« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

「戦争を知らない」という努力と責任について

 この春に死んだ祖母が、こんなことを言っていた。

 「あの子は『戦争を知らない子どもたち~』やから。」

 息子(私の母の弟)に対する評価で、しっかり節回しまでつけていた。
 
 叔父は「団塊世代」の典型的なキャラクターの持ち主である。
 金にうるさく闘争的で、個人責任が嫌いで上位者に弱い。
 おまけに、常に動いていないと気が済まない。
 
 全ての団塊世代の方々がそうではないのだが、悪いほうのイメージに一致してしまっている。
 身内の恥をさらすようで心苦しいが、今回のテーマには必要なので、ここは省けない。


 花火大会の場所取りをしつつ、友人と話し合っていたことを思い出した。

 「経済拡大しようと思うたら破壊がどうしても必要になって、その典型が戦争や。もう戦争せんとこうというのが世間の流れになってるのに、それに合わせられんのが『団塊世代』の人々に多いんやろうな。」

 「もちろん、好きで彼らがそうなったのではなく歴史の被害者なのはわかってるんやけど、(今の時代に)邪魔なもんは邪魔なんやからどいて(=去って)もらうしかないんや」

 友人は、私と同じく「どうしても団塊世代と働きたくない人」の一人である。
 私は続けて補足した。

 「欲の方向性を変えんとあかんのに、相変わらず横へ拡大しようという欲を持って離せないのが団塊世代なんやろうなあ・・・一人一人が縦に深い、たとえばそれぞれの趣味とか地域とかに対する欲をもてば、衝突自体が減るはずやのにねえ。」

 競争への意欲、拡張しようという欲。
 横に拡大、すなわち他人の勢力を横取りして自分の腹を肥やそうとすれば、持分を取られそうになった他者は当然反発してくる。やがて、それは争いとなり、その極例は命の取り合いを含む戦争にまで繋がる。

 さっと、説明したこの原理を、よく飲み込めない人が多いのが団塊世代ではないだろうか。


 団塊世代の先輩方は、子の世代に当たる我々と同じく「戦争を知らない」だけでなく、おそらく我々よりもさらに戦争が嫌いで怖いはずだ。
 にもかかわらず、競争意欲が旺盛で衝突原因を生じやすいという矛盾を抱えているのは、やはり歴史の被害者だからだろう。日本のほぼ誰もが知っていることだが、団塊世代とは、長い戦争に敗れた直後に生まれた宿命を背負っている。

 わが国は多くの尊い命を奪い奪われ、62年前に最後の敗戦を迎えた。
 いまさら言うまでもないが、戦後の日本は外交軍事といった国際紛争の解決能力を全て勝利国のアメリカに預け、自らは経済拡大を一心に目指す道をとった。
 
 まず、戦争の傷跡を回復しなければならない。
 その頃に生まれた子どもたちは、イビツな条件下で少年時代を送らされた。

  1. 教育環境の不足と、同世代の出生数急増に伴う、同世代間競争の過熱
  2. 54人クラスが学年に10個という小学校が普通にあったらしい。
  3. 両親が必死に働かざるを得なかったため、家庭内教育が放置される傾向に
  4. 個人主義重視の時代ではなく、なんとか属し得る集団を見つけては群れる傾向が生まれたのだろう。
  5. 命のやり取りをする国同士の争い=戦争があるということを教えてもらえなかった。
  6. 代わりに平和教育だけが行われた。両方とも必要なんだけども・・・
  7. 3.にも関わらず軍隊式管理教育が残り、上位下達の精神が吹き込まれた。
  8. 1940年の国家総動員体制が、戦後復興にも生かされた結果?

 で、「戦争を知らない子どもたち」が年寄りを迎えるとどうなるか。

 繰り返すが、
 競争相手を攻撃して弱らせたり他者の取り分を横取りしようとすれば、普通なら反撃がかえってくる。

 が、戦争を知らせない教育を受けてしまった結果、「どうせ命までは取られまい」の安心感が下手に行き届いている。やりすぎると自分に返ってくる「因果応報」の発想なんて、しっかり考えられる機会などなかった。
(あ、だから、学生運動がより激しかったのか・・・) 

 さらに、1970年ごろまではまだ高度経済成長が続いていたため、まさに戦後のイビツな環境で育ってきた青年たちが歓迎された。
 声が大きくて、目下と競争相手に対して手段を選ばない人間で、かつ上位者に従順であれば、そのまま出世できた。

 しかも、たいした個人実績がない場合でも出世できた。
 それぞれの勤め先というより日本経済全体の拡大(ただし1990年代まで)のおかげであり、戦争の被害を知っている彼らの先輩たち(1940年ごろ生まれ以前の)の苦労のたまものである。

 戦争がない時代の競争社会が生み出した「特殊な社会習慣」とでも言おうか。

 彼らは、これらの成り行きを自らの成功体験として記憶してしまった。
 もちろん、自身の工夫や努力の結果なら、私を含む若僧も参考にさせていただきたい。実際、お世話になった大先輩も多いので、死んでも大口は叩けない。

 が、残念ながら、時代の要請でできあがった「特殊な社会習慣」自体を、自分の成功体験として手放せない方々は少なくない。

 結果、その成功体験を下の世代に押し付ける。
 慣れ親しんだ軍隊式の「上位下達」を通用させれば、わかってくれて当然と思っているのが残念なところだ。「今の時代は違いますよ」と部下に言われても、無視したりはねつける確率は他の世代より多いのではないだろうか。私もそういう経験が少なくない。


 わが社のある役員に、「あの拝金主義が」「もっと請求額を叩いてやれ」と平気で協力会社(しかも出資先)をなじり、「こんなことも出来ないのか、バカが」と管理職クラスを平気で怒鳴る方がいる。
 「人は数分話せばわかる」とおっしゃったが、貴方のことも数分で分かったような気がする。

 そう言って、一度も事情を聞こうとしていない貴方は、
 まさにここまで書いてきた特徴に全て一致するではないか・・・


 戦争や紛争の可能性を考えられる人なら、上述の役員のように単純な態度をとらないだろう。
 "I win, You lose."の発想は、まさに反発と衝突のタネである。

 つまり、戦争を知らない責任を満たすには、「自集団を狙う外敵と内部の不満」に対する認識とその準備を常に怠らないことも必要であって、穏便や平和を願う(ひどい場合は「ただ信じる」)だけではない。

 利害や文化が一致しないのなら、まず交渉に努めて衝突や紛争の元を断つ。
 それでも、拡大欲や生存権の確保に狂った連中が攻めて来ることはあるだろうから、「もし攻めてきてもエライ目に会いますよ」という抵抗力の顕示が必要な場合もある。会社で言えば、顧問弁護士とか法務部とか総務部の向こうがそうであり、国家単位では軍隊、日本なら自衛隊がその抵抗力にあたる。

 危機管理である。
 自ら仕掛ける戦争を知らなくても、仕掛けられる可能性は常に残っているのだから。

 そういえば、
 祖母が臨終した時の叔父は、一貫してあたふたしていた。
 「訴訟するぞ」と担当医を怒鳴りつけ、葬儀のときは「(ケチって)儲ける気か」と要求が厳しい親族の批判を浴びまくっていた。挙句の果てに会場間の誘導まで失敗して、私自身がピストン輸送を務めることもあった。
 さすがに落ち込んだ叔父に、「失敗するぐらいが普通やで」と声をかけたのが記憶に新しい。
 
 
 …やはり、「命を奪われる・奪う恐怖」から完全隔離された世代に、腹をくくれというのは酷だろうか。。
 「戦争を知らされず」に競争させられた世代が、危機管理を不得意とするのは当然であり、彼らのせいであるとはいえない。

 もし外敵の侵入(敵対的買収とか色々)によって、先輩方が苦労された蓄積が崩れるのは口惜しい限りだ。
 せめて、衝突や紛争の未然防止と危機管理だけでも若い連中に任せて欲しい。若造の私にでも、そんな時代にお生まれであっては苦しかっただろうと想像できるから。


 自分が生まれる月日は選べない。
 たまたまイビツな時代に生まれはっただけや。

 彼らは悪うない。
 悪いのは時代背景や。
 ある意味、そのさらに上の世代や。


 勝手な解釈のうえ拙筆で恐縮だが、もしお読みいただいた先輩方がなにかお気づきいただければ幸いだ。
 あわせて、お知恵やご経験の産物を我々にご教授いただければ、感謝この上ない。

 といっても、もうすぐご定年か・・・

 こういう悩みをしなくて済む、最近の新入社員がうらやましい。
 いやホンマに。

・・・

 やはり、戦争はしないほうがいい。

 終わった後も不幸が起きる。
 肉体的精神的社会的…どんどんツケが残ってしまう。
 負けた側にも勝った側にも。

 やむを得ず戦争をしたとしても、うまく止める賢さが必要だ。66年前に始まった戦争だって、オランダ領インドやシンガポールを落とした時点で、さっさと講和に持ち込んでいればわからなかった。

 少なくとも、二発の原爆は落とされていないはずだ。
 多くの尊い命が奪われず(を奪わず)に済んだはずだ。


追伸:
 団塊ではなく、個人代表責任の塊である役職といえば「知事」。
 今年に入って18都府県で実施された知事選挙では、団塊世代の当選者がいない。(1947年度生まれ~1949年度生まれ)
 全ての知事に広げてみても、47名中 5名にとどまる。(福島、埼玉、岐阜、広島、鹿児島)
 58歳から60歳で適齢期、かつ世代の人数も多い(合計800万人)はずだが、どうも少ない。
(知事になれる30歳以上に占めるシェアで行けば、2

 一方、1945年度生まれだけで 7名もいる。(茨城、群馬、富山、石川、兵庫、島根、岡山)
 やはり、団塊世代が知事のような責任職には向いていないことの証左だろうか。

 参考:全国知事会・知事ファイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陣内智則・無花果の気遣い(ヘキサゴンⅡより)

 67歳の父は、生活スタイルが30年以上変わらない。
 当然、それ以外の生活スタイルを私は知らない。

 平日は晩飯晩酌の後で昼寝して、覚めれば小説などを読む。休日は野球をするか、母の買出しに連行される日々を送っている。
 私が実家を出てから変わったことと言えば、昼が外食ではなく弁当になったことぐらいだろうか。

 その父が、
 「あれは良えヤツや、人柄がわかるわ」
 と推奨する芸人が陣内智則だ。


 最近、テレビを見る機会が増えていて、遅まきながら時効警察とクイズ!ヘキサゴンⅡにはまっている。

 勢いあまって二つとも携帯サイトの利用登録をしてしまい、ヘキサゴンⅡでは出場者の席順を決める予選ペーパーテストの回答までやってみた。(公開されてる問題を全部やってしまった・笑)

 過去2回OA分の成績は、50点満点で下記の通りだ。

  7月29日OA分 44点(1位タイ、1位はラサール石井)
  8月 1日OA分 46点(1位タイ、1位は山本モナ)

 仮に俺が参加していたら、名前順で席は1番手扱いになるだろう。
 って、これは自慢か?

 ハイ、自慢です。
 我ながら品性が低い。。

 …いや違う、重要なことがある。

 教養や雑学に長けようが、俺のようにくすぶってる奴は多いのだから、
 知識・教養なんてクソくらえ!
 と、皆様に声を上げて言いたいのだ。

 だいたい、知識が豊富なだけでは面白みがない。
 普通に知識教養を競うアタック25だって、
 児玉清さんの味があるから楽しい。

 そう、ヘキサゴンⅡの面白さはペーパーテスト下位の芸能人で支えられている。
 この番組で要求されるのは、少数のテスト上位芸能人(上記2人のほか、麻木久仁子、眞鍋かをりなど)と下位芸能人のボケ回答の対比である。

 が、8月1日の陣内智則は、24人中14位と「中位」だった。

 中位というのは「おいしくない」位置である。
 天然の大ボケもなく、あざやかな解答で感心されるケースも少ない。

 が、この日はスペシャル版だったので、下位半数の12名が参加できる、
 「おいしいクイズ」なる企画が行われた。

 3チームそれぞれのペーパーテスト下位4人(つまり全体で13位以下)の参加者がミックスジュースの具を選び、残る各チーム上位の4人はただ飲む側に回る。
 選んだ4種類の具を牛乳ベースで混ぜたミックスジュースを8人全員がそれぞれ10秒以内で飲み干せば、10点。飲み終えた全員がいっせいに「おいしい」と言えれば50点というものだ。

 一見、簡単にみえるが、下位4人は全て漢字で書かれたカードで具を選ばねばならない。
 上位4人は具を選ぶシーンをモニターで見せられ、ハラハラしながら待たされることになる。

 念のため、ペーパーテスト順位とチーム編成の関係を示しておく。

黄色 1位 6位 7位12位13位18位19位24位
緑色 2位 5位 8位11位14位17位20位23位
ピンク 3位 4位 9位10位15位16位21位22位

 まず、黄色チームの選択から。

 「牛蒡(ゴボウ)入れろ!」とどやされたゴボウ、いや麒麟の田村裕(13位)は、無難に『桜桃(さくらんぼ)』を選択。が、次のつるの剛士(18位)は「栄養がありそうだから」と『栄螺(さざえ)』を選んでしまう。[ここで、山本モナ(1位)の悲鳴]
 その後、スザンヌ(19位)が「字の色がいいから」と『韮(にら)』、最下位24位の若槻千夏が「桃だろう」と『胡桃(くるみ)』を選択した。

 当然、あまりにマズくて、若槻千夏がコップに飲み戻した所で終了。
 先に挑戦した上位組が飲まされ損になるからと、島田紳助が残る下位3人に飲ませたところ、さすがは極貧経験者、田村裕だけはさらり飲み干して、「ぜんぜん余裕」といつものゴボウ顔で平然と言ってのけた。
 ”裕”は裕福ではなく、余裕の”裕”らしい。
 
 続く緑色チーム。
 ここで本題の陣内智則(14位)から選択開始となる。 

 彼はさっそく出題の傾向を見渡した。
 「これは檸檬(レモン)でしょ、苺(イチゴ)は…多分置いてる方が、これはわかるでしょう。」

 その始終をみた島田紳助がいたく感心した。
 「陣内賢いな。(テスト下位である)後のヤツのために(漢字が読みやすい)イチゴを置いてやろうと。これは、紀香を落としたワザやね。」

 俺も感心した。
 全体や前後の関係を常に考えてしまえる、陣内の天性に感心した。

 最終的に陣内が選んだ具材は「無花果(イチジク)」。
 俺は読めなかった(汗)

 結果として、「無花果(イチジク)」「心太(ところてん)」「練乳」「鳳梨(パイナップル)」 のミックスジュースを飲み干せた緑色チームだけが得点した。
 後の3人はレモンやイチゴを残した陣内の気配りを無視した選択ではあったが。。
 

 なるトモ!の司会しかり、後輩芸人からの慕われぶりしかり、彼は天然の気遣いで人を和やかにする。
 和やかな空気を生み出したところでネタをやるから、じわりしっかりとうける。

 全体視はできるけど、ここまでサッサと対応できるのは・・・

 ああ、俺にはできひんなあ。
 と、また『追いつけない』気分に浸っている。


 ちゅうか・・・


 「無花果」読め無んだ・・・
 「鳳梨」も読めんかったけど。

 以下、余談。

 私と同じくテスト46点獲得の山本モナは、今やバラエティクイズ番組でサザエ入りジュースを飲まされている。本来なら、さらにキャリアを積んで先日の参院選特番でメインを張っていたことだろう。

 知識・教養の蓄積と人生の対処は全く別の問題といえ、彼女はその好例だ。
 もっとも、「モナちゃん」と呼べる今のほうが好きだけど(笑)

 そう、彼女は、
 知識ではなく、知恵で危機をプラスに変えた好例でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

歴代農相を追い詰めたのはマスコミか?

 もう、誰も農林水産大臣なんてやりたがらないだろう。

 百円単位の事務所費まで突っ込まれたことが過去にあるか?
 大勝した民主党議員のなかにも、千円単位以上の経費利用疑惑を隠している状況はいっぱいあるだろう。

 自殺した(させられた説も…)松岡利勝前々農相と辞任した赤城徳彦前農相の両氏は、いずれも元は農林水産省のキャリア官僚だ。どこかで「お友達採用」と言われているかもしれないが、決してそうではないと思う。さらに厳しくなる食料関係の交渉には専門知識が必要であり、省内事情にも通じた議員を採用したのだろう。
 
 すると、『モノを知っていて邪魔になる農相』が疎まれて狙われたようにも思えてくる。

 スキャンダルや醜聞、女性関係に金銭問題など、あらかじめマイナス情報をストックしておき、疎ましい人間がそのポストに就いたとたんに、一斉に需要家に供給すればよい。供給してもらったマスコミはいやでも報道してくれる。
 悪辣な社であれば、視聴率や部数稼ぎのために攻撃対象がより悪く見える演出をしてくれるから、叩く側としては願ったり叶ったりだ。

 確かに、視聴者からお金をもらっていないマスコミが、視聴者の味方を常にしてくれるとは限らない。それでも良い報道をするケースが多いのは、優秀な記者やテレビマンたちが個々の良心で踏ん張っているからだ。
 が、踏ん張りすぎると、彼らも攻撃の対象となる。

 今年に入って疑わしい事例は、4月5日に発生した読売新聞石井記者の変死事件があげられる。
 石井記者は総務省の担当で、竹中大臣時代の政策を批判して小泉・安倍政権の暗部をあぶり出そうとしていたそうだ。もし彼の取材活動を疎む勢力の仕業だとしたら…いや実際はそうではなくても、新聞記者たちの安倍政権への憎しみは募るばかりであろう。

 これが今回の選挙結果の遠因かもしれない。
 マスコミの安倍政権に対する嫌悪感に油を注いだような。


 いずれにせよ、安倍首相はマスコミ対策がど下手だ。

 小泉前首相のように「明るい壊し屋」を演じるのは難しいが、批判を受け続けるマジメな旧勢力代表のイメージを和らげることはできたはずだ。冷酷だが、小泉前首相がやったように、自分ではなく閣僚の一人に悪評の十字架を背負ってもらうとか。

 あ、二代続けて農相が叩かれたから難しいよな。。
 先代が「自殺」だから、それ以上のインパクトはなかなか・・・


 対する民主党・小沢代表は自分のキャラが明るくないのを承知しているらしい。

 年金問題では、小沢代表ではなく、厚生系の問題に明るい長妻昭代議士やわが郷里選出の山井和則代議士が、一般大衆の共感を呼ぶ口調で矛盾を訴えかける。
 対して自民党側はマジメなんだけど、突きつけられた過失がたとえ小さなものであっても、堂々と出来なかった。

 雰囲気負けしたというのか、年金爆弾を出す時期を参院選前に合わせてきた民主党の勝ちだった。おかげで民主党が持つ他の失点が見えなくなり、自民党は数百円の事務所費でもネタになったから。


 そのうち、マスコミや国民ににらまれない選挙資金を出す勢力のいいなりになる議員が増えるだろう。
 あるいは、まったく別の分野で有名になった人物が、宣伝資金を使うことなく当選するケースが増えるだろう。(いわゆるタレント議員)

 うーん、金がかからず知名度だけでやすやすと当選しない選挙制度(北欧のような比例代表重視とか)にするか、それができないなら選挙を止めるか・・・

 
 矛盾に満ちている。
 涙を流しながら、報道を続けているマスコミ関係者も多いはずだ。

 記者クラブそのほか、慣習的な自主規制の厚い壁。
 脊髄反射のように、政権側を叩く体質。
 たぶん、民主党が与党になっても些細なことから叩かれるのだろう。
 
 まあ、
 メディアの体制が多少ゆがもうが、
 情報の受け手側が簡単に流されなければ、それでいいのだが。

 やっぱ、マスコミよりネットかな・・・


参考リンク:

 読売新聞記者変死を伝えないメディアと事件性(ブログ)
 →総務省と戦っていた新聞記者の最期は?

 安倍政権の倒閣を企てた官僚たちの二重クーデター(nikkeiBPnet)
 →社会保険庁官僚が年金問題を自らリークしたのはなぜ?

 参議院選挙の簡単な総括(ブログ)
 →外政重視の安倍政権と、まず内政を考える国民との意識乖離。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »