« 「極論」の使い方。人口減少に明治維新… | トップページ | 非成長期アイドル 低く低く、謙虚に。 »

官僚主導から芸人主導へ。低成長社会の切り札?

 ある芸能関係者の言葉。

 『大衆との距離がなければ、やっていけません。』

 そう、一般人とは違う生活を強いられ、「大変なんだ、偉いんだ」と思われているから成立する職業である。

 多くの人のためにギリギリまで時間を使う人、だから我々大衆が簡単に会ってはならない。…と思われてこそ、トップクラスの芸能人における人気や信頼は揺るがない。霞ヶ関の国家公務員にしても同じことが言える。

 ただし、注目や信頼を集められるからこそ、一般大衆の目は厳しい。
 押尾学のような触法行為とはもちろん、イメージを裏切る言動も制限される。

 キャリア官僚で言えば、深夜のタクシーで酒類を提供されただけで、「居酒屋タクシー」などと世間の批判を浴びたのは記憶に新しい。一般大衆なら泥酔者お断りとされるところが、乗車中に酔って許されるとは何事か!といった恨みつらみ、ルサンチマンに繋がった。

 また、人気が出始めてからのAKB48が恋愛禁止としたのもそうで、「いい男と付き合えるは、当然だろ。」「あの男のものだから、これまでのようにみんなの存在ではない…」と思われてしまっては、距離が離れすぎてしまう。手が届きそうで届かない。この加減がポイントだ。

 加減をうまく調整しているのが、お笑い芸人達である。

 ブラックマヨネーズが快進撃を続けているのは、劣等感と優越感の調和つまり、いい意味でのコンプレックスが働いているからだ。ハゲデブやブツブツにはなりたくない優越感と、私生活までばらす面白いしゃべりは真似しようがないという割り切り・劣等感。うまく親近感とある種の尊敬に結びついている。
 いや、尊敬と言うより、口には出せない共感・共鳴というものを、笑わせながら自然と獲得している。

 一方で官僚が得手とするところは、「難しい話だが私達でなんとかする」といった信頼感の醸成だ。
 
 私にも何人かのキャリア官僚の友人知人がいるが、そのほとんどが、人を落ち着かせる雰囲気というのか、納得させる雰囲気を持っている。

 ともかくも、大久保利通が官僚主導を整備して以来140年、官僚はその勤勉さと処理能力の高さで国民の信頼を得続けてきた。『我々が働けば、生活が良くなる。信じていてくれ…』


 が、ここへ来て、官僚の神通力が通じない。
 一人の官僚が『面白そうに話せないからだ』と言ったが、まさにその通りだ。

 『経済成長サイクルは終わった。だから体制どころか発想を代えねばどうにもならない』と言いたがっている彼らを何度も目にしているが、「難しい話」に「暗い話」が加わった格好で、ますます一般大衆との距離が開いてしまっているように見える。
 官僚の謹直さは、成長期固有の明るさの中でこそ輝いていたのだろう。

 官僚は鋭くて暗くてナンボの存在である。芸人とは真逆の特性だから仕方がない。カタカナ横文字まで入れて理路整然と説明しても、たとえ話がつまらないのは当然だ。
 小森純を「めちゃくちゃいい居酒屋なんだけど、たまにでっかい鼠が出てくるみたいな感じ。」と例えたのは、先述のブラマヨ吉田だが、そのようにわかりやすく伝えたとしても、官僚本来の強みである重々しさが損なわれてしまう。何とも難しいところだ。

 というより、政治課題で国民を説得するのは、官僚ではなく政治家のはずだ。だが、国民自身が準備不足の世襲政治家や実業家、現役柔道家(現在は引退)を当選させてしまい、明治の頃のようには補完できない状況だ。

 だからこそ、タレント政治家、とくに芸人上がりの政治家が注目を集めている。

 東国原知事にせよ、芸人弁護士上がりといえる橋元大阪府知事にせよ、ほぼ芸人の河村名古屋市長にせよ、芸人と政治家の両要素を一人で兼ねる人物は着々と増えている。
 彼らなら、「明治以来の成長感覚をあらためろ」みたいな話を、違う話題も交えつつ表現しやすい。『豆腐のおからを捨てるなんてあれせん事だわ、八丁味噌で味つけてまったらうみゃあで』とか、河村市長なら言えてしまう。(求む、名古屋ことば修正)
 ロンドンブーツの田村淳が故郷の山口県知事を目指すとの噂があるが、充分にあり得る話だ。

 私が、芸能話と政治経済話を混ぜてるのはそういう意図があってであり、文章では面白くなさげだが、会話になると途端にネタを交えた内容になる。このあたりの微妙は、私と直接お話いただくか、知り合いにでも聞いてもらえるとわかるだろう。

 深刻な状況をマジメに「深刻だ」と言ってどないする?
 笑いが、余裕が足りひんわ。

 最後に、斉藤賢爾さん(@ks91020)のつぶやきを引用する。

(経済成長よりも経済縮小がこれからの人類のテーマである。真か偽か?) 縮小は当然。成長しつつ皆が幸福感を得るのと縮小しつつ皆が幸福感を得るのとでは後者の方が高度で難しいのだから、人類の文明はいよいよ高度な段階に入ったと思って面白がって進むのがよいと思います。
 面白がってもうたれ!
 官僚から芸人(的なキャラクター)への主導権交代は遠くない。たぶん。
 

|

« 「極論」の使い方。人口減少に明治維新… | トップページ | 非成長期アイドル 低く低く、謙虚に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/49505263

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚主導から芸人主導へ。低成長社会の切り札?:

« 「極論」の使い方。人口減少に明治維新… | トップページ | 非成長期アイドル 低く低く、謙虚に。 »