« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

憧れは自殺への道? ~人のいのちを守るために

 自殺の理由は、本人にしか聞けないから真相がわからない。
 ただ、推測することはできる。

 十数年前に死んだ女性(長女)の妹(次女)の話では、お父さんは妹(三女)を可愛いがりすぎたからだという。3年ほど前に死んだ友人は、仕事もだめになり嫁も逃げたキツイ時期に「兄さんより…」と優秀な兄と張り合ってた姿を思い出す。
 身近にいる憧れの存在から、自らの姿が程遠くてどうしようもないと思った究極が、自殺なのかもしれない。私がそうならなかった面で親に有り余る感謝があるのだが、それはあとで書く。

 「いのちを守る」
 このフレーズで、1月29日の鳩山首相施政方針演説が話題になっている。

 第174回国会における鳩山内閣総理大臣施政方針演説…首相官邸

 さすがは非自民党政権といった希望をもてる内容で、松井孝治官房副長官が草稿執筆、本職の演出家でもある内閣参与・平田オリザ氏が演出という。
 が、このブログの趣旨はあくまで「国に頼らずやれること」なので、演説の分析が主目的ではない。関連して思いついたこと、一人ひとりの意識の変換で、守れるいのちを取り上げたい。

続きを読む "憧れは自殺への道? ~人のいのちを守るために"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただの議論好きは会議に出るな!(議論≠解決)

 「議論は徹底しなければならない」という先輩がいた。
 会議になれば、すでに終わったことであれ、まだ他社や他部署に公開すべきではない内容であれ、思いついたことは何でも話す。「そういえば、あれだったよな。」「これも必要じゃん」と。興味のあることは管掌外でも口を出す。だから、別方面からは痛くない腹まで探られ、乗じて会議時間は長引く。そして、事は決まらない…

 混乱の象徴みたいな男だ。後輩ではある私だが、徹して反論と関西風の強めの突っ込みで、彼を遠ざけ、私の職掌にあたるスペースには足を踏み入らせないようにしているぐらいだ。

 彼は議論が判断の決定に役立つと思い込んでいる。
 大真面目に誤解している。
 

続きを読む "ただの議論好きは会議に出るな!(議論≠解決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会起業家、忠臣蔵…デフレ時代の良い生き方・死に方とは。

 「近藤さん、オレ将来出世するんだから、驕ってくださいよ」

 大手企業から某ベンチャーに転じた青年が冗談めかす。慶大出身のそこそこイケメン。たぶん、ここまで書けば本人に気づかれるはずだが、それも良し。

 ちなみに私は「社会起業家」という言葉の響きが、なんとなく耳になじまない。新手のカッコつけのようにも思える。だが、あえて、その時代的意義を勝手に考えてみる。 

 その前に社会起業家の定義はこちらがわかりやすいかと。
 ソーシャルエンタープライズの定義…社会起業家ブログ


続きを読む "社会起業家、忠臣蔵…デフレ時代の良い生き方・死に方とは。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年後は、国際委託大国・日本かな…

 前の前の記事で短く書けといわれたので、今度はそうしよう。ついでに口語ぽくしよう。って、内容を膨らませられないだけだが(笑)

 好むと好まざるに関わらず、10年後における、わが国の労働形態(雇用形態ではない)は、アジア諸国を委託先とした、企画・調整ビジネスがさらに増えるだろう。

続きを読む "10年後は、国際委託大国・日本かな…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日への暴論 「長期デフレとバブル崩壊発祥の地・日本」で、観光立国へ

 先の記事の続きにもなる…解決策というより、暴論を展開してみる。
 長い歴史からみれば、デフレサイクルへの移行なんて別に珍しいことでもないが、21世紀の今ならウケる。

 IMF管理下で辛酸を舐めた韓国も、相変わらずバブル崩壊恐怖症の中国も、識字率が低くて均質な生産体制がとれないインドも、リーマン・ショックでダメになったアメリカも、勤勉体質が薄くてどうにもならない南米も、経済状態の悪い加盟国に引きずられがちなEUも、もう不動産バブルが限界に来た中東も、これから稼ぎたいアフリカも・・・

 日本のような異質?な国というのは、面白がれるし参考になるだろう。
 勤勉で、一方に周りが向えば思考をしなくなる国民性。先輩達が築き上げたこの150年ほどの極端な歴史と、十分に得たノウハウ。売り物は嫌と言うほどある。

 もう製造業中心で外貨を稼ごうとするな。わが国には特殊な先進国として歩んだコンテンツがあるではないか。
 こうなったら、日本国全体を、テーマパークにしてしまえばいい。

 もう世界デフレだと、各地域が納得し始めるだろう2030年頃には、19世紀の英国、20世紀半ばの米国のように、ひっきりなしに外国人がやってくるだろう。観光客に留学生などなど。国土の制約上、移住者は相変わらず受け入れにくいだろうけど。

 欠点を生かして笑いや明日に繋げる。
 ブラックマヨネーズ手法とでも名づけようか。

続きを読む "明日への暴論 「長期デフレとバブル崩壊発祥の地・日本」で、観光立国へ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

これからはデフレが普通。生活を変えられる者の勝ち。

 私は経済学が専攻ではなく、数式を出されても「ハァ?」となってしまう。
 とはいえ、自称高校1年生レベルの数学力と、自称オタクレベルの雑学と歴史知識でマクロの動きぐらいは、素人評論家並みには掴めるつもりではいる。

 さっさと、参考リンク先を挙げておく。

 世界同時「真性デフレ」の恐怖…日経ビジネスオンライン
 生産性格差デフレ*…池田信夫blog
 書評:水野和夫著『100年デフレ~21世紀はバブル多発型物価下落の時代』(日経ビジネス人文庫)…ぐんぐんぐんま~とうとう東京

 下につれるほど未来を語っている。
 デフレに慣れない勢力の代弁、最近のデフレが何であるかの分析、デフレの時代を肯定。といった順番になるだろう。
 このあたりを後学のために私になりに総括してみる。高校公民科の副教材の付け足しぐらいにはなるかもしれない・・・ならんかな。なお、私は素人だから、いっさい数式は使わない(笑)

続きを読む "これからはデフレが普通。生活を変えられる者の勝ち。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

1/17 中卒社会人から東大生まで、20代が未来の教育を語る…「Mr.ゆとり教育」の元文部官僚・寺脇研氏を迎えて 2030ビジョン第1回フォーラム

 あけましておめでとうございます。
 昨年来からの、私が関わる教育・人生設計ネタの一つを案内します。

 "2030ビジョン"プロジェクト 第1回フォーラム
 「未来を創る教育のあり方」若者の声から考えよう

  開催日時 平成22年1月17日(日) 13:40~16:40
          終了後に、懇親会あります。
  開催場所 港勤労福祉会館(東京都港区芝5-18-2)
  詳細・お申し込み "2030ビジョン"プロジェクトHPにて

続きを読む "1/17 中卒社会人から東大生まで、20代が未来の教育を語る…「Mr.ゆとり教育」の元文部官僚・寺脇研氏を迎えて 2030ビジョン第1回フォーラム"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »