« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

私刑(リンチ)のある世界

 ある経営者のように、社員を苦しめて自殺に追い込んだりするような奴をみると、まさに私刑(リンチ)にかけたくなる。サラリーマンが上司や大株主に思う所に限らず、そんな気持ちになる事例が星の数以上にあるはずだ。
 だが、本当に刑を執行するわけではない。もしリンチに成功したとしても、先にあるのは数倍の罰つまり公刑であり、真っ当に生きる道を狭められる。家族や周囲の仲間、世話になった人々に迷惑をかけることになる。特に社会的地位を得た者にとっては、公刑を受けずに済む展望があるか、後に罰を受ける痛み以上の恨みがない限り、私刑(リンチ)を選択肢としない。

 では、社会的地位を気にしない立場にいればどうだろう。
 とその前に、この世の中には、公権力が扱わない罪科が嫌と言うほどある。検察や警察もマスコミも触れない(触れたがらない)悪が後を絶たない。

 社会的地位とか云々を言う前に、
 「私刑を与えられる恐怖」
 をもって治安能力の代わりにする空間があるのだ。

 池袋ウェストゲートパークを読んでいて、このことをようやく思い出した。
 主人公の真島誠をはじめする人物は、世間に触れさせたくない(触れてもらえない)事件で仲間が被害に会うと、その原因となる相手をリンチで裁いている。殴る、切りつける、親を脅す、その他諸々の手段で。
 文中の表現を借りると「頭の悪いガキども」の世界であり、大学はおろか高校にもいけない(行かない)若者が、池袋の夜にたむろする。20世紀末に20歳前後だった、いわゆる「チーマー」達。同じチームの仲間とともに、冷えかねない人の情を暖めあい、自衛して都会の間を生きてゆく・・・

 まだ地元にいた頃の俺は、すぐそばにそんな空間があった。
 大学教授や社長を親にもつ子がいる反面、ヤクザの家庭やいわゆる同和地域とか在日系、両親のいない貧乏所帯の子など、公権力や表の社会から相手にされない状況でもしっかりと生きていた連中がいた。さらに大学に行く甲斐性(頭の問題だけでなく、家計とか諸事情含む)がなくて、あぶれた子もここに合流した。
 いわゆる「下流社会」予備軍である。
 俺はこの区切りが本気で嫌いだが、こう区切られてしまうからこそ、真っ当とされる大人たちからは無視される。仕方なく彼らは争い事を自分たちで処理して、自分たちで身をまもり、そしていざという時は私刑の手段をとる。一種の自治空間であり、それぞれのグループがそうやって暮らしていた。今も同じような状況が、当たり前のように続いているに違いない。

 気が付くと、私刑(リンチ)のある世界を忘れてかなりの時間が経っていた。
 まぐれで、大学の専攻どおりの会社に採用され、東京に出てはや8年。不満はあれど安定して給与の出る身分で、私刑などを思わずに暮らせる甘い空間にいる。30を過ぎて独身の自分を思うと、親に申し訳が立たない。
 その我が父は夜間高校あがりで職人の親方。まさに私刑のある世界を肌で知っている人だ。不思議でならない。池袋~の真島マコトと似たような経歴をもつ父を持ちながら、俺はここにいる。甘い。甘い・・・

 証券取引法で逮捕されたホリエモンは、私刑に遭ったのだろうか?
 検察は公権力だから、とうぜん公刑だ。だが、反小泉勢力が東京地検を動かしたとすれば私刑とも思えるし、彼が見せしめになったと捉えても私刑。欧米資本などの横槍は考えないようにしよう、面倒くさい。

 とはいえ、いったん社会的地位を得れば、私刑を考えなくて良くなる。
 代表取締役であれば、人事権を使って敵や気に入らない奴を左遷すればよいし、首相であれば大臣を罷免したり、与党の議員は大臣にさせないと脅したりすればよい。使っている手段自体はあくまで「公刑」だ。でも、その発動原因がリンチ的なものであるかどうかは、本人しかわからない。
 痛い目に会った部下たちの末路は、名誉や食い扶持の剥奪。武士のような度胸のある人は、切腹、でなくとも辞職などして己の潔白を主張するだろうが、多くはそうはいかない。高度のストレスで鬱になって社会性をみるみる失ったり(別に鬱でもいいんだけど)、泣き寝入りの自殺(と見せかけて口封じで殺されてるケースもあるだろうが…ライブドアの野口取締役?切腹とも言われるが?)に追い込まれることもあろう。

 社会的地位があって、公刑と私刑をハッキリ分けられる方もたくさんいらっしゃると思う。だが、叩き上げのホリエモンはともかくも、小泉さんのように二世三世では、私刑しかない世界と自分のいる世界の違いなんて知るよしもないだろう。

 そういえば、あの人も○○公社総裁の息子で二世だったか。
 不況下とはいえ、株価を自分の社長任期だけで10分の1も下げた人。それでも某経済団体のトップを狙っていた(さすがに失敗した)とかいう、実に偉いお方だ。
 また彼の批判になる。このへんで止めよう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

放牧サッカーで日本一:野洲高・山本監督

 面白い方がいる。滋賀県立野洲高校サッカー部を初の日本一に導いた、山本佳司監督だ。

 長髪OK、携帯持込OK、消灯時間も不定。さらに、全体練習は1日2時間半に限定して、さらに練習したければ自分で決めろとの、徹底した「自主性尊重主義」である。おおいに若い選手たちを信頼している。言い方を変えれば「放牧」による若者の育成だ。(→参考資料1.を参照)

 サッカーに限らず野球のなどほかのボールゲーム、いや社会全体で優勢なのは「管理主義」である。
 管理主義は全体の方向性を、指導者から各人に広めるには都合が良いが、各人それぞれの判断力とか頭の部分が刺激されることは少ない。このため、リーダータイプはどうしても育ちにくく、旧来の巨大企業や一部の官僚体制でさまざまな決断が遅れているのも、「管理主義」の弱点だといえる。
 予断だが、決断の遅さとかで思いつく巨大企業といえば、東証システム騒ぎの某社とか、元国営のN○Tとか・・・(そういえば、某社会長のお父様はもと電○公○(=現N○T)の総裁だったとか。似るもんですねえ。)

 ともかくも、山本監督のやり方は画期的である。
 若い選手たちも、己が信用された以上は励まねばと、押し付けではなく自発的に技を磨いて、頭までを鍛えるようになる。この循環が続けば、自分の意思で続けられる者が残り、従っているだけの連中は自然と去っていくだろう。
 
 さらにうまいのは、地元クラブ・セゾンFCの岩谷篤人監督が、野洲高サッカー部のコーチを兼任しているという点だ。
 セゾンFCに属した多くの中学生が岩谷氏を慕って野洲高を選び、入ってみたら自分たちを非常に信頼してくれる親分・山本監督がいる。こういう状況作られてしまえば、主将・金本などセゾンFCあがりの選手は、自分から必死にならざるを得ない。自主練習も自然と増えていった。
 岩谷氏を喜んで受け入れたのは、山本監督は元レスリング選手でありサッカープレーヤーの経験がないこともあるだろう。妙なプライドがないからこそ、岩谷氏を技術担当として招き、地元選手の連続性を確保できたのである。(→参考資料2.を参照)

 選手経験がないとはいえ、山本監督がサッカーを知らねば、ここまでの快進撃にはならない。
 選手としての成績は上位を狙えなかったものの、実務能力にたけて学業面も良く、日本体育大学レスリング部では主務(マネージャー)を推されたそうだ。ついにはドイツ・ケルン体育大学との交換留学生に選ばれた。
 そのドイツでサッカーに魅せられたらしく、サッカー指導者としての一歩を踏み出したらしい。人間なにがおきるかわからない。卒業後は、地元の滋賀県に帰って教職につき、初任の水口東高ではインターハイ出場に漕ぎ着けた。野洲高に赴任後はほぼゼロからチームを作り上げ日本一に輝いた。
(→参考資料3.を参照)

 過去の経験がないことを有利にした好例であり、また見習いたい人が増えたと思うばかりだ。

 しかし、なぜ各種企業や団体はこの「放牧」教育を使わないのだろうか。
 わが社もなんとか・・・
 
 あ、親会社の会長が、○電○社総裁のご子息だった。
 ガーン、絶対に無理やがな・・・資本主義とは苦しいものだ。
 他の株主様、カモン!(金があれば俺が買う・笑)


参考記事1. 野洲“セクシーサッカー”で日本一:スポーツニッポン
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/01/10/01.html

参考記事2. 野洲、のびのび日本一!「セクシーサッカー」で王者を撃破:サンケイスポーツ
 http://www.sanspo.com/soccer/top/st200601/st2006011001.html

参考記事3. 日体大レスリング部OB率いる滋賀・野洲高サッカー部が日本一へ王手!
 http://www.japan-wrestling.jp/New06/994.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大人になれば・・・

 「あいつはまだ、青春の最中や」
 と大学時代の先輩にぼやかれた。

 正月早々にかかってきた電話は、ぼやいた先輩が営む飲食店に雇われた別の先輩が、就職3ヶ月にして姿を消したとの知らせだった。いろいろと事情があったのだろう・・・。
 任された店を彼が放り出したことで生じた損失は数百万円。会社組織ではない小さな「個人商店」にとっては、相当な負担である。事情や行方を両者共通の知人である同級生に聞いても埒があかず、とうとう後輩である私の元に聞いてきたというわけだ。

 そういえば、消えた先輩は就職活動をしたことがない。というのは、今回の飲食店も前の職場も学生時代のサークルの縁を使ったものであり、いわゆる身近のコネだけで入っている。
 幾多の職を渡り歩いてやっと開業した先輩にすれば、そこが「甘い」と思うのだろう。最低限の競争を避けて生きてきたとしか考えられないらしい。
 さらに退職届はおろか、本人からの連絡が一切ないことを、「不義理」と先輩は責める。さすがにこれは大人の行為ではない。新たな人脈を築こうとせず、学生時代の仲間うちだけに頼っているから、青春の甘さも残ろうというロジックだ。もう、納得するよりない。

 わが父も個人事業主であったから、逃げられた先輩の気持ちはなんとなくわかる。
 運転資金がなくなればおしまい。税を払うのも自分の甲斐性で決める。そして家庭を持っているならば食わせる算段もつけねばならない。
 子どものころ、なぜか裏通りにあった宇治の税務署に連れて行かれたことを今でも覚えている。「小学生のせがれが居ますから、そこをなんとか」と税務署員に訴えたかったのだろうか。あるいは、子どもの私への教育だったのだろうか。自分を「お前の反面教師になればよい」と言って憚らない父にとって、どっちでもよかったのかもしれないが。
 
 「大人になる」というのは最低限の責任感を持つことかと思う。すでに三十路の私が言ってもしようがないが、給料をもらったり、何かの利益を受ける権利を得る以上は、対価となる責任を果たさねばならない。ただし、権利と責任の規模は各人で決めればよい。

 どうも、姿を消した先輩は、そのバランスがおかしかった。
 コネで入れてもらった以上は、引き合わせてくれた知人友人に義理を果たす責任はあるだろう。結果として前の職場は辞め、さらに飲食店まで止めてしまった以上、「大人」ではないといえる。同級生でもある上司に厳しくされた結果、意地の晴らしようがなく出て行ったとしても、同情の余地は少ない。

 では、少ない責任負担で済む生き方でも良いのではないか。

 結局、わが父は経営者であることを辞め、仕事をくれていた親方の一人のもとで働いた。独立状態を諦めたといえば聞こえは悪いが、要は身の丈にあった楽なライフスタイルを選んだといえる。
 その後、親方の二代目が会社組織に改めた際は役員の一人になったが、これまでと業務負担がさほど変わったわけではない。自分が持てる責任範囲で仕事をしているのだろう。
 私生活を見ても分かる。週末は野球、晩は酒と読書の毎日は、還暦を過ぎても一切変わらない。母は父の習慣に文句を言わないかわりに、しょうもない小言を投げつけては、生活リズムの乱れを正している。それで、うまくいっている。
 
 消えた先輩は何をおもって、同級生が営む飲食店を去ったのだろうか。
 やはり、同級生同士なのに己の意見が通らないことに憤ったのだろうか。だとすれば、コネ就職の割には無理をしているような・・・経営者は責任が重い代わりに、意見を通す権限も大きいのが普通である。

 先輩たちの角逐を思うと、父の生き方もまたありと思えてきた。

 大人になれば、己に適した責任範囲がわかるらしい。
 って、俺もう30歳やっちゅうねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゼロ地点」は去年やった!

 新年早々に去年の話を始めて「アホちゃうか」と思われそうなのだが、本気で喜んでいる。0(ゼロ)学占星術によると、去年が運気のゼロ地点に当たるらしく、向こう12年間は上昇傾向にあるとのことだ。

 俺が属する小王星の12年周期を図であらわすと、以下のリンク先のようになるらしい。
 
 http://fortune.yahoo.co.jp/fortune/zero/docs/shihai/03/index.html

 今年は「精算」といい、前の12年周期で得た有形無形の財産や人間関係が整理され、次の盛り上がりへのスタート地点だ。季節で言えば「晩冬」。雪解けの季節にあたる。

 いい話では…ちょっと待て、占いは占いや。
 信用性を高めるために、ゼロ地点の12年前(=1993年)を思い起こしてみる。
 
 ・・・・
 やはりどん底だった。あ、当たっている。
 そういえば十二支というように、洋の東西を問わず12という数は重要なんだろう。

 1993年、高校3年生といえば、少年時代の苦境?の終わりであった。自分が所属したクラスだけが3年間入れ替えなしという状態で、地元の人間関係のみで閉塞感を味わっていた。
 それで、地元・宇治を出て京都府レベルの校外活動に参加し始めたのが、前の12年間の始まりである。結果として、交渉もできる調整屋(つまり、やかまし屋)としての自分が確立して今日に続く。
 運気だけでなく人の縁についても、高校3年(前のゼロ地点)から大学4年間、そして社会人8年目(前のゼロ地点)までの12年ワンセットになっていた。学生時代に種をまいた人間関係が広がって、気が付けば、国会議員や弁護士、医者などエリートから、無職や文化関係など自由人の類まで幅広い縁を築くにいたった。

 それで去年は別れが多かったのか(苦笑)
 モテなくてもモテても良えわいとやせ我慢をした状況も、将来の糧となるのだろう。

 「よっしゃ、今より下になることはない」と、気楽になった。

 私の人生が新しい周期に入ったのが間違いない。いまさら言っても信じてもらえないが、31歳になる年、つまり今年で何かが大きく動くと以前より思っていたから、ちょうど自分自身の覚悟?とも一致する。
 何人の方々とご縁が続くかはわからないが、相互ともに必要になる関係の強化に期待が弾む。さらに新しい縁や周囲の状況の展開も楽しみになる。

 というわけで、本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »