« オダギリジョーと大泉洋 | トップページ | 勉強は1時間でやめろ »

友達は150人まで?

 流行になって久しい、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。
 GREEはリンクが150名を越えた時点で面倒くさくなった。
 mixiも150が見えてきたら、やっぱり面倒くさくなった。
 ついでに年賀状も120通ぐらいで面倒くさくなって、増やさないようにした。

 というわけで、記事を紹介する。

 組織150人の法則 …松村崇ウェブサイト


(前略)
 何も電話やインターネットの世界でなくても、人間同士のアナログ・コミュニケーションにおいても同様なことが組織内で生じている。会社など組織の人数が増えれば増えるほど、相互関係が通信ネットワークでいうn(n-1)/2通りに増えていく。

 しかし、残念ながら人間の脳の処理能力には限界があり、認知可能で顔の見える良好な関係が維持できるのはせいぜいn=150人前後ではないかと言われているのだ。つまり、組織における人間の相互関係においては、脳の処理能力は11,175通りほどまでで限界となり、それを超えると所属している組織の性質が変化してしまうというのである。
(中略)
 新皮質率をホモ・サピエンスに当てはめると、147.8人という、ほぼ150に近い結果が出た。この150という数は、私たち人間が真正の社会関係(顔の見える関係)を営むことのできる最大の個人数を表していると思われると、ダンバーは言う。すなわち、相手がどこの誰で、自分とどのようなつながりを持っているかを知りながら良好な関係が維持できる集団規模が150人というわけだ。(攻略)

 ふむ、そういうことか。
 これまでにいただいた名刺の数は軽く1000件を越える。携帯のアドレス帳も400~500件。でも、使うのは、100件あればいいほうだ。ましてや、アホな私は人の顔を覚えるのが苦手で、実は人見知りだ。おそらく、世間の皆様からは、『そこまで人脈を増やさんでも』と思っているかもしれない。全く、その通りである。

 仕事上の研究もあってGREEを使い始めた時、リンク人数を競っている姿を見てはすでに心苦しくなっていた。それでもまだつまらない競争心が残っており、オフ会などで知り合った相手は快くリンク手続きをして、私からもお願いしていたが、ある日を境に面倒くさくなった。先述の通り、その数は150である。
 それで、mixiは方針を変えた。あくまで顔も名前も一致して、常に思い出せる方だけとリンクしていく。すると、やはり、130ぐらいで「もうええか」の気分になってくる。リンクしてない親しい人々が居ても、面倒くさくなっている。

 この法則、なかなか当たっている。
 そもそも、八方美人に務めてあの人ともあの人ともお友達ですと、永遠に広げていては、これまでの知己に失礼となる可能性がある(信用を失う危険性もある)。自然消滅したものは仕方がないとして、少しでもやり取りのある知友をおざなりにはしたくない。政治家や財界人、芸能人が千人万人の付き合いがあるように見えるのは、150名辺りを越えた所からは一方的に知られているだけだろう。有名人同士であれば、お互いを有名人として知っているというところか。とはいえ、150名を越えても彼らの感謝の気持ちは変わらないだろうし、そこが偉い。

 と、この時点で気がついたのは、「縁が自然消滅」する理由である。
 いずれか一方が150人枠を突破したがために、無意識に連絡をとらないようになった。こう考えれば自然だ。キャリア官僚になった友人や関西に残って20代前半で家庭持ちになった友人と連絡が途絶えた事例を思い出すと、いずれも彼らの付き合う範囲がガラリと変わった点で共通している。当たり前のことかもしれないが、付き合いを保てる人数に上限があるとの発想が、今は実に新鮮だ。

 映画監督が似たような俳優陣を使ったりする理由も、4位に終わった星野日本代表監督が同年の友人をコーチに誘った理由もこれで説明できる。人脈や影響範囲を広げ過ぎるとややこしくなるから、あくまで手元は身内で固めようと。

 私は33年しか生きてないので、途中までしか書けないが、こんなものだろう。
 同居の家族は除いて計算する。

 1.10代前半まで(~50名)
  …小中学生、地元の友人プラス

 2.10代後半(~100名)
  …高校生、部活の付き合い、校外=地域外へ

 3.20代前半(150名突破、無意識の入れ替え)
  …大学生または最初の職場、地域外や出身地以外へ
   2.以来の友人は30名ぐらいに減る。

 4.20代後半(150名維持、有意識の入れ替え)
  …学生以前の付き合いと職場の付き合いの比率が変化
   所属団体以外の付き合いはこの頃から減少に
   2.以来の友人は10名を切り、3.以来の友人も多くて50名ほど。

 5.30代前半(安定期、固定の数十名以外は自然入れ替え)
  …多くは、職場付き合いとごく一部の学生以前からの友人を固定層とする
   所属団体以外の付き合いはまずない。(つまり私が例外)
   2.以来は数名以下、3.以来は十数名、4.以来も十数名。

 だったら、これ以上、広がりがないではないかと言われるが、それは大間違いだ。
 それぞれの分野のキーパーソンと仲良くして、何かあればそこから広がればよい。

 The Tipping Point (Malcolm Gladwell)…アルコムワールド・読書マラソン(日本語です)


(前略)
流行の背景には3つの要素があると書かれています。

その3つとは
・Law of the Few
 [筆者注・少数者の法則=人の和?]
・Stickness Factor [筆者注・粘りの要素=地の利?]
・Power of Context [筆者注・背景の力=天の時?]
です。

Law of the Few というのは、要するにキーマンがいるということで、以下の3人の人が存在するんだそうです。

・Connector
・Maven(玄人、専門家)
・Salesman
[筆者注・営業、広報担当]

Connector というのは、いろんな人とのつながりがある人です。

「六次の隔たり」という考え方がありますよね。
要するに、知り合いを6~7人辿れば、世界中の誰とでも連絡を取れるということです。

この本で紹介されていたのは、学生に頼んで「知り合いを伝って△△にいる○○さんに連絡して」という実験をやったところ、実際にうまく行ったらしいのですが、そのときに大部分が、○○さんの直前に「とある人」を経由していたというのです。

そういう人が Connector です。
いろんな人のことを知っていて、「これだったら、あの人が詳しいな」とすぐに思いつくような人というのでしょうか。(時々いますよね)
知り合いの名字を思いつくだけ挙げてくれ、という実験をやると、普通の人だと30~40人くらいらしいのですが、Connector なら100とか200とか出てくるらしいです。

 このConnectorが重要である。
 それ自身は芸がないかもしれないが、なぜか人を繋げる能力はある。

 私は決して、営業体質ではないから、おそらくConnectorにはなれるかもしれない。
 だからこそ、150人以上も大切にしたい。
 一度切れても、戻る縁があることだし。(注・深い意味はない)

 だけど、あからさまにConnector要素狙いで近づいてくるSalesmanは困りものですなあ(苦笑)

|

« オダギリジョーと大泉洋 | トップページ | 勉強は1時間でやめろ »

コメント

アルコム・読書マラソンのマネージャをやっておりますH.Millsです。はじめまして。トラックバックいただきましてありがとうございます。

大変面白いブログですね。

>n(n-1)/2

この公式、コミュニケーションの話で読んだことありましたが、その先に人間の能力として、150人がMaxだということを認知科学で検証されていたとは知りませんでした。

このコミュニケーションをうまく処理するというのは大変やっかいな話ですね。仕事で、納期に間に合わないからといって、人数を増やせば間に合うかといえば、そう単純にはいかない。

人数が増えた分、n(n-1)/2の公式が示すようにコミュニケーションが増える一方で、実作業へのマンパワーは人数に比例して増えないというパラドックスがあります。

なかなか悩み深い問題です。

投稿: H.Mills | 2008/09/14 22:22

>H.Millsさん

こちらこそ、TBの許可とコメントありがとうございます。

ある人数を越えると、
作業能率が上がらないということは、
別の組織や集団を作ってそちらに任せるか、
あるいはやる事を減らすか
のどちらかになるのでしょう。

直感でしかないですが、
任せることと減らすことの両方が苦手、
あるいは怖い人が結構いるなと思うこのごろです。

某経営者が人切りと人の使い捨てに頑張った結果、
怖くなった人が増えるのは、当然かもしれませんが…
(^_^;)

投稿: こんだぃ=筆者 | 2008/09/16 21:30

松村崇ウェブサイトの松村です。
引用していただきまして、ありがとうございます。
リンク切れのお知らせです。

サーバー移行に伴い、ドメインが変更となりました。
引用記事のドメインは、
http://matsumuratakashi.com/column2/20061121.html
となります。

大変お手数でありますが、変更のほど、よろしくお願い申し上げます。

投稿: 松村崇 | 2009/08/17 19:50

>松村さん

ご連絡ありがとうございます。
リンク指定の変更させていただきました。

こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。

投稿: こんだぃ=筆者 | 2009/08/20 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/42443601

この記事へのトラックバック一覧です: 友達は150人まで?:

« オダギリジョーと大泉洋 | トップページ | 勉強は1時間でやめろ »