« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

松岡利勝氏について

 その後の情報でいろいろ思ったのは、
 松岡さん、板ばさみやったんですね・・・

 元農水官僚でもある農水大臣の彼はBSE 牛肉輸入再開の強烈な圧力に堪え、堪えていくうちに様々な疑惑報道が増え、完全に窮地に陥った。
 様々な疑惑報道も太平洋の向こうの仕業かもしれず、彼は国民の印象とは全く別にいい仕事をしていたのだろう。(この環境で、疑惑牛肉を拒否し続けた苦労が野党にわかるのだろうか??)

 「日米安保体制を活用して荒稼ぎしていたツケ」の犠牲者がまた出てしまったのかもしれない。
 もしそうなら、ご冥福をお祈りします。

 ----

 疑惑報道が太平洋の向こうの工作?だとしても、火の無い所には煙は立たない。
 つっ込まれるような行動をとるのが悪いのだ。

 だが、よほどの金持ちや地盤あるいは知名度がある人間でなければ、黒い資金や人脈・票田に頼らないと、簡単には選挙に勝てない現状もあるのだろう。選挙民にも責任がある。

 確かに、人気だけで当選する手もあるが、人気を得るためには、別の仕事(芸能・スポーツ)での知名度が決め手になりやすい。
 その場合、行政や立法に必要なノウハウから遠ざかりやすく、どうしても専門政治家のやり手に負けるケースが目立ってくる。東国原宮崎県知事とか今年引退する扇千景参院議長(元国土交通大臣)などは別としても、30代あたりから修行を続けてきた叩き上げの政治屋や、あるいは官界や一般企業で事務執行能力を鍛えてきた連中に、芸能・スポーツ上がりの人気者系人材はよほどの努力蓄積がない限りつらい。

 と言う意味では、西川きよし氏のように福祉に焦点を絞って活動したのは、賢明かと思う。
 まず「小さなことからコツコツと」でこの範囲はしっかりやります、と限定する。その上で、自らのメディアへの影響力をうまく使って政党議員の応援をして、見返りにその政党から議会での質問時間を分けてもらうなど、「人気」を活用した政治術が見え隠れした。この十数年間で介護系を中心に福祉制度が充実したのは、氏の活動を抜きには語れないだろう。
 
 で、人気があってかつ資質を蓄えたとしても、たとえばアメリカの田舎のように、牧師がTVに出て、敬虔なプロテスタントたちの投票行動を誘導したりすれば、もう個人の資質だけではどうにもならなくなる。
 日本でも、一部マスコミの報道に誘導っぽさ(一昨年までの小泉礼賛とか、その前の妙な民主党持ち上げとか…)が観られたり、アメリカの牧師さんみたいな事例もあったりする。それでも今の日本は投票行動が制約されるまでは行ってないから、選挙民ひとりひとりが考える余裕は十分にあると思う。

 選挙は、貧乏人でも無名人であっても権力者を選べる、すぐれた仕組みである。うわべの人気や短期的な魅力(一時の賄賂や優遇措置)だけで選んでいては、永遠に自分の暮らしは良くならない。しっかり考えねば。

 自分で考える人々が多ければ、うまく行く。
 意思表示(投票)を誘導される人々が多ければ、つけ込まれる。
 いわゆる「民主主義」が続く限りは普遍の原則だ。

 あのドイツ・ナチスも選挙で第一党になった政治勢力である。
 『お前たちが選んだんだ』と言われないように・・・


 常に自分で考えていないと、悪意につけこまれる。か。
 民主主義は大切だが、面倒くさいのかもしれん・・・

 大体、俺自身が常に考えているかと言われたら、
 自信はないなあ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

人生は天地人の掛け算で決まる。(自殺なんて愚の骨頂や)

 また、京浜東北線電車が止まった。

 決算発表・株主総会と続くこの頃。おそらく、まじめな財務会計・IR系のサラリーマンが命を絶ったのだろうか。
 相変わらず太平洋の向こうの圧力に負けて(全部負けたわけでもないのだろうが)、株式交換による三角合併が解禁されるわ→態度のえらく大きな機関投資家買収ファンドその他の代理人各位が株の買い付けをするわ、配当を上げろと文句をつけるわ。

 わが国企業における財務会計の各位にとっては、最低の年だろう。
 隙をみせれば、アメリカ系投資家などなどに会社を乗っ取られる。いろいろ騒ぎ立ててあるいはマスコミ工作(脅迫?)して、その会社が「悪い」と思わせることで株価を下げ、しっかり安くなった所で一気に買収をしかけるとか。ポイズン・ピルなり、マスコミ対策もとい社内外の情報統制なり、防止策を講じているうちにストレスがたまって、鬱になって自殺か・・・

 ともかくも、悪い時期である。
 大体、日米安保体制を活用して荒稼ぎしていたツケがまわってきているのだ。

 重ねて言うが、悪い時期なのだ。
 何でもかんでも自分のせいにすると、心身が持たない。


 物事の成否は、三つの要素から出来ているという。

 ・「時期」の運 
 ・自分がおかれた環境(身につけた能力・知識を含む)
 ・周囲の助けや自分の態度(判断)および努力
 
 言い換えると・・・

 「天の時」 
 「地の利」
 「人の和」

 この三つが掛け合わさって物事の成否は決まる。
 いくら「天の時」つまり運や時期を得ていても、能力や努力、周囲との調和がなければ事は運ばない。
 逆に「地の利」「人の和」と自ら努力を重ねても、時期が悪ければ決してうまくは行かない。

 そう、悪い時期なのだ。
 自殺した方々には、生前に「自分の努力だけでどうにもならないことがある」と、どこかで納得して欲しかった。「天の時」がなかったと悟ればいい。
 さすれば、自ら命を絶つことも無かっただろうに・・・

 物事のほとんどは「人のせい」であり、1割も動かせればいいぐらいなのだ。

 地元代議士に教えてもらった、松下幸之助翁の言葉を思い出した。
 『人生のうち、10のうち1でも動かせたら(多いぐらいや)、喜べ。』

 「天の時」もじわじわとよくなるだろう。
 地合の悪い時期はじっくりと待ち、苦しさを一時のものと思い耐えておけば、そのうち「天の時」がやってくる。

 もちろん、「地の利」を固めて、「人の和」を養うことを忘れずに。


  ----
 
 「太平洋の向こうの圧力」と
 「日米安保体制を活用して荒稼ぎしていたツケ」
について。
 よく取り上げてる話だけど、あらためて私なりのまとめを。

 60年前の敗戦を機に外交軍事の多くを勝戦国アメリカに任せ、少なくなった財力や人力のほぼ全てを経済対策や産業振興に回すことで、「日米安保体制に護られた経済成長」が始まった。(「まず国民が食べられなければ」との昭和天皇のご判断もあったと想像できる。)
 そのアメリカにも自動車や電子機器を売りつけ外貨を荒稼ぎした反面、大いに膨れ上がったドル残高を毎年兆単位でドル建て米国債の買いつけ(=ドルの値下がりを防ぎ、かつ米国の貿易赤字の穴埋めが狙い)に充てては両国の収支バランスを保ってきたのが、アメリカとの関係でみた日本の経済収益構造である。頼みであるアメリカの外交軍事力が弱りつつある今も、この関係は変わらない。
 国内経済でみれば、それでも余った金で公共投資を進めて、中央と地方のバランスを保っていたといえる。

 しかし、ここ十数年は、工業生産能力の優位を日本に奪われてしまって、気がつけば儲け口を大幅に減らしてしまったアメリカが、「もっと稼がせろ!護ってやってる恩を知れ!」と様々な形で圧力をかけてくるようになった。
 ここ最近の流れでいえば、先述の会社買収関連法制や郵政民営化(=日本国内公共投資以外への郵貯資金流出を可能にする)などの金融関係の圧力、そして牛肉やオレンジとかバイオ燃料の原料をうたったトウモロコシなど新たな貿易摩擦などなど(=故松岡農相関連)。もう戦争でもしてイラク人を何人でも殺して、強引にドル=石油代替通過の地位を確保したとしても、儲けが間に合わなくなった彼らの必死さが伝わってくる。
 20年ぐらい前までのアメリカはまだ儲かっていたから、日本の経済成長については、軍事拠点請負と自国国債の大量引き受けだけで黙ってみていられたのだろう。

 人は食えなくなれば、何でもする。

 現状、その大きな部類が、アメリカ合衆国とそれに巣食う大金持ちの代理人たちである。
 そして、60年前に自主外交能力などをいったん捨てても(今も捨てたまま?)経済を優先した、わが国の先輩たちも「食えねば何もならない」の気持ちだっただろう。


 ついでに、ナントカ還元水の松岡利勝農相が自殺との報道について。

 同氏は元々亀井静香派所属で鈴木宗男氏とも仲が良い立場だったのに、路線を変えて郵政民営化賛成→アメリカが支持する小泉政権に接近した。その論功行賞?が農林水産大臣就任のようだ。

 小泉時代とは一転した安倍内閣には麻生外相、久間防衛相と圧力を跳ね返せる閣僚が多い。そんな中で、郵政民営化を支持した実績もあいまって、唯一アメリカからはBSE牛肉の輸入再開受け入れに期待を持たれていたらしい。とはいえ、松岡農相はまだイエスとは言わずに逃げていた最中だった。(かつて彼の同僚や部下だった、農水官僚たちからの抵抗もあったと思う。)

 そんな中での自殺(他殺の可能性は消えない)は、果たして誰にとって打撃だったのだろうか?
 同氏の死によって、得をする勢力の側に答えがあるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6/2に飲み会やります。

あらためまして、こんだぃです。

私が住んでいる首都圏の○○で、飲み会やります。
ふるってご参加願います。
(○○は、私と直接の知人友人であれば、ご存知かと思います。)

       -記- 

 集合時間  6月 2日(土) 15時 (夜までやってます)

 集合場所 JR○○駅改札

 参加申込 私・こんだぃまで (連絡先は各位ご存知の通りです。)

  #途中参加・脱退あり。【当然】
  #ご都合がわからない場合も、お早めに連絡いただければ幸いです。
  #個人開催の飲み会です。なので、適当に参加ご検討願います。

 当日の流れ(予定・開催地が○○であること以外は変更ありあり)

  15時集合 ○○駅近辺で買出し
  15時すぎ 近所の公園や河原で野外飲み会♪
  夕刻以降 餃子店へ(雨天なら、集合してからすぐ餃子店へ)
  夜間   拙宅ほかへ(元気があれば・笑)

 人数や詳細が固まってきたらまた連絡差し上げるかもしれません。
 というか、人数増えすぎたら、この案内を消します(笑)
 以上、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5分でわかる?日本の歴史…80年サイクル説

 職場の先輩から聞いた話で、時代の覇権というものは概ね3階層で循環するということらしい。インドの学者ラビ・バトラ博士が唱えている説で、武人層→知識層→富裕層の順に交代していくそうだ。
 ただ、この各層は当人がどういう職業についているかではなく、あくまで「気質」であり、たとえ学者でも金儲けがうまければ「富裕層」だし、金持ちでも武器商売に従事していれば「武人層」になったりする。あと、僧侶や宗教・精神関係は基本的に「知識層」。

 それぞれの地域でこの循環が起きているらしく、私なりに日本ならば80年サイクルかな?と思ってやってみたら、意外としっくりきた。
 お時間があれば、見てやってほしい。

490
 武人(大和王朝の確立…継体天皇と蘇我一族)
570>蘇我馬子
 知識(仏教導入、朝鮮王族?の日本入り…聖徳太子[574-622]、天智天皇)
650
 富裕(平城京開創、東大寺大仏…聖武天皇)
730
 武人(東北支配と平安京開創…坂上田村麻呂、桓武天皇)
810
 知識(真言宗開宗、遣唐使の時代…嵯峨天皇、空海、橘逸勢=三筆)
890
 富裕(補足記述をよろしく…笑)>コメントへ
970
 武人(源氏平氏全国へ)
1050
 知識(真言密教の全盛…藤原頼通→平等院=1052年)
1130
 富裕(重商主義と庶民仏教の台頭…平清盛、法然)
1210>運慶
 武人(武家政権樹立…北条政子、大江広元)
1290
 知識(建武親政・南北朝…後醍醐天皇)
1370
 富裕(勘合貿易と芸能の発展…足利義満、世阿弥、鹿苑寺金閣=1397年)
1450
 武人(応仁の乱から戦国大名へ…伊勢盛時、大内義弘)
1530>千利休
 知識(茶道、僧侶の関与増=本願寺全盛、基督教…織田信長、顕如)
1610>鴻池新六
 富裕(住友、三井家の隆盛→新田開発も…紀伊国屋文左衛門)
1690>荻原重秀
 武人(武断政治の時代…徳川吉宗)
1770>多数
 知識(江戸後期の学問ブーム…本居宣長、大槻玄沢etc)
1850>坂本龍馬、渋沢榮一
 富裕(英米商人…グラバー→大財閥…三井三菱住友)
1930
 武人(国家総動員体制→米国による間接軍事支配…マッカーサー)
2010
 知識(?)


 もちろん、諸外国や全世界的にみれば違う流れになろう。
 現時点の日本が「武人支配」であっても、その影響の源である米国は「富裕層」の天下であるといえ、一方欧州ではいわゆる社民主義とか環境平和運動に代表される「知識層」が強い。

 これらが複雑に絡み合って、また世の中は動くのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »