« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

怒る理由が違うわい。

 自転車は軽車両である。
 『自転車通行可』とある歩道があることはご存知の方も多いはずだ。そう、自転車は車道を走る乗り物である。Bicycle-File「自転車Q&A・道路交通法関連」

 週に何回かは自転車で通勤している俺だが、その帰り道であからさまにクラクションを鳴らされたのは、今晩20時前のことだった。
 しかも左に幅寄せしてきている。威嚇行為には間違いない。

 幅15mはある片道二車線強はある道路で、一部は駐車可能になっている。自転車専用走行帯もないから、
うるさく言われる筋合いはないと思った俺は、信号待ちでとまったその車と駐車中の車の間を減速して通り抜けてやった。
 すると、助手席の窓がしっかり開いてきた。

 「歩道を走れ、バカ」と、○○そうな怒鳴り声がする。

 反論しようと思ったが、気がつくと10メートルほど進んでいたので、あきらめた。

 で、怒鳴り主が出しているウィンカー表示は『左折』。
 直進する俺とは、この交差点でお別れになるらしい。

 この交差点を越えれば車道の幅自体が狭くなる。青信号で直進して、歩行者を確かめつつ歩道に入った。いつもそうしているから、そうしたのだ。

 が、走りながら、クラクションの直前を思い出してみた。


 …あ、
 もしかしたら、俺の方が悪いかもしれない。


 悪いとされる出来事は、同じ片道二車線強かつ自転車走行帯がないという条件下で起きている。もちろん車道の左側端を走っていた。
 付け加えておくと、俺の自転車は古き良き?ロードレーサー(ロードバイク)タイプだ。街中だと最高で時速50km、平均でも20kmぐらいは出るから、走っている自転車の95%以上は追い抜く対象になってしまう。

 そこへ、○○そうな親父さんがママチャリでやってきた。
 しかも右側から車道を斜行横断してくるから、俺の視野からすれば右前方を横切られるようにみえる。

 う、うざい。

 そのうえ、スピードが○○そうな奥様並に遅い。
 このままではすぐ追いついてしまう。

 スピードを緩めることも考えたが、追い抜くことにした。

 が、○○そうな親父さんは、左端への寄り方が中途半端なうえに、しばらく駐車列が続いたため、俺は車と○○そうな親父さんのママチャリのさらに右側から追い抜いた。

 結果、俺の自転車は車線を大きく妨害したことになる。
 
 車と○○そうな親父さんと俺とで、合計1.7車線は使ったから、残り0.6車線ぐらいだ。
 後ろにいる車にすれば、『歩道を走れジジイ…いや、そこの抜いた奴!!』の思いだろう。

 あ・・・そういうことかと。

 この妨害された車の運転手が、あのクラクションをならした○○そうな怒鳴り声の持ち主であったならば、確かに俺は、申し訳ないことをした。この場を借りてお詫びしたい。
 路面も雨で濡れていた。急ブレーキにせよハンドルを切る判断にせよ、一定以上の恐怖を与えたことは想像に難くない。

 ただ、『歩道を走れ』は見当違いなご指摘である。
 『無理な追い抜きをするな!』と怒鳴っていただきたかった。

 そうしていただければ、俺は停車してあやまったかもしれない。
 たぶん。

 明日はまた小倉出張である。
 今度こそ、豊前小倉の土産を入手したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

decide to live.

 変わるにはもう遅すぎる。
 後は老いていくだけだから、もう死ぬんだ…
 28歳の彼女はこう言われた。

 「あんたもオナニーやってみなさいよ」

 映画『ベロニカは死ぬことにした』の一節である。
 嫌われたくないから相手に合わせるのではなく、まず自分が楽しめと。

 生きる喜びとは、概ねは自分の中だけの価値観で決まることであり、他者のそれを真似て満たされるものではない。当たり前のようで、現代人が忘れがちな基本原則だろう。


 職場の後輩の一人がこう悩む。
 『私は何を求められているんだろう…』

 彼女は周りの先輩を手伝うことから始めた。細かい作業から交渉の代理まで。ただ、性善説を取りすぎる彼女の行動はどうも不安で、引き受け難い量の仕事まで背負い込むようになった。
 そこへ、頼まれもしないのに、さらに私の仕事まで手伝おうとする。無下に「やらなくていい」とは言えないから、うまく交わしていくのだが、その反面、味を占めた心の拙い同僚は彼女にどしどしと仕事を投げつける。

 「あまり仕事をかぶりなさんな」と勧めても、彼女は聞かない。
 それで、親会社から来た社員を怒鳴りつけたこともあった。
 別の後輩、彼女にとっては先輩にあたる男性を頭ごなしに叱咤したこともあった。
 俺とは違う種類の馬鹿が後を絶たなかった… 

 ようやく収まったのは、別の部署に出されてからである。先輩達を手伝っていたことに対して、大した評価がされていなかったことに気づいたからだ。
 気が付けば、利用されて無意識に自分の意思を薄めていた彼女は、自分のやりたい事が見えなくなっていた。いや、考えようとしなくなっていたのだ。

 「居心地のいい環境をまず選べば、良えんと違うか?」
 『でも、何もわからないですから・・・』
 

 俺も彼女のことをどうこうは言えなくなってきている。
 人に尽くすだけ尽くしてのような馬鹿なことはしないまでも、「やりたい事」が朦朧とした状況はさほどに違いはない。フラフラしないように、まず石の上にも三年と考えて今の会社で粘ったが、今や9年目。変わるには遅いといわずまでも早くはないと感じる年頃になっている。


 そろそろ、我がままで行こうか。とも思う。
 我がままなヤツほど、確かに良く生きるから。

 本当に自殺した女性を思い出すと、二人ともよく気を使う人だった。話ベタと、大酒ぐらいの男勝りの違いはあったけど、どこかで自分の欲を隠している。
 特に後者は他人から見て明らかに「活発な」女性であった。が、それもまた、周囲への気使いだったのだ。
 ある意味、俺と似ているかもしれない。

 もちろん、我がまま放題を続けて周囲の不興を買い、やがては孤独になり死に至る人もいる。

 だから、今までより少し我がままに。
 20歳前後よりは第三者の気持ちがわかるようになった上での、我がままの運用を始めてみたい。

 それが、おそらく生きることだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺を(間接的に)困らせる女性たち

 久しぶりに何や?と思われるタイトルだが、要は本人に悪意がないにもかかわらず、俺が迷惑をこうむる事例の紹介だ。勤め先の社風は大体好きだが、女性に甘くて、また甘えたがる男が多いところは好きになれない。
 そういった、環境下での事例をちょっと挙げておく。

 先に言っておくが、特定の女性をモデルにはしていない。数ある事例の集大成である。


 【ガード固すぎ女】

 隣席の同僚が風邪を引けば、マスクをする。
 休憩時間でも自分の袖机は必ず施錠する。
 なによりも、自分のことは語りたがらないくせに、人の噂話には寄り付いてくる・・・

 典型的な難攻不落女性がそこいらにいる。可哀想なのは、こういう女性についた男後輩で、あまりにも防御本能が強いのか、なかなか情報を出さないらしい。お客様からサービス障害の連絡があっても、事後報告になって後輩の元に来た時には大事になっていたりとか、いつも苦労させられているそうだ。で、その後輩の愚痴を聞くは俺だったりする。
  
 勝手ながら、この手の女性には、すぐには親しげにならないことがポイントだと思っている。「親しげ」に近づいてくる事自体が警戒の対象となり、『こいつは私の「女」に寄ってきてるのだ』と感じられやすい。軽視されないように、あくまでただの同僚として接するのコツだろう
 そういう態度の私を『近藤さんはもてる人に違いない』と評したらしい。
 うーーん、違うんやけどなあ。


【擬似恋愛女】

 擬似恋愛は言い過ぎかもしれない。自分のためになる、あるいは好意を持って接してくれる人には、思いっきり愛想を振りまいてしまう女性がいる。ただし、一定線以上のルックスを持つ男性に限る。結果として、複数の男性同僚から寄って来られる。
 まあ、ここまでは良くある話なので、批判の対象にもならない。
 が、愛想を振りまいてもらえない男性や、あるいはその男が寄り付く姿をみている女性にとっては、不快の対象になる。で、その愚痴を聞かされるのは、やはり俺だったりする。


【要求連発女】

 営業や企画担当が、提供するサービスの目的と内容を決め、システム部門や製造部門に発注する流れは、多くの会社にある話だ。
 その際に、ただただ企画側の仕様要求ばかりを並べ立てる人は、どこにでもいる。
 では、要求側が弁の立つ女性で、開発製造側が職人肌で話ベタの男性ならどうだろう。

 結果は最悪。
 テストが終わっても追加要求を出し続けるから、なかなか発売やリリースができない。
 その愚痴を聞いたり、結果として追加テストに立ち会うのも、この俺だったりする。
 
 気になって、この手の女性の一人と話したところ、
 「(こういう態度は)女性だからできることですよ」
 と、自覚しているコメントを得た。
 ある意味、さっぱりしていて好感が持てる。

 そもそも、口下手すぎる開発製造担当も悪い。それ以上に、中間で調整する人物を配さなかったことにも問題がある。その後彼女は、システム側と同じ部署に配属となり、システムリリースの責任を負う立場となった。これで、企画側も開発製造側もお互いの立場を考えざるを得なくなる。なかなかいい人事だ。

 ----

 まあ、ざっとこんな感じだ


 ・・・・ 


 良く考えてみたら、


 愚痴いうてくる男性同僚のほうが、よっぽど俺にとってわずらわしい。


 ついここ2、3日でも、つれない扱いを受けたといって、『その女性は二度と助けてやらん。』といちいち宣言してしたうえに上司にも苦情を述べ立てたと言うてくる男先輩がいたりとか・・・


 ふう。
 どこの会社でもある話なんやろうなあ。 
 
 あなたの勤め先では、いかがですか??
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »