

失礼しました...

投稿: piro | 2005/08/14 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/5377998

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政法案否決にお怒りの米国関係各界。:

« 参院議員は解散が怖くない(笑)-郵政民営化法案否決 | トップページ | 今すぐ民営化にこだわらんでも。 »