« 「改革バカ」の正体とは? | トップページ | 自信を持てない人こそ »

働く理由について(人材業界と京都市左京区のみなさん必読?)

 ドラマ・ハケンの品格、実に面白かった。
 「数字」と「時間」と「資格=効率」でしか表されない、現代における労働事情の矛盾をあからさまに書いている。篠原涼子がスーパー派遣社員・大前春子役を好演して、しっかりとアンチテーゼの発信役を務めてくれた。

 さらに忘れてはならないのは、小泉孝太郎が演じた里中賢介主任が発している重大な問題提起だ。
 あの戦争に負ける前までは、多くの日本人がもっていた「働く理由」を彼は持ち続けているのである。

 ----

 有名な人材関連企業に勤める友人から聞いた話だ。

 『(生きるためとか、家族を養うという理由以外に)世の中の人は「憧れ」で働く気力を上げている。トヨタであれば世界にはばたく誇り、すなわち良質で安い車を行き渡らせる喜びで、働いている。が、ヤマト運輸のように全国津々浦々に宅配網を持つといった目標を達成してしまった企業は、代わりの「憧れ」がない今、相当に悩ましいことだろう』

 ふと感づいた私は、彼にこう聞き返している。

 『「憧れ」よくわかりますよ。IT業界だって数年前はそうでしたし。でも、その昔、「憧れ」がなくても、世の中の人がしっかり働いていたのはなぜでしょうね…?』

 すると、彼は悩んだまま、答えが出せなかった。
 が、家に帰ってから少し考えた私に、案外簡単な答えが思い浮かんだ。

 そう、

 「公共心」が最大の働く理由であった。
 
 昔は働きに出ることを「奉公」といった。
 読んで字のごとく、公=社会に奉り仕えることである。
 また、”働く”の語源は、”端(はた)を楽(らく)”にすることからきているとも言う。

 理不尽が上司が居ようとも、多少給与評価(そんなものはあまりなかったかも)が悪くとも、小さくとも自分が社会のために役立っていることを誇りにして、働こうと。

 ハケンの品格に話を戻すと、小泉孝太郎演ずる里中主任はしきりに「社会のため」を気遣って働いていた。売り出す弁当箱への米プラスチックの採用(再使用かつ生分解可能=環境問題)や、派遣社員に対する処遇の改善などなど。
 たとえ同期の東海林主任(大泉洋)に仕事を横取りされようが、「公共心」が先にあるから、『誰がやっても実現すればよい』と全体論で考えられるのだ。(あくまで役中の設定ではあるが)


 よく聞く転職の理由はおおよそ、「公共心」の逆である「私欲」ではないだろうか。
 
 ・正当な評価が得られない
  (評価する奴が「私欲」だからどうしようもないか)
 ・もっと収入が欲しい
  (よりひどい収入格差が持ち込まれたからしかたがないか)
 ・楽に仕事がしたい
  (楽な仕事を「いいこと」だと宣伝するメディアが多すぎるw)

 うーん、段々と悪い方向にいっているような。

 東大法学部出身の国家公務員一種試験の合格者ていうか受験者が減っているらしい。そもそも国立大学には、国家の税金つまり公共の財産を使って学問をする以上、その多くは公共の職業について欲しいという、暗黙の了解があるはずなのに、崩れてきている。
 防衛大卒業生の自衛官任官拒否よりははるかにマシとはいえ、どうもせつない。

 私の世代いや、団塊世代より始まる「公共心」の薄さは、やはり敗戦後の教育改革以来の問題点なのかもしれない。マッカーサー率いる連合国軍によって、修身を始めとする情操教育が大幅に削減されてしまったのが、ことの始まりのような気がする。


 そういえば、これに似た話を別の友人としていた。

 吉田健一という学生時代からの友人で、ちょうど似たような話がWeb 上に残っていた。
 教育問題に関して、何件か書いている。

 吉田健一(松下政経塾当時のサイト)

 ちょうど、今回の京都市議選(左京区)に立候補するというから、「公人」扱いにして名前も公開してもいいだろう。


 『もし総理以外の大臣になれるんやったら、どれがええ?』
 と吉田健一と話したことがある。

 彼は当然、文部科学大臣。
 対して、俺は総務大臣と答えた。

 『何でや?』と聞かれて、
 『大体、そういった問題点はメディアがさらに深めている面もあるでしょう。各マスコミがある大勢力に脅されたかのような記事や番組作りをする状況を、まず打破してやらないと。それからまじめなコンテンツも育つんとちゃうかな…』

 吉田健一は非常に納得してくれた。

 その彼が無所属で京都市議会議員選挙に挑む。
 彼の「働く理由」に共鳴できた方は、ぜひ応援してやってほしい。

 

|

« 「改革バカ」の正体とは? | トップページ | 自信を持てない人こそ »

コメント

近藤さん、まとまった、なかなかいい物書きますね。
共感できました。

今度、飲みに行きませう♪

投稿: ぎしけん | 2007/03/27 01:34

>ぎしけんさん

また、よろしゅう。
つうか、近いうちに花見とかいろいろあるんやけどw

投稿: こんだい=筆者 | 2007/03/27 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/14403893

この記事へのトラックバック一覧です: 働く理由について(人材業界と京都市左京区のみなさん必読?):

» 人材派遣のことを考える [人材派遣]
人材派遣 [続きを読む]

受信: 2007/03/26 09:50

» 小泉孝太郎が役者としてやっていけることを評価された!! [話題の仰天時事ニュース]
人気番組「ハケンの品格」(日本テレビ)の最終回が視聴率26.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。これは今年のドラマ視聴率のベスト3に入る快挙だ。ヒットの理由が26種類もの資格を持つ派遣社員を演じた篠原涼子(33)の存在感なのは言うまでもない。そんな中で脇役の小泉孝太郎(28)の演技も光っていた。 このドラマで孝太郎が演じたのは新設の部署に左遷されたダメ社員。これまで親父(小泉純一郎前首相)の七光でテレビに出してもらってい... [続きを読む]

受信: 2007/03/26 17:35

« 「改革バカ」の正体とは? | トップページ | 自信を持てない人こそ »