« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

会社の中の小さな恋の話

 しかしまあ、勤め先は社内結婚の多いこと。同期26人中7名(同期内2組)と、高打率である。奥様に元部下をもつ管理職は、俺が知っているだけで3名。500人程度の会社でこれだ。

 珍しいことのように思えるけど、実はそうでもない。

 江戸時代いや昭和の初期ぐらいとかであれば、数百人の村の中で祝言を上げることよくあっただろうし、自分の家系をたどっても、祖母の妹などは従兄弟(つまり曾祖母の実家に)に嫁入りしている。
 また、昔の結婚式は「人前式」が主流であったという。
 生活空間、世間をともにする人々を招いて、二人がともに歩んでいくことを宣言する儀式。まさに披露宴といえる。先述の祖母も「人前式」だったことが、60年前の写真に伺える。

 だいたい、生活時間の多くをともにして、自然と愛情が込みあがっていくのが普通である。それがヒトの本能だ。俺のような、他市出身在住かつ他団体所属者しか付き合ったことがない人間のほうが、そもそも珍しい。


 社内結婚といえば、後ろめたいイメージが付きまとう。まわりからいろいろ言われるのを嫌がるのだろうか、知人の男性も同僚との結婚を一切報告せず、恒例である同期うちの飲み会も行われなかったという。
 実は、俺も色々言われるのを嫌がるたちで、「クラス(ゼミ)内」「社内」とかいわれると、どうも二の足を踏んでしまう。その結果、人間関係が悪くなって、自分自身も不利な目に合うのではないかと考えてしまう。おそらく、そう悩む人が現代の主流だろう。

 「お互いが怒られている姿を見たくないから」
 と、社内結婚をしてから前の会社を辞めた元上司。

 そう、いまの会社組織、難しく言えば資本主義の発想では、夫婦であっても労働者同士であれば、ときに競争相手にもなる存在とされる。少しでも多くの収益を経営者を通じて資本家に提供するのが優秀な労働者であり、給与も高くなるからだ。
 資本主義とは、職場恋愛に対しては実に冷たいものであり、近くの異性を愛しやすい動物・ヒトの本能から遠く離れた存在だと思う。(共産主義はもっと冷たい。労働者同士は対等でしかなく、その意思は無視された存在であり、計画生産活動の邪魔になることは恋愛結婚以外の生活も制約される。)

 同じ土地や空間で、自然に生じた相性を育んで何が悪い?
 なんにせよ、歴史物でみる夫婦のほうが幸せに思えてしまう。他の家族との政略結婚で生活を守る貴顕諸侯や大商人のそれではなく、一般庶民のなれ初め話に温かみを感じる。近場でくっついたとしても、文句がいわれにくいのだ。
 それが「自然」だからである。


 今月末で一人の同期が辞める。
 転職で東京を離れる元同僚の夫についていくためだという。
 これで夫妻ともに当社を去ることになり、わが勤め先は本気で甘い。

 だが、いい話ではないか。
 ヒトの本能を肯定している。

 気がつけば、クリスマスが終わっていた。
 ヒトの本来の姿から遠いのは、俺のほうだろう。
 まあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪薬で死ぬ時代?

 先週は風邪と仕事の連続だった。火曜日に午後半休をとり損ねて結局7時前に退社。元々水曜日にあった研修を欠席として、労務に割く時間を減らさずに休養に充てたが、完全には治らなかった。やっと元に戻ったのは今週の火曜日、すなわち今日のことだ。
 とはいえ、副作用で問題になっているインフルエンザ特効薬「タミフル」はもちろん、ワクチンも信用していない。医者にも行かず薬といえばうがい用のイソジンぐらいで、普段より寝る時間を長くすれば治るのだから、危ない橋を渡る必要はないと思っている。ワクチンはわざとウィルスに感染させて体内に抗体を作るというが、もし別の型のウィルスが流行したらどうなる?余計な風邪を一回ひいたことになるではないか。

 タミフルの話に戻ると、日本の消費量がダントツらしい。

 東京新聞(中日新聞東京)11/23版 http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20051123/mng_____tokuho__000.shtml
 
 かのスイス・ロシュ社が高い開発費をかけて作った新薬。買ってくれる金持ち国・日本はお得意様なのだろう。なにしろ、副作用が多少強くても文句を言わないし、クレームの少ないいいお客様としても扱われているかもしれない。

 こんな調子で、毒性もある劇薬を売りつけられては、命がいくつあっても足りない。
 医者に行かないか、行っても話半分に聞くのか、そういう防衛策しかないのだろうか。
 先述の記事にも出てくる、浜六郎医師のように危険性を指摘してくださる方はそれほど居ないように思う。医者とて薬剤師とて食べねばならない。たとえ副作用があっても、医師は即効性をうたって手早く患者を安心させたり、薬剤師は少しでも高い薬を処方して目先の稼ぎをあげたくはなるだろう。

 みんな、大変なのだ。

 最後に浜医師が理事長を務めるNPO「医薬ビジランスセンター」のURLを載せておく。タミフル関連のほか、さまざまな医薬品の問題についてまとめられているので、私も一読しようと思っている。

 http://npojip.org/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »