« 喫煙室とか飲み会とか、社内交流の価値が下がっていくこの頃 | トップページ | 別の言葉はないのか?(政財界学者すべてのみなさんへ) »

果たして俺も天才か?(ケンドーコバヤシを語る)

 職場の後輩が面白いというので、漫才師・品川庄司の品川祐が書くブログをのぞいてみた。

 …面白い。
 中でも、この記事にはいろいろ考えさせられた。

 天才ケンドーコバヤシ

 しゃべらなくても、人を笑わせられる鬼才・ケンドーコバヤシは、努力をする前から既に芸人であり、達人なのだ。すでにテレビで見たネタを、うめだ花月で生で見たことがあったが、それでも面白い。人格すべてを芸にしている。いや、勝手にそうなっているというのか。

 品川は、この「天才」をうらやみ、素直に尊敬している。
 売れているトークのチェックを欠かさず、芸人・芸能人と人脈を作りネタを掘り出し、雑学知識の摂取と筋トレも続ける。両親が有名美容家である彼は貧困とは程遠い世界で育ったはずだが、それでもこのハングリー精神の高さがあるというのは、甚だ脱帽である。

 では俺はどうなんだろうか。
 「天才」を素直に尊敬してしまうのは同じだ。
 だが、そこまで努力はしない。

 あ・・・うらやましがらないから、努力しないのか。

 前にも書いたが、某人材系有名企業の友人が「働く理由」として教えてくれたのが、
 「憧れ」である。

 食うためとか、いい女(男)が欲しいとか、生理的な欲求をかなえる側面を一切省いた時に残る、「働く理由」を総称すれば、確かにこの一言につきる。

 つまり、今の俺には「憧れ」が足りない気がする。

----

 実の所、「憧れ」は何かの目標を上回る、いや追いつくことで達成感を覚えた時点で消滅する。永続的なものではないから、常に何かを上位に持ち続けないと「憧れ」はモチベーションの源泉として使えない。

 一方、ケンドーコバヤシなどの天才は、既に憧れた人間にとっての上位者である。もし彼がさらに別の上位者を目標にしていれば「憧れ」といえるが、彼の途方もない独自性をみる限り、そのような気配がしない。
 
 そこで、彼の発言を思い出した。テレビ東京が吉本興業と製作した正月特番でのことだ。HDDレコーダーで録っておいてあり、たまに観ているから良く憶えている。
 いす取りゲームで負けた人物が座れた人物を指名して、そのイスに張ってあるお題目(大喜利とか物真似とか)で勝負をして、笑いをとれた方が着席権を得て残る。そうしているうちに最後まで勝ち残った人間を優勝とする「イス-1グランプリ」なる企画で、この時は計11名の芸人が参加した。

 対戦2回目あたりで審査員の今田耕治が、ケンドーコバヤシがお笑いとは思えない血相をしているのを見つけて、司会の千原ジュニアにインタビューさせた。

 対してケンコバは、
 『みなさんがね、おそらくこの元旦というのは一年の計を立てる日やと思うんですけど、僕に関しては去年の後半からこの日・このコーナーに向けて仕上げて来てます。』

 と、得意のプロレスラー調(今田いわく「修斗風」)で語る。
 ネタを出す前から、すでに面白い。当然今田や東野は大爆笑だ。


 対して千原ジュニアは、まだ続くケンコバの修斗プレイに、
 『これは新しい風俗を見つけた時の顔ですよ』とコメントする。
 この表現はジュニアの天才性をもうかがわせる(笑)

 んで、この「~仕上げて来ている」というのはネタだけではないようだ。
 ケンコバ流というものを見せようとする、義務感?というのか、そういう匂いまでただよってくる。

 完遂する義務感…うむ。
 憧れではなく、これは「誇り」やな。

 ゲームが始まった後のケンコバは、イス取りに負けることがなかった。このため、対戦相手からの指名を待つ立場が続いたが、一向にお声がかからない。
 恐れをなしたほかの吉本芸人が避けたのか、決勝戦まで残す演出だったのか・・・

 M-1覇者のチュートリアル・徳井義実などは奪取、防衛、奪取と3回の対戦を制した後、4回目の対戦で敗れた。徳井に挑戦して勝ったのは庄司智春。そう、彼の相方である品川祐も出ていたが、かなり早い段階で敗退している。
 気がつけば、前々年のR-1ぐらんぷり覇者・博多華丸とここまで一切勝負がなかったケンコバの2人が残っていた。
 
 2人になってイスが一つになっても、一応音楽が流れる。
 音楽が止まると、ケンコバは座ろうとせず華丸に席を譲った。これは指名される側の立場=後攻を譲ったことにもなる。

 結果は、博多華丸の優勝だった。
 お題は「家族をテーマとしたトーク」で、気がついたら須藤元気の真似をするようになった母の話をしたケンコバに対して、「おい、このパンツゴムがゆるんどると」と言いながら、母のシャツを何度も穿こうとしていた華丸父の話が、2対1で上回った。

 瞬間、ケンコバは燃え尽きたように倒れこみ、あの力石徹のように動かなくなった。

 これがまた面白い。
 敗れても、しっかり自らの空気で場を支配したケンコバは、まさに天才である。


 「憧れ」が足りない人でもモチベーションを保っているケースはたくさんある。
 そのひとつが「誇り」であるとすれば、それは自信に裏打ちされることが必須だ。早い話が天才肌に多いパターンで、失敗した時に自分を責める心象が良くみられれれば明らかに「誇り」型といってよい。

 これって、まさに俺のことではないか。
 態度の源泉は、ただの自惚れかもしれない。
 いや、それとも天才なんだろうか。
 わからん。

 少なくとも、ケンドーコバヤシは、己の天才がわかっていないと思う。
 天才は他人からしかわからない。


|

« 喫煙室とか飲み会とか、社内交流の価値が下がっていくこの頃 | トップページ | 別の言葉はないのか?(政財界学者すべてのみなさんへ) »

コメント

頷き過ぎて、首がカクカクします。

>ケンドーコバヤシは、己の天才がわかっていないと思う。
間違いないですねー。
彼は、他者評価ではなく、自分の快楽(いい女にもてるとかおもろい漫画を読むとか)を最優先に行動しているところが人を惹きつけてやまないのではないかと思います。それって人としての強さですもんね。

それにしても文章うまいですね!

投稿: Michi | 2007/07/11 23:17

>Michiさん

お褒めに預かり、甚だ恐縮です。
(いやマジで、どないしよう・汗)

私は他者評価を重く見ない人は両極に分かれると思っています。

一つは徹底して人前に出ないタイプ。
もう一つは徹底して人前に晒すタイプ。

当然ながらケンコバは後者であり『俺を見ろ』の典型で、それが清々しくも思えます。おっしゃる通り人としての強さではあり、やはり本人はなんとも思ってないかもしれません。

と書いているうちに、
私がこのブログを書く立場は果たしてどうかというと、

・・・半々ですね。

他者評価=読んでもらおうと思うときと、
自己評価=『読め』と思うときと。

どっちでもええか(笑)

投稿: こんだぃ(筆者) | 2007/07/13 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/15509597

この記事へのトラックバック一覧です: 果たして俺も天才か?(ケンドーコバヤシを語る):

» 黒木メイサ キレイの秘密は恋よりコラーゲン [HOUSE woop]
女優・黒木メイサが、アサヒ飲料「ぎゅぎゅっとしみこむコラーゲンウォーター」新CM発表会に出席した。背中が大きく開いたセクシーなミニワンピース姿で登場した黒木は「こういうファッションができるのは夏だけ。これまでは勇気がなくてジーンズが多かったけど、今年はワンピースのミニで」と変身宣言。夏は肌の露出が増えるので、体の内側からコラーゲンやビタミンの補給が必要と力説する黒木だが、その美しさの... [続きを読む]

受信: 2007/06/26 16:03

» しわの原因を探る [しわ改善 コスメブログ]
しわの内的要因としては、皮膚の老化がどんなしわでも根本原因でしょう。真皮層にあるコラーゲンやエラ... [続きを読む]

受信: 2007/08/04 01:12

» ケンドーコバヤシ [芸能人ブログ一覧]
ケンドーコバヤシ関連の商品はこちらからどうぞケンドーコバヤシ (お笑い芸人)・大ケンドーコバヤシの大日記ケンドーコバヤシ(1972年7月4日 - )は日本のお笑い芸人。所属事務所は吉本興業。本名小林 友治(こばやし ともはる)。福井県福井市生まれ。大阪市育ち。大阪NSC11期生。大阪市立中野中学校→初芝富田林高等学校→オリックス市岡ドライビングスクール卒。愛称は「ケンコバ」。人物・特徴かつて「松口VS小林」、「モストデンジャラスコンビ」というコンビ名で活動。その名のとおり大の...... [続きを読む]

受信: 2007/08/31 20:00

« 喫煙室とか飲み会とか、社内交流の価値が下がっていくこの頃 | トップページ | 別の言葉はないのか?(政財界学者すべてのみなさんへ) »