« 憧れは自殺への道? ~人のいのちを守るために | トップページ | ○○チルドレンは蔑称?親離れした後が本番。 »

さとり世代は、しっかり者。 ~小学5年生達と接して

 わが友の1人は、ある金を全て使ってしまう。学生時代には十数万円の自転車(現在・私が所有、祝いの意味を込めて地デジと交換)を飲まず食わずの寸前で買い、社会人になっても路頭で引っかかって数十万円の絵を買わされる。
 友は良い意味では感動家、悪い意味では衝動家といえる。

 逆に私は財布の紐が固く、後先を考えては投資ができなくなってしまうタチだ。
 そのせいで、女性に逃げられているのかもしれないが、よく言えば現状あるモノで満足して生活する性分あり、見栄を張る気が少ない。間違いなくこれからのデフレサイクルに強い。本気で自信がある。

 おそらく、私を含む「財布の紐が堅い」タイプが、
 最近の新語「さとり世代」に近いだろう。

 ねとらぼ:ゆとりの次は「さとり世代」?…ITmediaNEWS
 ゆとりの次は「さとり世代」?…イザ
 「さとり世代」は名言だ…手嶋屋社長BLOG

 手嶋屋社長氏は『自分はこの「さとり世代」の動きは悪いことではなく、進化した日本人の登場であると思っている。見栄を張って無駄な消費をするバブル世代の方が、よっぽど子供であり、世の中のためにもならない。 』とお書きだが、私もいたく同感である。

 必要なものだけを得れば十分として欲をかかない。分をわきまえた生き方ができる。○○世代のように成功体験に縛られることなく柔軟な変化もできる。もちろん悪く言えば、やっても無駄なことはしない。未来を期待しない。度を越えると、過程を楽しめない・・・

 私のように上の世代にも「さとり」はいるのだが、ゆとり教育などの余裕を持たせた環境や、頭が柔らかいほどわかる経済サイクルの変化によって、世代の多数派になっただけかもしれない。


 で、子どもっぽい活発さが損なわれたわけではないようだ。

 先日、縁あって、小学校5年生の教壇に立つ機会を得た。
 詐欺懸賞サイトをお題にした情報リテラシー教育で、1人の男子生徒が

 「良いものが当たりそうと、欲にくらんじゃいけないと思います。」

 との回答を得た。
 な、なるほど。
 見た目は間違いなく小学生。でも理性的。

 「周りの人と話し合ってみて」と言うと活発にやりあい、それでいて話は静かに聞くクラスの雰囲気。
 担任教諭の力量もあるだろうが、数々の冷静な回答と、彼を含めたクラスメートのしっかりとした態度に、良い意味での「さとり世代」をみた気がする。

 また1人が、

 「オレ、母ちゃんに通販サイトでモノを買おうとしたのを止められたので、今は怖いです」

 後で聞くと小学1年生の時らしく、お母さんもしっかりしているではないか。

 将来は、たぶん明るい。

|

« 憧れは自殺への道? ~人のいのちを守るために | トップページ | ○○チルドレンは蔑称?親離れした後が本番。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/47457800

この記事へのトラックバック一覧です: さとり世代は、しっかり者。 ~小学5年生達と接して:

« 憧れは自殺への道? ~人のいのちを守るために | トップページ | ○○チルドレンは蔑称?親離れした後が本番。 »