« 生と死の使ひ方…「明日への遺言」 | トップページ | 金で時間が買えるか? 実証例 »

南極で立候補します。

 ようやく、南極の国籍がとれた。
 某議員先生のご活躍もあったので、この場を借りてあらためて感謝したい。

 当地は南米やヨーロッパ諸国と同じく二重国籍を認めており、たとえ日本国が他の国籍の所有を排除しようとも、南極側は「相手国がそういっていてもこっちは構いませんよ」と、日本国籍を有したままで南極人になることを許してくれる。

 で、南極にも議会があるらしい。
 無給ではあるが、別に選挙活動をしなくてもよく、立候補することにした。
 ネット議決で済むから、このまま日本で生活していてよい。

 難儀なのは、参勤交代よろしく、3年に一度は南極の首府に出向く義務があることだ。
 この移動費だけは国費が出るとはいえ、ちと辛い。
 1ヶ月は日本を空けないといけないから、長期休暇が許されなければ、勤め先を辞めるのでよろしゅうに。まあ、そのころも勤め人を続けてるかはわからん話やけど。

 日本国も南極領事館を開くとか。
 となると、俺は日南友好議員連盟初代会長になるかもしれない。
 今のうちに、仲良うしといたほうがええで。

 あと、文化的には関西に近い。
 寺社仏閣も多ければ、南極座も南新地もあるし、プロスポーツチーム(南極ホークス、ドカペン)もあって、人気芸人(南極キャンディーズ)もいる。
 ペンギンレースはおなじみで、連中が出身地や部族同士でラインを組む所などは、競輪そっくりだ。


 今日は 4月 1日かあ。節目のいい日だ。
 「南極条約」を調べて、納得してください。
 
 

|

« 生と死の使ひ方…「明日への遺言」 | トップページ | 金で時間が買えるか? 実証例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/40722802

この記事へのトラックバック一覧です: 南極で立候補します。:

« 生と死の使ひ方…「明日への遺言」 | トップページ | 金で時間が買えるか? 実証例 »