« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

上地雄輔、AKB48、食べるラー油、アート優先。成長社会から定常社会へ。

 珍しく「ホンマでっかTV」を見ていると、マツコ・デラックスが、ダメ男ばかり好きになってしょうがないとの相談をしていた。
 何人も並ぶ専門家(半分タレント化しているが)の1人で・経済評論家の門倉貴史氏(だったと思う)は、 『完璧な男を好きになるのは、明治以降の高度成長期ぐらいで、それ以外はダメ男好きが普通だった。』と、むしろ今が例外だと説明した。

 男であれば、徹して社会の中で稼ぐことが求められるから、完璧な男になろう見せかけようと努力してしまう。 つまり高度成長期は、男女ともに、完成されたもの、完璧と思えるものに憧れを抱く。
 なるほど、また納得がいく答えが出てきた。

 高度成長期は多く見積もっても歴史の半分ぐらいしか占めない。ほとんどの人が「これからもっと生活が良くなる」と思えるまでの技術革新と実施効果がみえてから成立するもので、わが国でいえば、江戸時代最初の100年間と、つい最近までの130年ほどがそうだった。人口で言えば、前者は2倍、後者は4倍になっている。

 農業土木技術や交通手段、家電製品にITのような生活が変わるような技術革新がなくなれば、高度成長期は終わりを告げる。
 では、成長社会以外の時期をどう呼べばいいかというと、「定常社会」という表現があるらしい。(定常型社会ともいうそうだ。)

続きを読む "上地雄輔、AKB48、食べるラー油、アート優先。成長社会から定常社会へ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『かかあ天下』か『亭主関白』の二者択一ではない。

 昭和生まれ男の一生は極論すれば3つほどに分かれる。

 1.堅実に勤め人として生き、嫁の要望に逆らいづらい「昭和的普通人」
 2.イケイケ、起業万歳、猪突猛進まっしぐら「肉食派」
 3.多くを求めない代わりに、自分の時間や志向を大切にする「自由人」

 私などは3つの要素全てを持っている気がするが、3.が強い。
 結婚のタイプで3つを説明していくと…

 1.は『かかあ天下』型。仕事に徹する代わりに家庭の全権は嫁に委ねる発想だから、多忙を極める商社マンや銀行員に多いと思われる。昭和生まれの5~6割を占める。
 2.は『亭主関白』型。言わずと知れた独立志向、ベンチャー志向で、仕事に徹しはするけど、稼ぎがいいから常に大黒柱として立ててもらえる。その代わり、嫁は慢性的な不満を抱え続けていて、金の切れ目が縁の切れ目、なんてこともありえる。昭和生まれでいえば1~2割ほどで、江戸時代の武士人口の比率にも近い。
 
 で、最後の3.がこれから増え続けるであろう、『調和夫婦』型というやつで、以下の記事で語られている。

 結婚相談所に勤める元結婚詐欺師が語る 草食系男子がパートナーを見つける方法 …メンズサイゾー

続きを読む "『かかあ天下』か『亭主関白』の二者択一ではない。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マイホーム」「マイカー」のない幸せ、下手に借金しない幸せ。社会問題も解決?

 以前からずっと思っていたことだが、やっと専門家による近いご意見を見つけた。

 200年住宅法で思うこと…半田典久氏・サイト「住宅ローンの殿堂」より

これからの変化の大きい時代には、もう「マイホーム」は向かないのかもしれません。

結婚あり、離婚あり、結婚しない人あり、子供がいないDINKSあり、転職あり、転勤あり、老夫婦あり、介護あり、・・夫婦と子供2人の親子4人が標準世帯と言われていた時代ではなくなりました。そして、昨年秋の「リーマンショック」に端を発して、リストラなどの『サラリーマンショック』が急に始まるなど、いろいろなことが起こる激変の時代には、変化に耐えられる「軽装備」が最適です。

車も昔はコストがかかる「マイカー」が当たり前でしたが、いまや必要なときだけ使うコストの掛からない「カーシェアリング」が伸びており、その他の分野でも「所有より利用の時代」へと移っています。

考えてみれば、今までは「住宅」に対して、あまりに関心と資金の比重を置きすぎていたのかもしれません。
「物件はいつが買い時」かとか「ローン金利は最低かどうか」とか、一時の決断の良し悪しだけで、後で環境変化に対応が難しくなるという、あまりに大きな「もの」を背負ってしまっていたかもしれません。

 非常に納得だ。大きいけど交通の便が悪かったり、都心だけど日当たりが悪すぎる家など、いったん所有すると融通が利かない。持ち家主義だけでなく、賢く借り続ける選択肢をも上等と考えてもいいのではないだろうか。

続きを読む "「マイホーム」「マイカー」のない幸せ、下手に借金しない幸せ。社会問題も解決?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »