« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

全然大丈夫?な恋愛観

 『木村佳乃はかわいかったけど。。』
 『どうしたの?』
 『なんかさ、ハッピーエンドってのが気に入らなくって…』

 映画のパンフを買おうかどうかと考えている横で、女性二人の会話が聞こえてくる。

 では、私の印象を一言で表してみる。
 「納得いく顛末やなあ」

 映画「全然大丈夫」は、荒川良々を主役とすべく、彼が所属する「大人計画」などで短編映画を扱ってきた藤田容介監督が脚本から作り上げた。

 古書店の息子なのに跡を継ぐ気も(甲斐性も)なく、お化け屋敷を立てる夢を抱き続ける29歳の青年・遠山照男をとりまく物語である。荒川良々ならでは?の少しブラックだけど笑える雰囲気が、全編にわたって繰り広げられる。
 といっても、話の展開における主役は同級生の小森久信(岡田義徳)かもしれず、それ以上に木村佳乃扮する"超"不器用な画家・木下あかりかもしれない。

 久信の勤める清掃会社にバイトに来たあかりは、信じられない不器用さでミスを連発して辞める。彼女の生活を心配した久信は、照男の古書店を紹介した。
 で、幼馴染同士の恋争いが始まるわけだが、彼女の心は遠山古書店の常連客である文化財修復職人の湯原(田中直樹・ココリコ)に向いてゆく。
 あかりと湯原が仲良くなっていく、絵描きしりとりのシーンがほんわりとしていて、今度やってみたくなった。

 芸術肌同士らしい、睦まじさがうかがえる…

 この展開に、あまりにも素直な恋愛観(藤田監督の?)に気づかされた。

 人は自分と似た価値観、あるいは似たフィールド(生活環境)の異性のほうが上手くやれる。
 違った価値観と環境を結びつけるのは、夢がないけど経済力とか宗教とかそれ以上の猛烈な愛情ということになるだろうか。

 30歳を越してしまっている俺は、照男君や久信君と同じかもしれない。
 いまだに、違う価値観やフィールドの人を追っている節が残っている。

 …昔に比べれば収まってはいるけど、そろそろやめよう。

 これから、もっと己の方向性を見据えて、
 「こんな俺でも良えんか?」「こんな私でもいいの?」ではなく、
 ああちょうど良えわ。
 とお互いが思えるような、人間関係を。
 今まで以上に。


 『私って、性格ひねてるのかなあ。』
 ハッピーエンドで飽き足らない女性は、言葉を付け足した。 

 『不幸は蜜の味』の原則はいつまでたっても変わらない。いや、間違いなく俺より若いのだろう、不幸を見る刺激を求めるということは、それだけ幸せを引き寄せる激しさも多いはずだ。
 帰りに地下鉄大江戸線で読んだ情報誌でも「脳は適度な刺激が必要」と茂木健一郎先生も言うてはったことやし。(その意味では違った価値観やフィールドを持つ男女の付き合いはプラスだが、刺激ばかり与えられた脳は当然ながら疲れてしまう。)

 と勝手な解釈をするより、まず己のことから始めんとなあ。

 うーん。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

空気を読む重要性、空気に慣れる危険性。

 KYと責められ続けた実直な宰相はちょうど一年で突然辞任した。
 
 面白さと親しみを政治家にまで求めるのは難しいはずだが、インテリ集団であるはずのマスコミ各位までが国民の『空気』に乗っかってしまった。
 小泉元首相のうますぎたメディア戦略に慣れてしまった結果、普通の対応では物足りなくなったのだろう。

 逆に、面白さと親しみを求められるは芸人の仕事だ。
 爆笑問題・太田光の、空気を読まないボケや発言が自分の首を絞めているという。

 爆笑司会番組が大惨敗 太田光「偉くなりすぎた」(J-CASTニュース)

 昨年の秋ごろ、フジテレビで、ビートたけしと爆笑問題を司会とした教育問題を軸にした特番があった。ここでも太田はゲストの小倉智昭をカツラネタでいじるなど、見事なKYぶりを演じている。(小倉氏のヅラは公然の秘密かもしれないが)
 太田があまりにも突然ボケを連発するので「もう俺ら三人は司会なんだから大人しくしよう」と、たけしが笑いながらたしなめるシーンもあった。

 そこで太田の相方・田中裕二の存在が光る。いじられやすいキャラを保ちながら常識人のスタンスをくずさない。彼がいなければ、爆笑問題は3年ぐらい前に終わっていたかもしれない。
 立川談志師匠が『オマエ、相方は絶対手放すんじゃねえよ』と、実子のように可愛がる太田を説いたのがうなずける。

 かの東国原宮崎県知事もこの番組に出演していた。言うまでもなくビートたけしの総領弟子である。この時の太田を見て何を思ったかはわからないが、彼が別の番組で師弟共演した際にこう語っていた。テレビ東京の誰でもピカソの特番だったと思う。

 『師匠から学んだことは「空気を読め」でした。むしろ今に生きています。』

 確かにそうだ。
 大衆の空気を感じ取った上での、マスコミを通じたパフォーマンス。
 芸人的な突っ込みから逃げることもない。
 そのまんま東もとい東国原知事によるやりとりは、宮崎県自体の支持拡大に絶大な効果を示している。

 ・・・ん?
 何か怖さを感じた。

 確かに東国原知事はよく働いている。
 もともとの強みである農産を生かしつつ、福祉問題その他にもメスを入れつつあるという。

 が、気になるところは、大衆の空気を味方にするポピュリズムをもって自らの威勢を確立した点だ。これはヒトラーや小泉元首相に共通している。

 力の無いうちは、うまくポピュリズムを生かせばよいだろう。エスタブリッシュメント・特権階級による支持を基盤とした政治家より、大衆の直感による人気をもった政治家のほうが信用できる点が多いことがある。

 が、その大衆の空気に支え続けると、「空気」の支持を失うことが怖くなる。
 責任を持たない「空気」の意思に対して、引きずられるようになる。
 ひどい時は、自分で誘導した「空気」を修正できなくなる。

 二次大戦のドイツや日本も、多分そうだったのだろう。


 どうかブームに浮かれずに、
 宮崎県民の方もその辺りを気をつけて、知事を支えてほしい。

 ブームになれたのも、元々の底力があってのことだから、
 知事を絶対視せずに胸を張ればいい。
 なにより知事自身がそうなってほしいと願っているだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プライドとは。

 帰省の準備も忘れて、ネット小説を一気に読んでしまった。
 掲載先はまた日経で、有川浩の作品である。

 フリーター、家を買う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »