« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

昭和10年代の日本を映したカラー映像

 俺の子どもの頃は、「戦前は悪いもの」と教えられた。
 もちろん悪い点はあっただろうけど、この映像を見る限り、伝統と新しさが共存・融合している姿があまりにも誇らしい。

 六本木ヒルズなどを見上げると、戦争を知らなくとも
 「ああ、負けて日本は引きずり込まれたんだな」と冷たい気持ちになってしまう。

 法の網を無視して利ざやを追求する、道義も情緒もない世界。
 
 一方的な富や力の搾取は、やがて自分が消費の対象とする存在を弱らせ、自分自身も窮地に陥る。つまり、単「循環」の原理を無視した人々。日本や東洋の伝統には少なかった存在だろう。(まあ、一部の華僑とか倭寇とかはおいておいて)

 すでにある良い面は残し、それ以上に良い点は外から取り入れればよい。
 その自主的な判断こそが活力であり、仕上がったものに誇りが持てるはずだ。

 最近は、何もかもを外の基準に頼ろうとする人々が多いのではないか。さらに、自分が基準を作ろうとする側に立てば、西洋のルールを握りたい方々とのバランスもとれるだろうが、そういう気概のある人も減ってきた。

 小さな話ではあるが、俺は仕事をする上でも、良い部分や変えると混乱が生じる部分は残し、それ以上に良い点を外から得るように心がけている。「業務フローの改善」などを考える時がそうだ。

 が、システム企画などを見ていると、一方的に要求をあげるユーザーと、すべて飲み込んでなんとか解決しようとする開発者のやり取りに出くわすことがある。開発工程を終えても、まだ真面目に要求をあげるユーザー、真剣に取り組んでしまう開発者。ユーザー要望という一方の完璧を目指せば、欲を語りつづければ、その終わりはない。
 結果、つかの間の安定もなく長い混沌が続いている。「まずここまでは完成させましょう」という歯止めがないのだから、一向にリリース日を迎えない。
 再開発の連続で、まとまりを欠いた東京の街のように。

 極端な議論が好きな人が目立つ。
 郵政を含むなんでも民営化志向とか、高税率を伴うなんでも公的負担とか、全く抵抗力のない非武装中立、逆にちゃっかり侵略を認めてしまっている軍隊の保持とか、両極ほど怖いものはない。

 なんだか、この頃の日本はバランスがあったように思う。
 太平洋の向こうの新興国に挑発されて戦争を仕掛ける、わずか数年前の話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さっさと報告せえ!

 先輩の気分が悪いようなので、話を聞いてみると、
 「新車が納入されたが、勝手にネジ穴をつぶしてまでナンバープレートを取り付けやがった」
 
 確かに、客が触る前に「きず物」にされたのは間違いない。
 それ以上の問題点は、ディーラーの営業が顧客に断りなく、非常手段を行使したことである。

 「すべてown riskでまかなえ、かよ。」と先輩は吐き捨てた。

 『自発的に関知して来ないのだから、あなたの責任ですよ』
 また、アメリカのような訴訟社会に近づいている。

 さらにその先輩に援軍をあおいで、A社の代理店Bとの交渉に臨んだ。
 ある保守契約について1年も遅れて請求書を出してきたので、支払いかねると主張していた件だ。実際の契約期間内に、B社からの連絡はいっさいなかった。このため今年からは再開という形をとるつもりで、サービス規約には「保守サービスの再開には、空白期間の料金を支払え」との文言はなく、主張は通るかと考えていた。
 
 が、彼らが出してきた「規約」には、再開には前月までの保守料金を支払うことが義務付けられている。

 なんやこれは!と、
 すでに渡されている当社持ちの規約を出して、威圧をかけてみる。 
 「こちらが知らされてない内容ですよ、先に報告してくださいよ!」

 とそこで、先の先輩が抑え役にまわりつつも、代理店Bを刺す。
 「まあ怒るべき場所ではないんですけど、元売りのA社が告知してないのならそちらの責任になります、調べてください。でも、ここで退かれるなら、代理店にあたるB社さんを叩くしかないですね・・・」

 一種の連係プレー。
 あまり褒められた主張ではないが、言うだけ言ってみるしかない。

 以前であれば、お互いが更新時期を見計らって連絡したものだ。
 が、ここは私も悪いのだが、代理店Aとは没交渉になっていたため、なんの音沙汰もなく1年が過ぎていた。

 難しい。両成敗のはずが、退いてしまえば一方的に自社側が「悪い」という可能性も出てくる。
 まさに、「own risk」の闇に葬られそうな所で、なんとか製品購入当時の規約を叩きつけた状況だ。

 ・・・気がつけば、俺も訴訟社会の住人か。
 すでに、「オレが悪い」を言えない立場にいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

褒められる理由

 最近の仕事評価。こういった基準で褒められるケースって、結構多いと思う。 
 箇条書きしてみる。

   1.明るい>暗い (明るいほうが褒められる・以下、同義)
   2.有言(能弁)>無口
   3.有名>無名
   4.挑戦(波乱)>安定
   5.技巧(器用)>素朴
   6.理論(数値)>情緒(感動)
   7.従順>自立
   8.利潤>効果
   9.派手>地味
  10.単独勝利>共存共栄
  11.欧米的>アジア的

 なんというのか、不器用にコツコツ働く人が褒められにくい世の中になった気がする。
 もともと、俺は褒められるような人間ではないから別として、ここ最近「褒められる側」に居る人をみていると、「それほどでも」と思わされるケースが少なくない。

 無謀な計画でも、数字で語れて声が大きければ○。(各社)
 下請けを低単価でコキ使って死人が出ようと、良品?が安く仕上がれば○。(各社)
 法をすり抜けて搾取して、破産者続出でも自社だけ巨利を得れば○。(各種ファンド)
 金利を上げて、まだ調子が上向かない中小企業が利払いに苦しもうと○。(日銀)

 ふうん。勝手にしとけ。
 同調する気はない。 

 そういう俺をみて、30代半ばで課長に昇進した先輩はこういった。
 「おまえ、素直すぎるんだよ」

 俺が昇進その他を1歩前で逃している、原因はそれだ。理由の5.と7.でダメだ。
 あと、前向きに見えても無茶な計画だとわかると正直に反論するから、4.9.でアウト。
 追加の細かい仕事をスムーズに引き受けてもらうために、わざと委託業者の利益余分を確保して値引きを止めると、「ぼられてるんやろ」と怒られた(が、無視した)。6.8.10の理由だ。あ、個人的には11も。

 もう、8敗しているではないか。
 アカン、褒められへん。

 でも、俺はそれで良え。
 そこまで褒められるために働きたくはない。
 早くも白髪が混じってきた先輩の頭を見て、本気でそう思う。
 「ストレスたまってるんですねえ」口にはださないが。

 冒頭に11の褒められる条件をあげてみたが、実は左右両側の要素ともにバランスよく必要である。時に、どちらかに偏るのもいいが、長くは続かない。
 よほど賢い上司や会社なら、わざと無口にしている部下や、慎重に事を運んでいる若手をも支えるものだが、そこは心情。並みの上役だと、派手に弁が立ちチャレンジャー的な若者を愛して当たり前だ。まあ、自然は話である。

 11の条件中、6つ以上で褒められない要素が認められた人がいても落ち込むことはない。
 時代の方向性が変われば、急に主役になれるだろう。
 褒められない側に立っているうちは、過剰に仕事もふられないだろうし(嫌な仕事はあるかもしれないが)、力も蓄えられる。なんだったら、独立の準備をしておいても良い。

 確かに、褒められたい。
 でも、褒められずにわが道を行くことも大切だ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

忘れていた祇園祭…

 うむ、ショックである。
 山を曳いた経験もあるこの俺が、祇園祭の日程を忘れていた。

 「3連休が楽しみ」「京都にいます」というようなキーワードが入ったメールを金曜日にもらったのだが、その時点では思い出せなかった。さらに今日になって、あるチャットに出入りしてみて、ようやくその話題がふられみて、地元・京都の大祭に気づかされる。

 あわわ。俺はそんなに地元から離れてしもうたのか・・・
 もっとも、宇治が実家だから、中学生までは京都市内でやる祇園祭にあまり縁が無い。
 が、高校3年からはこのような調子で祭に参加していた。

  高3:(遊び)彼女連れだったはず(見栄を張ってみる)
  大1:(バイト)黒主山の曳き手として参加
       →次の年の大学カレンダーの写真に採用される
  大2:(遊び)ハッキリ覚えていないが、友人とうろついていた。
  大3:(バイト)コダックのレンズつきフィルムの売り手として参加
       →社員から定期バイトに誘われたが、断った。
  大4:(遊び)多分、彼女連れ(もう一回、見栄を張ってみる)

 5年連続で何がしかに関わっていたのだが、就職して東京に来てしまうと、バッタリと俺と八坂さん(祇園)や山鉾との縁は薄れてしまった。
 阪神タイガースの成績は気になるくせに、日取りまで忘れてしまう祇園祭とは、俺にとってどんな存在だったんだろうか。

 たまたま3連休か。
 祇園祭だけで京都に帰ったことはない。
 でも、それもありかと思うこのごろだ。

 まじで・・・どないしよ。(^_^;)
 8月は二回も関西に帰る予定だから、無理は避けるかな・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

初恋の責任。あとがき

 前の記事、初恋の責任。
 わざわざ、三億円事件の発生時刻である 9時25分に自動公開設定をしたのだが、その日の14時からココログが全面メンテナンスに入るのを忘れていた。閲覧はしてもらえただろうけど、おかげで、タダでさえ少ないコメントなどをもらう機会を失った(苦笑)

 それはともかくとして、10日の夜に記事を書いた後で、ぽつぽつと考えていたことをまとめておく。

 作中の二人に共通する特徴を「不器用」と書いた。そう、不器用であるというのは、世間を泳ぐ気がない証でもあり、無欲の象徴ともいえる。
 また、二人は同時に「誠実」でもあるようだ。確実に事を運びながら、獲得した大金に全く手をつけない実行犯・みすずと、その後の生活の支えまで手配した計画主犯の岸。
 
 不器用であり誠実というのは、徹底して人を信用したい心持の現われだろう。
 みすずは父を亡くし母に捨てられ、親類を転々とする居候、岸は政治家の妾腹の子という設定だ。すでに表舞台に出づらい、「負」の立場にいたからこそ、せめて自分だけは人を裏切りたくないという思いが強められる。
 ずっと前から、俺はこのような「負」を解する人が好きらしい。「初恋」にハマったのも、1968年の設定ながら、なぜか主役の二人は学生運動その他の流行(=「正」の立場)から距離を置いていて、全時代から共感され得る芯の固さ、つまり自覚ある不器用と誠実さが受け取れたからである。

 以前、一浪経験の後輩にこのように言われたことがある。
 「近藤さんって、浪人したように見えますね」
 褒め言葉として受け取らせていただいた。
 大学受験当時は第二次ベビーブームの影響をうけて、一浪二浪はザラだった。俺は自分の程度を悟り、はじめからセンター試験を捨てて、まぐれである私学の合格通知をいただくことになった。町内会長だった父が裏の田んぼが住宅化される際の日照権問題でもめてたりとか、母方の叔父が同市内の実家をマンションに建て替えたりとか(その棟上式の日が俺の合格した試験日)、いろいろ騒がしい年だったが、なんとかなった。

 あかん、話がずれそうや。
 俺は現役合格者かつ留年も就職浪人もなしの「正」の立場であるはずだ。
 だが、後輩にしてみれば「負」のニオイがするらしい。
 その理由と思われる部分を語ると長くなるが、決してモテなかったし、決して成績は上位でなくケンカは強くないし(口喧嘩とタイマンは別)、華々しい身分ではなかったからだろう。
 あと、自営事業をやめてしまった父の、野球と酒と読書に生きるつつましやかな姿勢が影響した可能性もある。なにしろ、「天職には、就けへんもんやぞ」と、二十歳前の息子に堂々と諦めの思想を説いた人だ。
 この思想が行き過ぎたのか、コミュニケーション手法は明らかに攻撃系のくせに、得意とする仕事は事業管理や財務系など守備系というイビツな状態が続いている。私の業種や職務とパーソナリティをご存知の方なら、ご納得いただけるかと思う。

 責任という表現は、相手にとっての「負」をも予測して行動する優しさや誠実さに対して使った。

 勤め先で、この手の「責任」にかける後輩を見かけて、惜しく思うことがある。
 話の進め方に「私たちにとって、これは必要だからお願いします」というような、自分の立場からみた絶対善を主張する場面が多い。女性だからこそできる「押し」の口調を使いながら。気が強くない人が彼女の要望(要求)を聞いてしまえば、「これはやらねばならない」と無理をしてしまう恐れがある。実際に先輩にあたる人々が要件を丸呑みしている姿を何度も見てきた。もっとも、断りを入れたり代案を進める場合、理由を話せば彼女は理解してくれるので、しっかり話さない人々のほうが悪いのかもしれない。
 人を嫌気にさせない主張力は、間違いなく優秀と認める。さらに、相手方の意思や需要を確認する余裕があれば、もっといい。まあ、贅沢すぎる要望(要求)なので、彼女にほのめかしたことさえないが(笑)。
 
 計画を打ち明けた岸は、何度もみすずに「やめてもいいよ」と確認した。
 相手の需要を正確に知る術は存在しない。知ろうとする姿勢が信頼の第一歩だと思う。

 まだまだ、俺には足りない。(疲れてやめてしまうかもしれない。)

 参考:中原みすず著「初恋」 リトルモア刊行
 映画「初恋」サイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初恋の責任。

 この歳で俺が初恋と言うわけではない。
 映画にもなっている『初恋』という物語の話題だ。

 「なんやそれ。」「また”釣り”か…」と、思われるかもしれないが、劇中とはいえ、今では少なくなった男のタイプを考えてみたい。
 
 題名の通り、責任が取れる男のことである。

 あるシステムの不具合についての相談を、利用者側である隣の課の先輩(入社は俺が先だが)に相談した。

 先輩「影響範囲いっぱいまで告知してくれ。あの課もこの課も。」
 俺「混乱を避けたい。第一報はまずあなたの課にとどめ、翌朝になって詳細が判明したらご希望の課全てに告知したい。」
 先輩「だったら、君のところの課長の判断で決めてくれ。」

 うーん、『全部あなた方のせい、俺は決めないよ』の姿勢。
 後追いで全容を把握しながら、何とか指揮をとっている俺にはつらい態度。
 まあ、しかたがないか。
 別の先輩が私的ルート?で要望してきて、やみくもに構築されたシステム。担当した後輩は、全体的な整備をしないまま辞めていった。結果、担当する協力会社は3つにまたがっており、何よりも、一切の資料が残されていない。
 
 何をするにしても、後のことを考えてほしい。

 そう、後のことを考える男が少なくなった。
 やっと本題に入れる。

 初恋。
 三億円事件(1968年12月10日に、東芝府中工場向けボーナス資金がごっそり盗まれた事件)の実行犯は、女子高生だったとの仮説で話が展開される。
 居候先の叔父夫婦から事あるごとに冷遇を受けている、孤独な少女・みすず。久しぶりに再会した生き別れの兄・亮が渡したマッチを手がかりに、彼女は新宿のJAZZバーに出入りするようになる。そこで、亮の友人である東大生・岸と知り合う。
 
 ややネタばれになるから、観てない人、読んでない人はご注意を。

 学生運動華やかりし時代。角材(ゲバ棒…「ゲバルト」はドイツ語で暴力の意)、火炎瓶なんでもござれ。反抗がファッションであった時代。
 権力の最先端・警察は、暴力でこれを押さえ、多くの若者が流血した。

 岸は、力ではなく頭で勝負したいという。
 そして、計画の実行をみすずに頼むのであった。
 『お前が必要だ』


 事は成功した。だが、本音は言えない。
 「好きな女がいる」とみすずに打ち明けるすも、それが誰かとは「お前はガキだから」と口を閉ざす。反面、「好きではない女なら、頼まれればなんでもする」という岸。

 さらに岸は、駒場寮時代の友人(つまり東大生)・大村の話をみすずに聞かせてやる。
 好きな子がいると相談された岸は、「そんなに好きなら連れ出してやってしまいな」と勧めた。だが、すれていない大村は話を進めすぎて、屋外で声をかけた後、結果としてその子を押し倒してしまう。しかも相手は未成年、警察沙汰になって「犯罪者」の名は彼の故郷にまで知れた。
 結果、行き場を失った大村は自殺の道を選ぶ。
 それでも大村は、「お前が友達だった」との手紙を岸に残した。

 みすずは当初こそ「許せないよ!」と言うも、岸の複雑な表情を見てなぐさめの態度に転じた。
 純朴な友を喪失した痛みを理解して欲しい反面、彼のような行動は相手にとって不幸であることをあらためて悟った岸。すでに今の彼には、「許せないよ!」のほうがよく響く。みすずに対して同じことはできなかった。実は親友・亮の実妹であるという事実も、彼にとってのブレーキになっていた。
 なんというのか、社会的責任を重く感じたというのか。それ以上に不器用だというのか。

 据え膳食わぬ男のことを「ヘタレ」という。
 「ヘタレ」には二種類いて、

  1.単に実行力のない男
  2.後のことまで考える責任感ある男

 ということになろうか。
 岸は、後者らしい。

 1969年3月になって、岸はみすずのために本郷にアパートを借りてやり、当座の生活費までも提供してやる。早大入学を機に叔父夫婦の元を出る、彼女の身が立つようにしたのだ。そして彼は日本を発った。

 己の勝手な計画に組みしてくれた感謝だけでなく、
 事件前と何も変わらず、一銭も要求しないみすずに、心底惚れた岸。
 彼の静かな責任感が、そこには横たわっていた。

 そんな、根強い優しさを持つ男が減った気がする。 
 
 こうありたいと思うのは、俺だけではないだろう。


 参考:中原みすず著「初恋」 リトルモア刊行
 映画「初恋」サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

31歳、ちと弱気で。

 「しゃべらなければモテますね」

 やかましいわい。
 そんなこと、とうの昔に気づいてるわ(苦笑)。

 俺の毒舌・直言癖が、コミュニケーションの壁になっているのは事実。
 直そうと思っても面倒くさくなって、気づいたらこの歳になっていた。

 ある同僚女性とのやりとりを思い出した。

 同僚「このサンダル、いくらだと思う?」
 俺「8500円ぐらいかな・・・」
 同僚「なんてこというのよ、これBEAMSで買って29000円したのよ!」

 デリカシーがなくて、素直に言うてしまったというところだ。
 もっと高めの値段を言うておけば良かったのだが、この件では別に後悔していない。
 価格の高さやブランドを誇る発想、その価値観を否定する気はない。
 が、合わせる気もない。
 
 このままでは、疎まれ続ける。
 アホや。

 言いたいこと、思ったことを表現できる。
 確かに、さまざまな交渉や客前での対応能力で評価いただけることは少なくない。
 人前でのプレゼン(ていうか演説?)でも、ウケもとりつつ、内容も加味できる。

 が、その裏返しとして、
 周囲を不快にさせかねない、感情表現までもが口を通して出てしまう。

 俺のように、人前でも話ができる人間というのは、
 余計な劣等感や憤慨までもが、人目にわかるように出せてしまうのだろうか。
 確かに、溜めて溜めて大爆発する人よりは危険性が低い。
 が、小爆発がそこそこあるわけで、周りにしてはウザくてたまらないはずだ。
 「あのボケが」とか、平気で会社で言うてる。関西弁で。
 関東以東出身の同僚にしてみれば、怖く感じるようだ。

 ある先輩から、
 「(所帯でも持って)落ち着けば、大人しくなるのにね」
 といわれた。
 
 今年40歳でまだ独身のお前に言われとうないわ、とは思うが、
 この分析は当たっている。
 
 それで、先輩の言動の真意を聞いてみた。
 「焦りが見えるんよ。女性問題とかだけでなく全般的に。」
 「自分のイメージと現実が離れているのが、不安なんだろうね。」
 「他にはけ口とか目指すものがあればいいんでしょうが…」

 やはり分析は当たっている。
 社会活動系を減らし、昨年から本業専念としてみたは良いが、
 俺の思いとは裏腹に、会社の方向(社風)が自分とは遠いところに進んでいく。
 社長が悪いのではなく、俺に合わせる気がない。

 それに、先ほどのBEAMS女性のような価値観は、首都圏に多いようで、
 物的・表面的な交流をまず喜ぶ土地柄?に疲れてきたのもある。

 もう、パスポートの要らない東の異国にでてから9年目。
 やっと望郷心が生じてきたこのごろだ。


 そうそう、
 最近、ブロクでは露出ネタが多い。
 なるべく私生活を出すまいとは思っていたが、
 それはそれでありだろう、との発想も生まれてきた。

 人間、強がらずにある程度は弱音をみせてもいいだろう。
 それと同時に、他人の弱音を認める度量を持てばよい。

 「武士道」は弱者へのいたわりを重視する。
 曲がりなりにも「愛知県士族=尾張藩士」の系譜を継いでいる以上、
 その心は受け継ぎたい。

 親父はそういうところだけはしっかりしていた。
 俺が生まれた頃は、マルチ商法(合法)に興味を示すなど、
 金銭感覚的にはどうしようもない人だが、
 今失われつつある、数値で競争させる社会(ユ○ヤ=アメリカ的な)では無視される、
 いたわりの心栄えのある人だ。

 俺はそこがまだまだ足りなかった。
 以前から、人の愚痴は良く聞くほうだし、
 当然ながら自分も音を吐くタチだった。

 だが、まだ甘かった。
 まだ「強がり」の虫がうごめいていたのだ。

 今の俺の、感情が口をついて出てしまう状況は、
 弱気なのではなくあくまで「強がり」が原因。
 知らずのうちに自ら高揚させたり、
 あるいは鬱(うつ)を避けるべく、強気の発言をする癖なんだろうと思う。

 「弱気もアリやん」と思うように、努めたい。
 人に頼ったり、あるいはもっと現状を容認したり、
 さらに周囲の流れに合わせる己を磨きたい。

 独りで終わる完全主義ほど恐ろしいものはない。
 人と力を合わせることができなくなるから。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »