« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

大学で遊べばいい就職?、親の真面目に巻き込まれるな?…不真面目な時に鍛えられる生活力。

 面白い記事を見つけた。

 大学で遊んだっていいと思う

 さっさと、結論の所を抜き出すのはどうかと思いつつも、非常にまとまっているので、抜粋したい。

いずれにしても、僕は大学生は遠慮なく遊ぶべきだと思う。もちろん、ただ怠惰に生活するんじゃなくて何かを作り出すべくトライできる時間なのだからいろいろ挑戦したほうがいいんじゃないかなとは思う。もちろん、勉強したければすればいい。

もっとも、最近は起業する大学生も多いみたいだし、そんなに心配する必要もないような気もする。いろいろ考えてやっていると思う。

少なくとも学生運動をして終わり。とかバブルに乗っかって遊んで終わり。というしょーもない生活を送っていたおじさんたちにあんまり言われると今の若者がかわいそうだろう。おじさんたちは認識を改めた方がいいと思う。

 最後の所がキーである。
 失礼を恐れずにいうと、昭和の頃は単純な学生生活でもよかったのだ。
 勤め先で滅私奉公すれば、許される・・・

続きを読む "大学で遊べばいい就職?、親の真面目に巻き込まれるな?…不真面目な時に鍛えられる生活力。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減税。公共機関の負担を減らす時が迫る。~河村名古屋市長の言い分?~

 2月6日、愛知県と名古屋市。納得いく選挙結果が出た。
 減税を露骨に訴える河村たかし市長が再選、それに応じた前衆議院議員・大村秀章氏が県知事に初当選した。いずれも、2位以下をダブルスコア以上で突き放し、得票率でも5割を超える圧勝だ。そのうえ、市議会のリコール・解散選挙まで成立した。

 当然だ。
 高度経済成長期が終わり、否が応でも経済成熟・低成長のサイクルに入っている以上、経済活動の余分・すなわち税で負担する事柄を減らす時期が来ている。外交・安全保障・環境調整などは別として、福祉や地域行政など民間でやることはやる、それも無償で出来る助け合いを重視せねば、そろそろ持たない。このまま行けば、窮した民間人が、安穏と暮らしている(ように見えてしまう)政治家や公務員を無差別に襲う、なんて構図もありかねない。

 もっと冷たい言い方をすれば、恨まれたくなければ、さっさと特権を手放して清貧に暮らせということだ。特に高給の地方公務員や地方議員の一部はそうだ。(国家公務員もね。)

 権限委譲して経費を減らす手法は、数百年前から行われている。

続きを読む "減税。公共機関の負担を減らす時が迫る。~河村名古屋市長の言い分?~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義理チョコの代わりに社会貢献を。

 えー、もし私なぞに、義理でもチョコレートを下さる殊勝な方がいらしたら、その労力や資金を社会貢献に振り向けてやってください。

 「また結果報告します」でもいいし、
 だいぶ経った後で「こんなことしたよ~♪」と教えてくれるだけで嬉しいです。

 社会貢献といっても小さなもので構いません。

 例えば…


続きを読む "義理チョコの代わりに社会貢献を。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »