« 8/2 市川(江戸川)花火大会 | トップページ | 文明停滞への準備は、日本の若者から。 »

リピーターとなる瞬間。

 一週間ほど前の話。
 海鮮鉄板焼定食750円を頼んだら、思った以上のものが出てきた。ボリュームも充分、うまい。
 だが、飛んだ油が手につく…つく・・・

 アッ!
 スープをこぼしてしまった。

 すると、布巾で拭いてくれるだけでなく、代わりのスープを出してくれた。

 またこの店に行こうと思える瞬間である。 地図


 続いて、市川花火大会の帰りの話。

 主催者である友人夫婦宅を出て、編集者兼ライターのモツ君と近所の銭湯に向う。
 貸しタオルは二人とも頼んだが、石鹸の購入は一つにとどめる。
 
 しばらくして、脱衣所のロッカーの上にモツ君が何かを見つけた。

 『石鹸ここにあるじゃないですか』
 封は開いているが、少し濡れただけで未使用の石鹸が二つ。
 じゃあ、買った石鹸はそのままにしようと、一たんロッカーに片付けた。

 洗い場でモツ君が、また、ケチなことを言う。
 『使わなかったんで、お金返してくださいって言えないですかね・・・』

 だが、試してみる価値はあるので、「俺が言ってみるが、実際に買ったのは君だから横にいるように」と答えた。

 番台の親父さん(といっても私と10歳ぐらいしか違わないだろうが)は、
 『普通はダメなんですけどね、いいですよ。』と30円を返してくれた。

 30円だが、モツ君に言わせると、のれんをくぐって外にでたときの私は喜色満面だったという。私も充分ケチくさい奴である(笑)

 「また、あの銭湯に来ないといけなくなったな。」
 『そうですね、来年の花火大会の後は必ず来ましょう。』

 気持ちの良い夜になった。


 ※注 当たり前ですが、銭湯の石鹸は買取りが普通です。たまたま花火という祭りの日だったから、店主?の方もお許しいただいたのだと思います。あと、代わりのスープも出てこないのが普通です。

|

« 8/2 市川(江戸川)花火大会 | トップページ | 文明停滞への準備は、日本の若者から。 »

コメント

「あったらいいな」が商品化されると、人気商品になって爆発的に売れちゃうのと同じですね☆
携帯の「メール」や「写メ」、「インターネット」の機能みたいに。

投稿: BAKAKO | 2008/08/19 04:57

>BAKAKOさん
読み返すと、私が金に細かいヤツに見えますね(爆)。
実は公共料金は自動振替でカードの利用額も確認しないし、当然ながら家計簿などつけようと思ったこともない。

つまり、お得感を味わいたがるのは万人共通やと思います。
レンズ付きフィルムは、カメラなど持ちたくない人だけでなく、ふと風景が取りたくなったセレブだって買ったはず。

本当に強い付加価値とはそういうものだと思います。

投稿: こんだぃ=筆者 | 2008/08/19 19:27

あ、携帯機能の話やったか。
このコメントも携帯から入力してます。(^-^)

だから、ほかのコメントを確認しづらい(笑)

投稿: こんだぃ=筆者 | 2008/08/19 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/42081232

この記事へのトラックバック一覧です: リピーターとなる瞬間。:

« 8/2 市川(江戸川)花火大会 | トップページ | 文明停滞への準備は、日本の若者から。 »