« mixiチェーン日記について思う。善意の風評が悲劇を招く? | トップページ | 31歳、ちと弱気で。 »

5日で退院の母。

 「FAX送るで」

 だから、何送んねん。

 数時間前の話。
 FAX番号が電話のものと同じと、今さら気づいた母。
 携帯電話から伝わる声を拾ってみると「診断書の一種」らしい。
 あ、外出許可もろうて家に帰ってるて言うてたよな。

 「○○って先生の名前書いてはるやろ?」

 だから、まだ出てへん。

 しばらくして、
 先に見えてきたのは、『入院診療計画書』というタイトルと、母の氏名。
 続いて、病室名、主治医以外の担当者名(=看護師)、

 そして病名。
 読みにくい字だが、『大腸憩室炎』だそうだ。

 ちょっと調べてみる。

 大腸.comという大腸の総合サイト?をうたったページが現れた。
 大腸けいしつとは

 父の説明では「食道と小腸にはあるが直腸にしかない」と聞かされていたものだから、小腸憩室炎だと思っていた。だが、大腸のほうらしい。腸の外壁にあるくぼみに何らかの最近が入り、炎症を起こしたのだという。
 右下腹部に激痛を感じた母は、徒歩10分以内にある総合病院に父に車を運転させて行ったのだろう。(ただし、地元以外での母はおそろしく良く歩く)さらに、初日と2日目の断食は堪えたようで、めずらしく一日に三本の携帯メールが飛んできたものだ。
 の割には、電話声はえらく普通どころが、軽快である。

 さらに「入院診療計画書」を読みすすめると、
 症状、治療計画(点滴加療としか書いていない)、検査内容および日程とある。

 次の手術内容及び日程の項には、
 『経過により必要な場合あります』
 とシャム文字とアラビア文字が混じったような字体で書かれてあった。

 「え、必要って読むんや」

 どうも、母も父も解読できていなかったらしい。
 いまさら手術の可能性があったことに驚いているようだ。
 俺に判読できるレベルで送信してくれたFAX技術に感謝する。

 推定される入院期間の項には、2週間程度。

 あ、明日の退院は5日目やから、予定の3分の1で済んだのか。
 父いわく「よく来はりましたねと言われるほど、早く通院したのが良かったらしい」とのこと。点滴経由?の抗生物質も良く効いたようで、手術の心配など遠い話になったようだ。

 で、最後に主治医の名前と捺印が出てきた。

 FAXを送りざま「先生の名前が書いてはるやろ」と言うていた母、この書類をまともに読んでないことが判明した。
 おそらく、それぐらいの気楽さのほうが、細菌も嫌がるのだろう。

 さすがに10日もたたずに実家に帰ったことはなかったので、悩んでいた所だったが、
 おかげで、親不孝にはならずに済んだ。

 食物繊維を摂ると、憩室炎にはかかりにくくらしい。
 みなさん、どうかお気をつけを。

 って、一番危ないのは遺伝性もある俺か。

|

« mixiチェーン日記について思う。善意の風評が悲劇を招く? | トップページ | 31歳、ちと弱気で。 »

コメント

実家が向かいのM本です。
なんと。。。お母様も憩室炎ですか。
僕は2年前に同じく大腸憩室炎で弊社の病院に
入院してました(言うたっけ?)。
それ以来、毎日ヨーグルト食べてます。
野菜を多く食べるようになりました。
一週間の断食と、退院後の大腸内視鏡検査が
辛かったです。。。
検査は大腸内に空気をいれて大腸を風船のように
膨らませてカメラを入れるので、終わったあとの
ガス抜きが大変。トイレから出られない。
カンニング竹山も憩室炎になって話題になった
のですが、ストレスも影響するとのこと。
お大事に。

投稿: ブルガダ | 2006/06/28 22:48

「病のコンビニ」ぶり、重ねてお見舞い申し上げます。
母の断食はわずか1日半。
右側面にできたのが良かったようで、
手術無く正味5日間で退院しました。
「虫垂炎より早い回復だ」と
よくわからない褒められ方をしたらしい。

ブルガタ氏のおっしゃるように、
繊維質を多く摂れとの指示ももらったようです。

つうか、おれは精神衛生を考えたほうがいいのかな・・・

投稿: こんだぃ(筆者) | 2006/06/30 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/10714316

この記事へのトラックバック一覧です: 5日で退院の母。:

« mixiチェーン日記について思う。善意の風評が悲劇を招く? | トップページ | 31歳、ちと弱気で。 »