« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

生と死の使ひ方…「明日への遺言」

 あの空襲がなければ、私は生まれていない。
 「アンタは名古屋人顔や」
 と京都盆地を出たことがない母が言う、私の由来だ。

 自動車ではなく航空機など軍需産業の中心でもあった名古屋が、一般家屋をも含む無差別爆撃にさらされたのは、昭和20年に入ってからである。人々は、「じゅうたん爆撃」とも呼んだ。
 同市の中心部にあった我が家も、例外なく焼夷弾で焼かれる。「京都やったら空襲はない」と信じられていたのだろうか、その後、一家は養祖父(私にとっては養曽祖父)の実家がある京都へと移り住むことになった。

 5歳だった父は、火の粉が飛び交う光景を良く覚えているという。
 ともかくも、戦争と関係のない幼児まで被害者となっている時点で、明らかに民間人攻撃であり、国家間の軍事戦からは無関係だ。

 我が生い立ちを考えれば複雑な思いではあるが、
 無差別爆撃は重すぎる犯罪である。


 映画「明日への遺言」は、名古屋空襲で無差別爆撃に参加した米兵を処刑した罪で、戦争裁判にかけられた岡田資(おかだ たすく)陸軍中将の物語である。
 小泉堯史監督の静かな映像のなか、岡田中将を藤田まことが好演している。大岡昇平の小説「ながい旅」が原作だそうだ。

 既に敗勢が濃厚になっていた昭和20年、岡田中将は東海軍管区司令官に昇格する。以後、度重なる空襲で名古屋を始めとする都市部は焦土と化し、数少ない防備で抗戦する毎日が続いた。
 そして敗戦を迎えた。切腹する軍人が多かった中、岡田中将は残務処理をしっかりとこなし、予備役に退いた。現代人でこそ生きて後始末をすることが当然に思えるが、当時は「死ぬ」ことが最大にして最高の責任表現方法だった。
 例えば、岡田中将が終戦を伝える玉音放送の事実を電話確認した所、すでに阿南惟幾陸軍大臣は切腹して果てた後だったという。

 邪推ながら、この時点で岡田中将は、自らの"生"の使い方を想念していたと思う。

 やがて、戦勝国による戦勝国のための戦争裁判が始まる。
 陸軍省法務局による情報を元に、連合国は岡田中将と米軍搭乗員の斬首を執行した東海軍の部下を告訴した。
 岡田中将はこれを「法戦」と名づけ、自らの責任と見解を鮮明に主張し、部下が非を責められぬよう論ずる最後の争いと腹を括った。

 終盤になって、中将は裁判委員から重要な質問を受ける。
 『処刑の判断を下したのは報復であったか、処罰であったか』

 『処罰です』
 岡田中将は堂々答えた。

 すでにその人格に感銘を受けていた裁判委員は、搭乗員の処刑を"軍事交戦中に発生した報復"とみなして裁判の対象から外すことで、岡田中将を助命する最後の機会を狙ったといえる。
 
 だが、中将は己の命よりも「未来」を優先した。
 "処罰"として無差別爆撃の悪を明確にするとともに、
 一身を持って"報復"の連鎖を終止させたのである。

 そして、堂々戦う弁護人や見守る家族の支援などもあり、自身の絞首刑のみにとどめ、大西参謀を含む19名の部下全員の助命に成功する。(最終的には全員釈放される)

 まさに己の"生"を最後まで使った生き方である。
 絞首刑までの拘置中も、岡田中将は部下を含む若い元軍人たちをよく気遣い、励まし、明日へと託していった。


 この裁判の傍聴席には、中将の孫もいた。まだ赤子だから、いわゆる戦争を知らない世代の筆頭にあたる。いわゆる団塊世代、今や日本社会の旗振り役だ。

 この映画が、私を含む多くの戦争を知らない世代が、生と死の使い方、すなわち生き方を考える好機となることを願う。

 明後日の、さらにその先の遺言となるように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リーダーシップが要らんという強み。

 良く考えてみれば、いや考えなくても、日本はいい国である。

 企業でも公共団体でも、上に従うことで己の能力の有無をごまかせる人間でも出世できる。
 その出世した人物が無能であっても、収益モデルがしっかりしていれば、中間管理職以下がうまく運営してくれる。
 官僚批判にしても的外れで、世襲で選ばれた政治家が増えようが、人気だけで選ばれた政治家が動きをとれなかろうが、有能な官僚の努力によって日々の行政運用は簡単にくずれない。

 最高指導者が仮にアホでも、わが国はそれを補える能力や発想を持つ人々が多い。
 つまり、重層構造になっていて、運営層が崩れても大衆が担う実務層だけでも動ける文化だ。

 あ、これこそ希望の光ではないか。

 アメリカのように元々が指導者をいだいて、開拓なり戦争に明け暮れていた歴史をもっていては、トップ次第で経済社会は簡単に混乱してしまう。20世紀前半までのドイツやフランスなど、大陸ヨーロッパもそうであったろうし、今日でもアフリカ大陸や西アジア・南米ではその傾向が強い。

 まさに、日本だけが、そのような節が見当たらない。

 農本社会では既になくなったけども、どんな組織であっても、耕作いや日々の業務を共同していくうちに自然発生した「ムラ」がそれぞれにできた結果、『むしろ、現場の運用のほうが効率がよく無理がない』といった主張が残りやすい。殿さまいや運営層が良くわからない指示をしてきていても、指示内容を骨抜きにする賢さもった庄屋…ではなく、中間管理職がクッションになりつつ実務層を指揮して、業務の流れを潤滑に保つ。
 骨抜きが成功するのも、運営層はその地位を保たねば生きて行けない不自由があり、実務層の主張の大抵がその盲点をついているからだ。江戸時代の一揆しかり、労組運動に最近では早期離職や内部告発など、一たび現代のムラ・実務層が反乱を起こせば、運営層の彼らに食い扶持を失う危機が訪れる。そこで中間管理職が『彼らを指揮できるのは私ですから』と暗に脅せば、よほどバカではない運営層の面々は鞘を収める。体面だけは保ちつつも。
 で、よほどのバカが指導者で、かつ収益モデルがないという条件がそろえば、両層が崩れ、ようやく組織は勝手に衰える。

 わが国は、良い社会ではないか。
 この運営層(裕福で権力があるけど実は不自由)と実務層(貧乏だけど実は自由)の二層構造が、意外にも衝突を避けており、血なまぐさい争いを減らしている。

 これが諸外国なら民衆が最高指導者に直結しやすいから、ちょっとした改革が起きただけで、アホなトップは一族まるごと殺されてしまう。殺されなくとも権利をまるごと剥がれる。
 わが国でも、戦国時代の基準なら毎年数十万人単位でトップとその一族が消えていったことだろう。

 ただ、この二層構造には弱点もある。

 日々の業務執行・戦術面は実務層のおら達いや我々に任せておけといえるのだが、戦略とか政治経営と言う全体論になると、『それは経営者やお上(運営層)に聞け』と、どうしても上任せの体質になりやすい。
 平時はそれでいいのだが、そうでない時に各自判断を迫られた時の混乱は計り知れないだろう。

 ここでいう全体論を任されてしまう上層部とは、
 「任して従う側(実務層)→判断や負担を任されてしまう側(運営層)」のように例示してみる。
 すぐに想像できることだが、わが国の状況を独断でまとめてみた。
 当然ながら、全てがこれに当てはまるわけではない。

全体論の対象 任せて(従う)側→判断や負担を任されてしまう側
子女教育教師(ひどくなってきている)
生活保障など公務員公務員共済(政府保証→国民の血税)
キャリア構築団塊世代戦中を生き抜いた先輩上司たち
土地活用地方の地主都会のデベロッパー
ゆえに、地方の商店街は宅地に農地は転用で荒れ放題へ。
建築、IT発注者営業→各技術者
納税サラリーマン労務担当(源泉徴収)
自営業者なしor税理士(確定申告)
国内政治一般国民各政党(各人の帰属先・宗派による)
外交・安全保障日本全体米国(63年前から継続。ある意味では沖縄を含む)
食糧都市住民国内流通→商社or国内生産者→海外産地

 確かに、これだと意思決定時の衝突は起きづらい。平和が続きやすい。
 が、イザ自分の生活の枠を超えた大チャンスが来た時、あるいは逆にどうしようもない緊急時の動きが鈍る恐れは高い。

 任せていること・任されることをお互い感謝しつつも、その危険性も忘れない。 
 ここら辺りをわきまえて、イザと言うときに自ら考える心構えをしておけば、日本はいつでも暮らしやすいはずだ。

 というか、イザという時は自分で決められるチャンスだと思うんやけどな。。

 平時は二層構造がもたらす穏健を素直に喜ぶべし。

 混乱時は、自分で決められることを喜ぶべし。だって、運営層になれる可能性があるんだから。程度の差こそあれ、実務層の中でも全体論の判断能力は自然と培っているはずで、その舞台の大きさが変わるだけだと思えばよい
 逆に運営層に疲れた人が実務層に回ることができる。明治維新の時も各地の士族が肩の荷を下ろした側面もあったらしい。

 要は、死中に活あり。

 米国経済が失墜しようが、中国ロシアあたりが睨みつけてこようが、
 フランスのように、若者が年寄りに猛烈な反旗をかかげようが、
 どうにかなるはずだ。

 安心したらええ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »