« 決戦の東京で、雷鳴。 | トップページ | ヒトラーではなくFDR? »

メディアに踊らされた大選挙戦

 特に東京はバカにされるだろう・・・この結果は。
 わかりやすいぐらいに、刺客騒ぎやマドンナ礼賛、自民圧勝予測などなどにやられてしまったように見える。裏返せば以前の民主ブームも、所詮はメディアの影響を受けた投票行動で動いたのかと思える。

 テレビや新聞など片方向のメディアが強い現状が嫌で、ネット業界に身を投じた私としては、これほど悔しい結果はなく、特に都市部の一部の方々に失望を隠せない。

 小泉内閣の出した、年金や郵政民営化案のどこが良くて、どう自分に影響するかを、従来の自民支持者以外で自民に票を投じた方々にお聞きしたいものだ。
 合理的な理由が答えられますか?

 アメリカの二大政党制によくあるような結果である。
 共和党支持層と民主党支持層の票がある程度固定されていて、それぞれ5割を占めることはない。
 選挙結果を左右したければ無党派層へのイメージを良くするのが先決で、個人で5割以上(米国の場合、2人しか候補がいない選挙区は少なくない)とれる候補以外は、メディア工作に集中すればするほど効果が上がる。国土が広すぎて、日本のようにどこでも光ファイバーかつ複数のテレビ局受信というわけには行かないから、地元メディアを握ればさらに効率がよい。

 あ、そうか。
 小選挙区制の導入も二大政党制の吹聴も今回選挙のマスコミ対策も、裏ではアメリカさんが糸を引いてると考えればわかりやすいのか・・・

 で、アメリカとは違い日本は全国メディアが強いから、東京や大阪の本局・本社を押さえた結果、大都市圏では無党派層の扇動に成功したってわけやなあ。もちろん、大手メディアでも記者個人の抵抗は良く見られたが(このブログでもいくつか紹介している)、一面見出しや予測報道、社説などすぐに目に行くところは押さえられていた。
 都市圏のうちで例外が、わが故郷・京都だ。伝統的に極端な政権の弊害を知っているせいか、バランスをとる投票行動に出やすい。以前は共産党が強かったのも同じ理由である。当然、全国メディアの影響は少なく、民主党は公示前勢力を守り6選挙区中3選挙区で勝利を収めた。もちろん、候補者がよいのも幸いした。

 逆に地方メディアは、これ以上の財源吸い上げを恐れていた結果、全国メディアに比べると反小泉寄りだったように思う。事実、北海道や福島、新潟、岐阜、岡山、佐賀、宮崎、沖縄などで反自民候補の善戦が見られた。

 戦勝国であるアメリカ側が影響しやすい選挙制度なのか?
 そう疑いたくなるほど、敗戦国とは苦しい立場だ。

 小泉さんも、本音では辛いと思う。
 敗戦国の首相は、戦勝国の要求(命令)をどの線まで受け入れるかを悩むだけで、ストレスになるだろうから・・・

 仮に岡田さんが首相なら、さらにどうにもならなかっただろう。小泉さんが批判されるどころではないぐらい、要求を受け入れたと思う。ウォルマートの進出ぐらいは必死で止めるだろうが(苦笑)。

 よく考えてみると、マスコミの影響というよりは、頼りない岡田代表率いる民主党の態度に嫌気がさして、自民に票を投じた都市圏住民は少なくないはずだ。
 この判断は非常に理解できるが、ちとバランス感覚がほしかったな・・・自民圧勝は防いでみようとか。ここまでの差がつくとはさすがに予測できんわな、仕方がないか。個々の人材が光るだけに、ここまでの退潮は残念でならない。

 
 私のベストは、自民も民主も負けて、綿貫・亀井一派がキャスティングボードを握る形だった。
 が、今回の結果じたいはそれに次ぐもので、そう悪いものでもない。公明を含めずに単独過半数を得た自民党の、これまで出せなかった本音が選挙前よりも良いものであることを期待したい。

 ・・・無理やろうか。 


追伸:
 民主党は悪印象を生むCMを作られてしまった恐れがあるそうだ。
 しかも、やっぱり米国の広告代理店らしい。

 民主党TV-CF政見映像には、あからさまで悪意なイメージ操作、メッセージ操作がある。(PR会社FHJは糞だ。)
 雑談日記・民主党「日本をあきらめない」の謎。提案したPR会社はどこのどいつだ。(笑)

 味方につける広告代理店ですでに差がついてしまったようだ。
 民主党自身が広告代理店を選んだのか、どこかから勧められた(押し付けられた?)のかはわからないが、いずれも、今回の選挙で果たしたメディアの影響が相当に大きいことを物語る記事である。

|

« 決戦の東京で、雷鳴。 | トップページ | ヒトラーではなくFDR? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/5917874

この記事へのトラックバック一覧です: メディアに踊らされた大選挙戦:

» マスコミを変えていこう! [ブログ de なんで屋]
皆さん、ありがとうございます。 9/18(日)にブログ開始以来初めて?このブログに順位が着きました。 なんと!956位(330062 BLOG中)です。{/hakushu/} (1000位以内でないと順位がつきません。) 積極的にトラックバックをしたのでたくさんの方に来て頂けたのだと思います。 今回の選挙では、マスコミの偏重報道に対して様々な問題指摘がされています。 その点、ネット上では、年齢・社会的地位に関係... [続きを読む]

受信: 2005/09/20 17:17

» メディア・リテラシー 「小泉劇場」の終わりの始まり [World Watch]
国民の中にメディア・リテラシーが定着していない日本とアメリカの選挙では、政策的な妥当性よりも、いかにマス・メディアをコントロールするかが勝敗を決するようになっているのです。 しかし、「小泉劇場」の演出が成功すればするほど、その反動も大きいことは明らかでしょう。... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 10:03

« 決戦の東京で、雷鳴。 | トップページ | ヒトラーではなくFDR? »