« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

誰もが何かを見下している。

 正直、この私がそうだから、間違いない。

 何を見下しているという確証はないけど、「コイツあほちゃうか?」と思った時に生じる、自覚のない態度によって、相手を傷つけたことがあっただろう。

 見下す対象は世の中に多々ある。
 犯罪者とか多くの人に迷惑をかけた輩、暴力・詐欺などの手段を使ってでも金儲けをする連中など、色々いる。

 その対象が一般的に「見下してよい」とされていれば、周囲の糾弾を受けないだろうが、価値観が改められた時には遅い。
 というより、始めから見下さなければ良い。

 いわゆる過去の(いや、今もか)差別問題とは、以前は「見下してよい」とされていた対象がそうではなくなった事例ともいえる。例えば、わが国における部落問題、韓国の身分問題、米国の人種差別、キリスト教徒によるユダヤ教徒・イスラム教徒差別(その逆もしかり)など数え挙げればきりがない。
 これらは、見下す対象を共有することによって、安易に団結力が得られてしまった歴史で共通している。「見下すこと」は普段の鬱憤を和らげる効果が抜群であり、差別の対象や方向性の固定は、時々の権力が民衆の暴発回避手段によく利用してきた。
 いわゆる、ガス抜きだ。

 別に、権力が対象を指定しなくても、差別による団結は発生する。
 たとえば、中国の都市住民による農民への侮蔑、あるいは愛国デモ(=周辺の地域や勢力を見下すという意味での)などは、その好例である。ガス抜きになっているからこそ、共産党政権が黙認しているのかもしれない。
 
 身近な例でも、ブログや掲示板における「炎上」状態がそうだ。
 ある言動に対して、「ひどいヤツだ」と指摘する正義感が、さらに別の正義感を呼ぶ状態だ。言い換えれば、当初の発言者を見下す対象として共有した団結が発生してエスカレートする。
 ただ、幸いにしてネット上の話だから、アクセスしなければ害を避けられる。心のダメージは別としても…


 差別による団結。
 その作用の存在は、残念ながら人間の業(ごう)として肯定せざるを得ない。
 わかっちゃいるけど、やめられない。(by 青島幸男)

 人は「見下しあってしまうものだ」という業を素直にみとめて、まずは自律に努めることだ。
 そのうえで、身の回りが誰かが、合理的な理由もなく人を見下していれば、「まあ、アイツにもいい所はあるやろう」ぐらいのことは言ってやればよいのではないか。
 
 見下される側に固定された人間は、よほど鈍感不感でなければ、己を卑下して不快感をまぎらわすか、恨みを骨の髄まで溜めて生き続ける。
 やがて恨みは見下した人間に対する反撃として具体化される。暴力なり争いなり、その多くの理由に「見下されてなるものか」という感情が含まれる。反撃が成功した場合、見下される立場は逆転して、新たな反撃の火種となる。その連鎖が、人間にとって悪い方の歴史を作ってきたことは言うまでもない。

 どこからみても悪人のような輩でも、「盗人にも五分の利」というか、かならず美点はある。だから、誰もかもが、見下す対象を固定することだけは避けるべきだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい子には一人暮らしをさせよ。

 長く東京を空けた7泊のうち、実家が4泊、沖縄のホテルで1泊、沖縄の友人宅に1泊、京都の友人に1泊。(重ねて感謝)

 色々考えられた。
 なぜ、俺は一人暮らしを10年も続けているのか。

 両親から受け継いだ短所を、客観して内省して、改めたり薄めたりするために、一人暮らしをしているのではないかと。
 
 一人暮らしが長い=欠点が多いというわけではなく、
 まあ、天意というのか、私に限っては修行せよと言われている気がする。
 
 それというのも、この7泊を比較すると、他家の気楽さに対して、より実家のほうが面倒に思えてきたからだ。
 面倒は、間近にいる親の言動に対して、他人のように自分との比較をしてしまう時に発生する。『俺もこんなアホなところが似ている、注意しよう。』(もちろん、感心させられる時もある。)

 今回は、さらに面倒の発生頻度が増した。常に親を客体化するようになったのだ。

 つまり、修行としての一人暮らしは卒業が近づいている…


 親元にいるうちは、一定の生活力を会得するのは当然ながら、親のいい部分を引き継ぐ時間といえる。
 一緒に引き継いでしまった悪い部分は、外に出て客体化したり、他の環境で指摘してもらわないとわからないから、やはり一人暮らしが効果的だ。

 一人暮らしの修行を始めるタイミングやその長さは各人によって違う。もちろん必要のない人も多く、親が死ぬまで同居するケースもあるだろう。(そもそも一人暮らしは不経済だから。)
 
 俺の場合、そこまで親離れ、いや親切れをしなければ、大人になれなかった。
 (今も大人ではないかもしれないが。) 

 今回の遠出で得た発見は、単純ながらそんなところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな別れ(被無視)の日々

 また、メールの返事が返ってこない。
 男女に関わらず、今年で何件目を数えるだろうか…

 私の不徳もあるだろうし、相手の事情もあるだろうし、理由は様々と思われる。
 ただ、ハッキリしているのは、人脈の広がりにも「撤退」の時期が来たということだ。自他ともに、好むと好まざるに関わらず。

 確かに、ひとりの職業人や公人の立場での人脈なら、その職権や技能・想定される利益に応じて広がり続ける。政財界や文化芸能関係などのセレブいわゆる公人であれば、当人の名前が勝手に人を呼び寄せることが多い。
 が、一個の私人としてのそれは、各人に緩やかな限界線があるはずだ。私の人脈なり人間関係の一部も外にはみ出そうとしているように思う。

 自分で始末をつけずいれば、向こうから音信を断られる。
 表題の「静かな別れ」とはこのことだ。

 お互いに断っているのなら平安なことだが、一方が断った場合は苦痛を伴う。
 もちろん連絡を無視する側も苦痛を感ずるケースもあるだろうが、大半は相手が不快だから断つはずだ。

 まあ、お互い様ということで、状況を肯定するよりない。

 そういえば、阪神タイガースが強い。
 ファンではあるが、このチームの優劣と私の調子は、反比例するジンクスがある。
 小学生だった前の日本一の年は、今でも人生最悪だった。

 今年は被無視の嵐を覚悟している。
 自身にある原因をよく内省して、心ある言動に努めたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄の市場にて

Hi380219

 ここは、那覇市牧志公設市場。
 
 奥のエスカレータを上れば、オープンスタイルの食堂が並ぶのだが・・・


 あ、アカン。

 客引きの声を聞けば聞くほど、悩む。

 「わからん所や、どないしよう」と足が遠のく。 

 あいかわらず、よその土地に弱い。
 たしかに、排他性が強い地域の出身(父母両系ともに)だが、それだけでは語れない。成人してからの俺の精進が足りないとしかいいようがない。

 ヨーロッパで一人歩いた時もそうやったけど、
 どうも踏み込む(というより決める)のに、いちいち理由が要る。
 決めた後の行動は、早いのだが。。

 諸外国で「イエローキャブ」といわれてバカにされてしまう、ごくごく一部の日本人女性の積極性が、この時ばかりはうらやましい。

 ここで、わが竹馬の友・ヤーニン君なら、路上生活者にでも何がしかの語りかけをするだろう。彼には理由などない、その場の興味だけで動けるのだ。(だから、すぐ物やサービスを買い、金を貯められないらしいが)

 まあ、弱点?があらためてわかっただけでも収穫だ。


 そういえば、そのエスカレータに乗ろうとした時、
 明らかに腰が曲がった婆様と鉢合わせた。
 
 すると、先を譲られる。
 
 恐縮だったので、急ぎでもないから、結局俺が譲った。

 老人に譲られること自体、そうそう味わえない。
 「若いモンのほうが、足が速いから」という配慮も含まれただろうが、
 その精神に感動した。

 そんな、ウチナンチュー(沖縄人)の皆様のご多幸を祈らずにはいられない。
 
 敗戦のツケを払わせてしまっているヤマトンチューの一人としても。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金で時間が買えるか? 実証例

 今夜も金本はヒットが出ない。
 去年の田中幸雄のように、2000本安打達成の瞬間を見ることはかなわなかった。

 さっさと、横浜スタジアムを出た俺はJR関内駅へと急ぐ。
 そう、明日土曜日からは9連休で遠出をする。4月20日までが休暇年度なので、積上げ分が抹消されないうちにと取得した休み。色々予定を入れている。
 準備をしなければ…

 少しでも早く自宅に戻りたい。(だったら始めからハマスタなんて行くな。というツッコミはなしで。)
 根岸線の電車を待ちながら考えてみた。
 
 自宅にはJRの最寄り駅よりも、私鉄の駅のほうが徒歩で5分ほど近い。特急も止まる。
 ということは、私鉄特急に乗り換えたても、5分遅れまでなら自宅に早く着ける計算だ。

 携帯の乗り換え案内で調べると、
 なんと私鉄特急に乗り換えて、さらに3分も早く着くらしい。

 だが、料金は70円高い。


 えっ?

 …安いもんやないか。

 3分+5分で8分の時間を70円で買える。
 1分で10円以内。
 1時間あたりにすると525円

 そんなものか。


 私鉄特急で自宅へ。

 その前に明日の予定を友人に電話した。

 俺「案内とか一切届いてへんぞ」
 友人『なんの話をしてるんだ』
 俺「明日の午後一からの話や」
 友人『…それって、シチ月12日の話だぞ』
 俺「な、なに?7月12日か! シチ月がシ月(=4月)に聞こえてもうてた。
 友人『ご、ごめんな』
 俺「だいたい、京都とか西では、7を"ヒチ"って発音するもんやぞ。」
 俺「島田洋七は"シマダヨウヒチ"言うぐらいやし…」

 島田洋七の話はさておき、

 やった、朝早起きせんで済む!

 …

 あ、この予定のために、 8時台発の新幹線指定席券を用意していた。
 アカン、出発までに払い戻しを受けんと大損や。。

 すでに夜10時前。
 最寄り駅(今度はJR)のみどりの窓口は閉まっており、
 一番近くに行けるターミナル駅へ。

 が、払い戻し額が予想より少なかった。
 『乗車券・特急券あわせて、500円ちょっとの手数料で済むはずだと思ってたのですが?』

 駅員の説明によると、自由席特急券なら出発直前まで同額だが、座席指定を伴う特急券については、前日・当日のキャンセルだと、その30%を手数料としてとられるということだ。本屋で買えるやつと同じ内容の時刻表(JR社員向けの表紙だが)にもちゃんと載っている。

 納得して、気を取り直した。
 (あとで気づいたことだが、私が別途買った600円の時刻表には上記のないよう掲載がない。1000円以上する大型の時刻表しか載ってないと思われる。)

 ともあれ、これで土曜日朝の出発はなくなった。
 日曜日午後一の予定に間に合うよう、東京を出ればよい。


 計算してみよう。

 手数料の合計は、1780円。
 ここに最寄り駅からターミナルまで出た電車賃をあわせると、
 計2200円

 元々乗るつもりだった新幹線の時刻は午前8時10分発で、
 仮に午後6時の列車に遅らせたとして・・・

 2200円÷10時間=1時間あたり220円


 おおおー!
 さっきの関内駅からの帰りよりも割安だ!!

 丸一日ずらして日曜日午前中の移動なら、
 1時間あたり100円を切ることになる。

 ものは考えようや。

 一方、金本アニキのヒット1本あたりの所得は万円単位だろうから、
 やはり安い安い。
 

 とりあえず、英気を養おう。
 すでに日付も変わっているし・・・

 おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南極で立候補します。

 ようやく、南極の国籍がとれた。
 某議員先生のご活躍もあったので、この場を借りてあらためて感謝したい。

 当地は南米やヨーロッパ諸国と同じく二重国籍を認めており、たとえ日本国が他の国籍の所有を排除しようとも、南極側は「相手国がそういっていてもこっちは構いませんよ」と、日本国籍を有したままで南極人になることを許してくれる。

 で、南極にも議会があるらしい。
 無給ではあるが、別に選挙活動をしなくてもよく、立候補することにした。
 ネット議決で済むから、このまま日本で生活していてよい。

 難儀なのは、参勤交代よろしく、3年に一度は南極の首府に出向く義務があることだ。
 この移動費だけは国費が出るとはいえ、ちと辛い。
 1ヶ月は日本を空けないといけないから、長期休暇が許されなければ、勤め先を辞めるのでよろしゅうに。まあ、そのころも勤め人を続けてるかはわからん話やけど。

 日本国も南極領事館を開くとか。
 となると、俺は日南友好議員連盟初代会長になるかもしれない。
 今のうちに、仲良うしといたほうがええで。

 あと、文化的には関西に近い。
 寺社仏閣も多ければ、南極座も南新地もあるし、プロスポーツチーム(南極ホークス、ドカペン)もあって、人気芸人(南極キャンディーズ)もいる。
 ペンギンレースはおなじみで、連中が出身地や部族同士でラインを組む所などは、競輪そっくりだ。


 今日は 4月 1日かあ。節目のいい日だ。
 「南極条約」を調べて、納得してください。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »