« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

【解説】頑張りや努力だけを賞賛するのはもうやめてくれ。

 えらい数のアクセスがあった。
 SNS経由もあるから、知人友人のものが多い。 

 でも、寂しいことに、誰も書き込まない(苦笑)
 私の文章が拙いからだろうし、これこそ「仕方がない」。

 ----

 元々は、
 「頑張れ」「頑張れ」と追い詰められた友人達を思って書いた。

 徹夜3連続、月200時間残業は当たり前で、うつ病に追い込まれた友人。

 別の友人などは、家庭事情など他の要因もあっただろうが、
 ついに自殺までしている。重ねて冥福を祈る。
 #彼の場合は兄弟が家庭仕事ともにうまくいっていたため、余計に辛かったのかもしれない。むろん、この兄弟に一切罪はないのだが。

 よく考えて、動かずに待っている状態の時を
 『お前は何もしない』と頭ごなしに叱咤する上司がいたり、
 ひどい時は、働いている時をまともに見たこともないくせに、
 頑張りが足らんと決め付けていたり。

 私のように、ある程度雑音を無視できる人ならいい。

 が、単純ガンバリズムの馬鹿どもが、
 本当にしっかりやっている人の心身を朽ちさせる話は、
 そこら中に転がっている。
 
 わが社でも、一日のうちほとんど連絡をとれない先輩がいて、(営業部門や出張の多い業務ではない)それが、部門内の賞ではあるが表彰の対象となったと聞き、「またか」との思いになった。
 労組の要職という立場を生かして、うまく部長以上の各位にアピールしたのだろうが・・・

 単純ガンバリズムでは
 「頑張っているフリ」を見抜けないことがある。
 
 形だけの成果主義、腐った成果主義。
 数字と断片的な印象だけで評価する目標管理制度など、要らん。
 だったら、徹底して年功序列にしてしまえ・・・

 だから、『単純な努力賞賛』を否定する表題にした。


 日々の私は、地道な努力を評価する傾向がある。

 自分自身も地味な待機系の仕事についているせいもあって、将来のリスクを考えて慎重に準備をする人なんかを賞賛したくなる。

 そう、私が非難しているのは、方向性の違うままにモーレツに働いている人までもを、「頑張ってるね」と単純に褒めてしまう発想だ。
 もちろん、上司役員も完璧ではないのだから、毎度責めていてはやってられないだろう。

 というわけで、もっと怖いのは、破壊を招く要因となる「努力」を無防備に賞賛することだ。

 (会社だと・・・)
  生産ラインが確保できてないのに過剰受注。
  部下の体力をかえりみない長時間会議の開催
  逆に、上司の負担を考えない責任の押し付け
  労働時間をさらに奪う、社内調査の乱発(SOX法の悪影響?)

 (国家レベルだと・・・)
  対象住民の猛反発を受ける、無益な領土の拡張
  人口増や経済成長・そして環境保全に見合わない開発政策
 

 いずれも、リスクを覚悟して努力しているのなら良いが、どこまで腹を括ってやっているのだろうか。

 アピール下手で営業活動嫌いの私が、うらやましさ含みで批判している面を割り引いても、過剰な拡大努力が、逆にそれぞれの団体を縮小に追い込んでいる例は少なくない。
 
 重ねていうと、とりあえずやってみようという腹があれば良い。
 意味・目的なく、腹も括れていないままの拡張努力は賞賛どころか、ただちに止めるべきだ。

 国家レベルの話になると、
 それで、どれだけの人が死んだことか。

 まったく・・・ホンマに。
 書いてて実感のない自分が、恐ろしゅうなってくる。


 ただ、

 努力そのものを認めるという態度はあったほうがよい。
 「空回り」だったとしても労をとったことには変わらないから。
 『労をねぎらう』との言葉があるぐらいだし。
 (ねぎらうを漢字変換すると「労う」になる。)

 間違っても、野放しに褒めないことが肝心である。

 残念な姿の先輩をみて、いかに甘い上司とつきあっていたかを想像してしまう。
 そう思うと、自分の上司先輩は良かったという所か。

 私自身の勤務態度は別として・・・(苦笑)

 手っ取り早くいえば、

 「過ぎたるは及ばざるがごとし」

 って意味だ。

 始めからそういえばよかった。。


 とりあえず、社会のバランスを考慮して
 反カンバリズムを押し通している次第だ。


 もっとも、カンバリズムが少数派になったら、
 反ガンバリズムをやめるやろうけど(爆)


 あ、

 もう、少数派になってるんかな?


 もちろん私も『努力』するが、
 良いガンバリズムが押し通る世の中になって欲しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

頑張りや努力だけを賞賛するのはもうやめてくれ。

 頑張っている人、努力している人。

 悪く言えば無理を重ねて成果を得ようとする人々だけを礼賛すると、下記のような長短がある。
 いや、この百年以上も言い続けられている長所の列挙は省いて、短所・弊害だけを挙げていく。

  1.格差が開く
   (労苦や責任、危険に報いるという意味での格差は不可欠だが)

  2.自殺が増える
   (時には自主的撤退も必要だが)

  3.勘違いで暴走するヤツが増える
   (時には暴走も必要だが)

  4.争いが増える
   (事なかれ主義よりは、争ったほうが解決する話は多いが)

  5.ますます環境破壊が進行する。
   (・・・・)


 私は頑張りやではないので、面倒くさいから今回は説明も省く。
 お読みいただいているみなさんにお考えいただければ幸いだ。

 仮に私が説明したとしても、それが正解とは限らないのだから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうせ無党派層が…(参院選を前に…)

 相変わらず、私はだれている。

 この「私」は「俺」のほうが良いとの指摘もあるやろうけど、このままにしておく。「私」のほうが妙にインテリ臭くてアホらしくなるから、これで良い。

 今回は「どうせ」な話がしたい。

 いちおう情報社会学専攻だった学生のころ、こんな講義があった。
 アメリカの選挙結果のほとんどは、全投票者のうち、1割の判断で決まってしまうとの話である。

 共和、民主両党の固定支持者は、どんなに世情が変わろうと、それぞれの支持政党側に投票する。すなわち、残りのいわゆる無党派層の投票行動で当落が決まると考えて良く、メディアの報道内容との関連性を分析したという。
 当然、共和党のキャンペーンが強い時期は共和党が勝つ。その逆もしかり。

 もう、この要約を書いてる時点で、自分で納得してしまった。
 固定支持者は、「メディアに左右されない人々」とも言い換えられるから、次のようなタイプに分けられるだろう。

  個人人脈系
  地縁系
  業界団体系(労組含む)
  思想系
  宗教系

 …言うまでもないか。

 では、メディアに左右される可能性がある無党派層(浮動票)はどうだろうか。

  1.無関心系
  2.お祭り系
  3.雰囲気型
  4.理解苦慮型
  5.自己利害型
  6.熟慮型

 6.になればなるほど、考える度合いが深まっていく。
 1.や2.は考える力がないというわけではなく、あくまで態度の問題だ。

 メディアがその影響を与えるとすれば、上記一覧のうち、2.~5.ということになる。
 1.はどちらにしたって投票にいかない、ある意味固定不支持層であるから、各政党や候補者が必死になって訴えかけるのは、2.~4.の層だろう。

 特に4.は『自分には政治などわからない』とコンプレックスを持ってしまっている可能性が高い。
 わかった顔をしている連中(一部の評論家や活動家など、いわゆる「政治ゴロツキ」)よりは、はるかに謙虚で肯定できる姿勢だし、私はそれでいいと思う。こういうことをほざいている私にもわからないことの方がずっと多い。
 だが、いったん『わからない』劣等感を持ってしまった本人にしてみれば、「私なんかが投票しても仕方がない」と、1.の無関心に流れる危険性もある。

 そこで、専門知識を不要とする短切で「わかりやすい」言葉を投げかければ、『あ、私にでもわかる内容だ』と、4.の方々は安心して、支持を打ち出せるようになる。

 さらに、敵味方の論理を引っ張り出すとさらにわかりやすい。
 本当の政治は簡単に善悪で割り切れるものではないだろうが、『何やかんやいうても、私が国民の皆様の味方です』と思わせてしまえば勝ちだ。その雰囲気が面白いものであれば、別の意見を流していたメディアもある程度は合わせざるを得ず、電波メディアを皮切りに反対意見の露出が弱まっていく。(礼賛だけでなく憎悪や嫌疑をも加速させてしまうマスコミの問題点は、いまさらなのでここでは触れない。)
 こうして流れができれば、まず3.の雰囲気型がなびくだろう。
 さらに話題性が上がれば2.のお祭り系がさらに盛り上げていき、気がつけば、電波上はおろか新聞・雑誌上からも反対意見が消えている。
 もっとも、ブログなどネットの個人記事上からは消せないが。(←ここ、ポイントやで!)

#ネットの情報。仮にその記事または筆者が消された(サーバが飛ばされたり、金銭その他の圧力がかかったり、冤罪をかけられて収監されたり、命が飛ばされたり…)としても、それは記事を不都合とする勢力の側に反論する材料がない証拠といえる。歴史好きの人は、過去事例を調べてみてほしい。方法は違うけど、結構な数で消されている。(江戸幕府にとっての勤王派、ブルボン王朝にとってのフランス市民派とか。最近の日本でも大新聞の記者が何人か死んでるから…えっ!?)


 わかりやすい言葉と敵味方構造の強調。
 2004年米大統領選挙のブッシュ陣営(と、国内外に存在する裏方)や、前回の衆議院選における小泉政権(と、国内外に存在する裏方)がうまくやった手法である。
 辛勝と大勝の差こそあれ、無党派層をとりこむ発想は同じだ。
 
 まあ、つまり、二大政党制は、やりようによっては第三者の努力で政権交代ができてしまうということだろうか。

 …また、だれて来た。
 今回の参議院選挙も、その差で勝負が決まるように思えるので、「どうせ投票しても」の気分が強い。

 かといいつつ、投票しよう。
 曲がりなりにも6.の熟慮型になって、考えてみたい。

 私のだけでなく「どうせ」の数が減れば減るほど、
 興味深い選挙結果が待っているだろうから。

 民主主義は最善の策ではないだろうが、効果的に最悪を防げるはずだ。


参考リンク:

 参院選結果予想 - 民主55、自民41、自公大きく過半数割れ
 (世に倦む日日・ブログ・2007/06/11)

 女たちのアメリカ大統領選挙。
 (Espresso Diary@信州松本・ブログ・2004/11/04)

 アメリカ大統領選の草の根
 (言語学研究室日誌・ブログ・2004/11/04)

 米研究者グループ、フロリダ州投票結果の異常を示唆する統計分析を発表
 (CNET Japan・2004/11/19)

 米中間選挙:資金の8割、批判広告に「嫌い」でも効果あり/巨大メディア「支援」
 (毎日新聞・2006/12/04)

 サルコジの狡知
 (ル・モンド・ディプロマティーク=仏新聞社系月刊誌・日本語訳・2007/06)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

近藤大介解決法

 というわけで、連続投稿。

 とかくも俺は低い男だ。

 他人の成功を妬むことはなく、「あいつはそれだけの積上げや危険を払うてるんやから当然や。」と思えるのだが、たまに他人の不幸を喜ぶことがある。もちろん、他人に迷惑をかけた実績がある人の不幸に限るが。

 まあ、完璧な人間ではない。

 で、知人をはじめとする多くの関係各位がお気づきのように、今の俺はさまざまなことが面倒くさくなっている。

 「無理せず時期を待て」と言うご意見もあるだろうが、せっかくだから解決策を考えてみた。

 面白くなるか、苦労がわからなくなる状態に持ち込めばよい。

 勤勉ばかりを重んじる上司→無視
 営業部門以外にも数字出せと言う上司→無視(でも、準備はしておくけど)
 聞くだけで考えない後輩・部下→無視
 赤坂の規制が入っているであろう、内容のないニュース解説→無視
 人から仕切りに本を薦められる→いったん無視
 かわいい女後輩が他の野郎と楽しげに話している。→う。やっぱ無視
 
 あ、無視ばっかりになってもうた。

 要は「われ関せず」の余裕を持つことだろうか。
 何事もまず自分で考え、自分で立つかどうかを決めていく。
 
 ふう。
 この内容は、ジョニ黒のロックを飲んで、畳の部屋で書いているから、あてにならない。
 でも、酔いが覚めても同じ感慨を持っている自信はある。

 もう、寝よう。


参考:日本成功研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別の言葉はないのか?(政財界学者すべてのみなさんへ)

 俺も悩んでいる。
 参議院選挙を棄権しようかと思う。

 また、農林水産大臣が狙われている。
 加工食品業界も、徹底的なあら捜しが始まった。

 水処理世界最大手の某日本企業は、公共事業の受注を全面的に止めたとたんに株価が急上昇したという。過去の懇親会を「談合」扱いされたりなどの法的リスクが高まった結果、さっさと官との取引をやめることで、各方面から指弾されるリスクを避けた結果らしい。先にやめた会社を叩くのは難しい。
 (叩かれて)株価が下がる可能性がなくなったため、少しでも水処理技術に影響を残そうと思った投資家が多いのか、この会社の株価は2ヶ月で40%近く上昇した。日本を除く各国は燃料より水の確保が深刻だという事実が数字で表されたともいえる。

 食料と水。日本に独立自力で確保しようとする意思がみえると、合法不合法の失点が見つけられる。相変わらずあら捜しが始まって、仕方なしにマスコミが煽って、最後は「国民の意思」とされる圧力によって的確につぶされる。
 どうせ、まだ日本を己の傘の下に置いておきたい、またあの国の仕業だろう・・・

 日本には、62年間も甘んじ続けたツケがどんどんかえってくる。

 そのツケを官僚とか各業界、裏社会、中国やロシアやアメリカなど諸外国、いろいろな所のせいにするのもいいが、そろそろ直視する日が近づいてきているはずだ。

 敗戦と無条件占領の受け入れ。とにかく作り出された「平和」を活用して、戦時の国家総動員体制をそのままに国民のエネルギーを戦争から生産に切り替えただけで、経済の向上のみに人々の動きが最適化された62年間。 確かに、その平和を生かして、アニメやそのほかの文化や思考を育んだ方々も多い。
 だが、いい時代だけに生きた経験に今も甘んじている方々はさらに多いだろう。それら、わが国の中枢を握るまでになった還暦前後の先輩たちが、右往左往するのは同情できるが、決して尊敬はできない。

 拡大再生産
 経済成長
 改善
 労使協調
 ノミニケーション
 穏便
 非武装中立
 平和
 
 …還暦前後の先輩たちが使い慣れた以上の言葉は、使う機会が日増しに減っている。

 好むと好まざるに関わらず、
 新しい発想で次の時代を語らねばならない。
 単に酔いしれる理想主義ではなく、バランスの取れた現実思考で、
 それも別の言葉で。

 残念ながら、私も想像がまだついてないから悩ましい。
 つまり、私の基準では、自分が政治なり何なりに参画できるレベルに達していないと感じている。納得する、人を納得させる自信が全くない。

 やはり、今回の選挙に立候補したどの政党・個人も、私と同じく自信がないのだろう。私と同じ世代の人物を含めて。
 仮に既存の言葉だけで(この62年間で)前例がない想定や展開を話してしまうと、少なからぬ国民とマスコミ(誰が影響しているかは別として)から総叩きにあう。さすれば、得票が減って職を失なってしまう事実は、よほどのアホでない限り知っているはずだから。
#そう思うと、久間前防衛大臣の数々の発言(暴言)はワザとではないのかと思えたりする。後任が初の女性防衛相ということも踏まえて…

 失望と言うより、やむを得ない真空が支配する時期なのだろう。
 おそらくは。 


追伸:
 日本の「富裕層」、147万人に…金融資産100万ドル超
 主な要因としては3、4年前の株価低迷期に株を取得した方々の売却益・含み益の増加というところか。とすると、富む富まざるを決める要素のほとんどは「運」。ここまで上昇するとは誰も思わなかったところで手を出した民間人と、情報を握れた特殊な方々。後者は「運」ではないだろうけど(苦笑)
 「運」ではない人為的な上昇であったとすれば、いずれまた下落するのがオチか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »