« 放牧サッカーで日本一:野洲高・山本監督 | トップページ | 母は、味噌汁の具で引き継いだ。 »

私刑(リンチ)のある世界

 ある経営者のように、社員を苦しめて自殺に追い込んだりするような奴をみると、まさに私刑(リンチ)にかけたくなる。サラリーマンが上司や大株主に思う所に限らず、そんな気持ちになる事例が星の数以上にあるはずだ。
 だが、本当に刑を執行するわけではない。もしリンチに成功したとしても、先にあるのは数倍の罰つまり公刑であり、真っ当に生きる道を狭められる。家族や周囲の仲間、世話になった人々に迷惑をかけることになる。特に社会的地位を得た者にとっては、公刑を受けずに済む展望があるか、後に罰を受ける痛み以上の恨みがない限り、私刑(リンチ)を選択肢としない。

 では、社会的地位を気にしない立場にいればどうだろう。
 とその前に、この世の中には、公権力が扱わない罪科が嫌と言うほどある。検察や警察もマスコミも触れない(触れたがらない)悪が後を絶たない。

 社会的地位とか云々を言う前に、
 「私刑を与えられる恐怖」
 をもって治安能力の代わりにする空間があるのだ。

 池袋ウェストゲートパークを読んでいて、このことをようやく思い出した。
 主人公の真島誠をはじめする人物は、世間に触れさせたくない(触れてもらえない)事件で仲間が被害に会うと、その原因となる相手をリンチで裁いている。殴る、切りつける、親を脅す、その他諸々の手段で。
 文中の表現を借りると「頭の悪いガキども」の世界であり、大学はおろか高校にもいけない(行かない)若者が、池袋の夜にたむろする。20世紀末に20歳前後だった、いわゆる「チーマー」達。同じチームの仲間とともに、冷えかねない人の情を暖めあい、自衛して都会の間を生きてゆく・・・

 まだ地元にいた頃の俺は、すぐそばにそんな空間があった。
 大学教授や社長を親にもつ子がいる反面、ヤクザの家庭やいわゆる同和地域とか在日系、両親のいない貧乏所帯の子など、公権力や表の社会から相手にされない状況でもしっかりと生きていた連中がいた。さらに大学に行く甲斐性(頭の問題だけでなく、家計とか諸事情含む)がなくて、あぶれた子もここに合流した。
 いわゆる「下流社会」予備軍である。
 俺はこの区切りが本気で嫌いだが、こう区切られてしまうからこそ、真っ当とされる大人たちからは無視される。仕方なく彼らは争い事を自分たちで処理して、自分たちで身をまもり、そしていざという時は私刑の手段をとる。一種の自治空間であり、それぞれのグループがそうやって暮らしていた。今も同じような状況が、当たり前のように続いているに違いない。

 気が付くと、私刑(リンチ)のある世界を忘れてかなりの時間が経っていた。
 まぐれで、大学の専攻どおりの会社に採用され、東京に出てはや8年。不満はあれど安定して給与の出る身分で、私刑などを思わずに暮らせる甘い空間にいる。30を過ぎて独身の自分を思うと、親に申し訳が立たない。
 その我が父は夜間高校あがりで職人の親方。まさに私刑のある世界を肌で知っている人だ。不思議でならない。池袋~の真島マコトと似たような経歴をもつ父を持ちながら、俺はここにいる。甘い。甘い・・・

 証券取引法で逮捕されたホリエモンは、私刑に遭ったのだろうか?
 検察は公権力だから、とうぜん公刑だ。だが、反小泉勢力が東京地検を動かしたとすれば私刑とも思えるし、彼が見せしめになったと捉えても私刑。欧米資本などの横槍は考えないようにしよう、面倒くさい。

 とはいえ、いったん社会的地位を得れば、私刑を考えなくて良くなる。
 代表取締役であれば、人事権を使って敵や気に入らない奴を左遷すればよいし、首相であれば大臣を罷免したり、与党の議員は大臣にさせないと脅したりすればよい。使っている手段自体はあくまで「公刑」だ。でも、その発動原因がリンチ的なものであるかどうかは、本人しかわからない。
 痛い目に会った部下たちの末路は、名誉や食い扶持の剥奪。武士のような度胸のある人は、切腹、でなくとも辞職などして己の潔白を主張するだろうが、多くはそうはいかない。高度のストレスで鬱になって社会性をみるみる失ったり(別に鬱でもいいんだけど)、泣き寝入りの自殺(と見せかけて口封じで殺されてるケースもあるだろうが…ライブドアの野口取締役?切腹とも言われるが?)に追い込まれることもあろう。

 社会的地位があって、公刑と私刑をハッキリ分けられる方もたくさんいらっしゃると思う。だが、叩き上げのホリエモンはともかくも、小泉さんのように二世三世では、私刑しかない世界と自分のいる世界の違いなんて知るよしもないだろう。

 そういえば、あの人も○○公社総裁の息子で二世だったか。
 不況下とはいえ、株価を自分の社長任期だけで10分の1も下げた人。それでも某経済団体のトップを狙っていた(さすがに失敗した)とかいう、実に偉いお方だ。
 また彼の批判になる。このへんで止めよう。

|

« 放牧サッカーで日本一:野洲高・山本監督 | トップページ | 母は、味噌汁の具で引き継いだ。 »

コメント

 人が他人を恨む(憎む)理由は、ごまんとあります。その中には、あなたが想像も付かないものも多いでしょう。そして、あなたはそういう「あなたが想像も付かない理由」を下らないとか、意味がないとか、異常だなどと決めるだけでしょう。
 例えば、宅間守を覚えていますか?彼は、自らをして社会に私刑(リンチ)を与えました。彼が持っていた社会への恨みは、彼が死んでしまった今となっては正確に知ることは出来ませんが、彼なりに正当なものだったようです。
 あなたは、「宅間守は犯罪者だ。犯罪者の言い訳なんて知るか」というかもしれませんが、それでは何故私刑が犯罪とされているのか良く考えてみて下さい。
 自分勝手な理由で行う刑罰=私刑は、本質的に「身勝手な」行いです。そこに何らかのルール(法律)が介在しなければ、あなたの言う私刑は、別の私刑のきっかけになり、そしてそれがまた別の私刑の引き金になっていくでしょう。つまり、私刑とは終わりのない殺し合いの原因にしかならないのです。
 例えば、あなたが誰かを自由に私刑することができたとします。そして、あなたは、自分が気に入らない人物を私刑で殺したとします。さてその上で、その殺された人物に関係する人々(親、兄弟、友人)があなたを私刑で殺そうとした場合、あなたはその行為を否定することが出来ますか?あなたは、恐らく「殺人は法律で許されていない!」と主張するしかないでしょう。
 このように、刑罰というものに法律が介在しなければ、人の行う行為には際限がなくなってしまいます。
 この社会では、私刑が許されていません。それが、あなたにある種の「もどかしさ」や不快感を与えているのかもしれません。しかし、そんなことは小さなことなのです。何故なら、私たちが私刑を許すことは、即ち誰でもあなた(私)の命を奪っても良いと認めることと等しいからです。まさに弱肉強食の世界と言えるでしょう。そして、これは「人を殺してはいけない」理由と通じる部分があります。
 もちろん、私はあなたが他人から恨みを買うような人物ではないと信じています。しかし、世の中には色々な考えを持つ人物がいるのです。たまたま目が合った人物を殺してしまいたい。そんなことを考える人間がこの世にいないと、あなたは証明できますか?

 私の意見は以上です。大欲(理想論)は無欲に似たり。あなたは、この世が許しがたいものだと考えるかもしれませんが、それはどうしようもないことなのです。

 あなたは、それでも私刑が許されるべきと思いますか?

投稿: death13 | 2006/02/01 08:34

 death13さん、コメントありがとうございます。

 ・・・んん、なんか取り違えられているような。

 先に申し上げておきますと、この記事は私刑を許してしまっている世界もあると言いたいだけで、かつその理由の甲乙を談じているものではありません。もし、そう思われるならば、拙筆のなすところであり、反省の材料にさせていただきます。
 それ以前に、執行の有無を判断する段階にあって私刑か公刑かの境目が実はあいまいなのではないかという、疑問から書いたものなのです。 

 悪法も法です、どんなに国際的に悪名が高かかろうと、主権国家が行う刑は公刑です。
 「私刑とは終わりのない殺し合いの原因にしかならないのです。」とおっしゃっています。が、当事者国にとっては外交というより、気に入らない他国への懲らしめ、つまり公刑の延長である戦争だって、終わりのない殺し合いの発端ですよ。
 あまり、言い過ぎてても屁理屈にしか聞こえなくなりますから、この辺でやめます。

 お言葉を借りますが、この世はどうしようもないものです。だから、ブロクというガス抜きがあるのでしょう。
 そして私は、私刑の少ない世界に住んでいる。この記事は、少年時代の現実と比べると嘘のように平穏な環境に慣れてしまった自分に、気づいた心境を書いてみた面もあります。

 なんにせよ、私刑は取り締まるべきでしょう。
 始めから認めておいては、それこそ単純な弱肉強食になりかねませんから。(まあ、長い長い歴史のなかではどうしても弱肉強食になる時期もあるでしょう。そのなかでの私の意思なんてとても小さなものです。)
 もう一つは、私刑をしたくなるようなりストレスがたまる状況を作らないことでしょうか。国家とかそういうレベルではなく、自分の職場とかそういうレベルからはじめて。
 簡単なところでは、なるべく挨拶をかわして、コミュニケーションを潤滑にしておく。私がしっかりとやっているわけではないのですが、まずは己から始めねばならないと思っています。
 ・・・とは思うのですが、なかなかねえ(笑)

 

投稿: こんだぃ=筆者 | 2006/02/01 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/8339855

この記事へのトラックバック一覧です: 私刑(リンチ)のある世界:

» 武部と言う、この最悪の放言ブタ、どうにかならないのか。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
2001年12月4日(国内3頭目のBSE感染牛発見後、国会内で民主党議員に)「ま [続きを読む]

受信: 2006/01/29 10:54

« 放牧サッカーで日本一:野洲高・山本監督 | トップページ | 母は、味噌汁の具で引き継いだ。 »