« ニート化を抑止する要因を考えてみた。 | トップページ | GDP世界3位は考え直す好機。AKB48でいえば、高橋みなみや渡辺麻友を目指せ。 »

幸福度は現状肯定力でも決まる。プラス思考の例を挙げてみよう。

 昭和を生き抜いた先輩方は尊敬するけども、その考え方が未来も通用するとは限らない。いや、通用しない可能性のほうが高い。

 例えば、改善スパイラル。一定の技術革新が伴う時期であれば、人の工夫と新しい科学技術の付与を繰り返せば、何がしかの改善点が見つかった。しかし、技術革新のスピードが常に高いとは限らない。歴史が物語っているように、サイクルがある。
 じっさい、改善スパイラルの代表例とされる巨大企業の話となると、期間社員の一人が秋葉原で殺傷事件を起こしたのが記憶に新しく、そうでないものは寮で自殺するとか、耳に入る数々の情報に閉塞感が漂う。 

 様々なことにいえることだが、現状肯定をしないと生活は始まらない。常に向上心を持っていてはたちまちに「今が悪い」と思えてしまい、精神衛生に悪い。過去の原則にとらわれ、幸福を感じる場面を勝手に減らしている。

 結局、幸福とは本人の心の持ちようによる部分が大きい。
 では、こんだぃなりの現状肯定、プラス思考事例を挙げてみる。

【友人関係・人間関係への対応】

 進路が分かれた友人と疎遠になった女子大生へ(実践例あり)

 こんだぃ:良かったやないか、今は無理に会わんでもええゆうことや。しばらくほっとき。そのうち機会があった時に、喜びが大きうなるやないか。

 取引先から「訴訟するぞ」と脅されている営業マンへ(実践例あり)

 こんだぃ:良かったやないか、オレの職場なんか「あの二人は出来てますよ」とお気に入りの女性が懐かないと毎日すねてきて、仕事を全部押し付ける40歳独身の先輩がいる。そないなん隣におったら、マジで◆意いだくで。同僚でないだけ、よっぽどマシやぞ。遠く離れた時に、ええ勉強の材料にしておけ。

【所得減への対応】

◆新聞・テレビの記者へ

 こんだぃ:良かったやないか、これで金もらって記事を書いてると思われんようになる。元々そうだったろうけど(そうでなかった場合は、痛烈な嫌味に)、これからはもっと尊敬されるよ。
 
◆地方公務員へ

 こんだぃ:良かったやないか、これで税金泥棒って言われることがなくなるやないか。それだけの仕事してるからね。(しっかり仕事してない相手には、痛烈な嫌味に)官舎もあるんだし、何とかやっているけるんでしょ、オレも助けるから。(ただし、キツイ職種に関しては、ここから長い同情の言葉が続く)

◆保険会社社員へ

 こんだぃ:良かったやないか、これで契約者に貢献できたじゃないか。その話を営業先で持っていくと、いい同情を買えるよ…あっそうか、社員の給与が減る=保険金支給を含めた原資全体の目減りを予測させる=契約者の不安が煽られる。ってことか。。。あの業界は給料が高くないといけないのか…

 
【男女関係への対応】

◆いわゆる人気企業勤めの男に振られた女性へ

 …男がマジメタイプだった場合
 こんだぃ:良かったやないか、そないな会社人間、家かえっても会話とか面白ないで。その点だけはオレが勝ってると思うわ。(と、多少はアピール)

 …男がコミュニケーション力高いタイプだった場合
 こんだぃ:良かったやないか、そないな男は次々と女性が寄ってきよって、二股とか、かけやすいで。君みたいなええ子でもそういう目に合わすヤツから、別れ話を切り出さずに離れられてラッキーと思たらええ。

◆良家のお嬢様を逃した男性へ

 こんだぃ:良かったやないか、歳いってから無理な贅沢言われてからでは遅いで。今の生活の楽しさから大きく離れた世界に行かなくて済んだやないか。


【健康問題への対応】

 痛風持ちの人へ
 こんだぃ:良かったやないか、話のネタに困らんやないか。それで『食道楽だ贅沢』だの、下らない偏見を持つ相手がいたら、自然と人格の仕分けができるから、かえって好都合じゃないか。オレがしめ鯖に当たった話なんか(それも正月)、持病でもなんでもないから、一発ネタにしかならんからなあ。
 
 虚弱体質の人へ
 こんだぃ:良かったやないか、オレの友人に体力はあるけどその分猪突猛進になって仕方がないのがいるから。お蔭で5年に一度は交通事故に遭うし、訴訟沙汰になる相手を営業するなど国立大学の院卒とは思えないぐらいトラブルを持ってくる。多少体調が悪いぐらいが、冷静な判断ができるんと違う?


…その他、身体障害者の方々にかける言葉も考えたのですが、文章化すると多大な誤解を与えうるので、割愛します。お聞きになりたい方は、直接私・こんだぃまで。

 まあ、こんなところだろう。 
 ただし、人からうらやましがられたい体質の方には、この手の励まし?は一切利かない。幸せの物差しが世間体になっている時点で、こんだぃ個人の物差しなど平気で無視するだろう。

 上記に二度出場させた某友人(当ブログの名物男)が、いいことを言っていた。

 『今のご老人が長生きなんは、和食→占領軍の米国食→雑食と、時代時代に食生活を合わせられたからやで。周りの変化に合わせられた人間こそ、生きていけるんや。』

 なるほど。ただ、今のご老人が80歳だとすると、もちろん、お若い頃の苦痛は、我々の世代がどう想像したって追いつくものではないが、40年は高度経済成長期を生きられたわけで、努力が直に所得増につながる原則の中で生きられたはずだ。

 その原則が通用しなくが来ている。努力=名誉とか、努力=安心とか、変化薄=穏健とか、視点を変えた発想をもっともっと幸福度に取り入れていくぐらいでいい。
 視点を変えれば、自殺者も減るだろうし、職業を選びすぎる意味での就職浪人とかニートも減るだろう。

 あと出来ることなら、欲張りすぎる人に退いてもらうことぐらいか。親の死亡届を出さず手当てをもらう輩、民間企業の2倍に達する給料にただ甘んじる輩、若者を押しのけて自分が動きたがる老輩…

 まあ、他者に期待しすぎることなく、自分の生き方で歩むほうが手っ取り早い。
 時代背景にあわせて、先に変わった者の勝ちだ。

【参考】
 国民の「幸福度」調査 内閣府 …龍さんのプログ
 幸福度と喫煙 …田舎暮らし 白河

|

« ニート化を抑止する要因を考えてみた。 | トップページ | GDP世界3位は考え直す好機。AKB48でいえば、高橋みなみや渡辺麻友を目指せ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/49045089

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福度は現状肯定力でも決まる。プラス思考の例を挙げてみよう。:

« ニート化を抑止する要因を考えてみた。 | トップページ | GDP世界3位は考え直す好機。AKB48でいえば、高橋みなみや渡辺麻友を目指せ。 »