« それでも"上"を目指すのか? ~「うえ」と「かみ」の違い~ | トップページ | 減税。公共機関の負担を減らす時が迫る。~河村名古屋市長の言い分?~ »

義理チョコの代わりに社会貢献を。

 えー、もし私なぞに、義理でもチョコレートを下さる殊勝な方がいらしたら、その労力や資金を社会貢献に振り向けてやってください。

 「また結果報告します」でもいいし、
 だいぶ経った後で「こんなことしたよ~♪」と教えてくれるだけで嬉しいです。

 社会貢献といっても小さなもので構いません。

 例えば…


 ・割り箸でも「間伐材」モノしか使わない。
 ・退社時に、PCだけでなくモニターの電源も切る。
 ・電車などで、立つのが辛そうな方に席を譲る。(断られるケースも多いが)
 ・急ぎなのに1駅ごとに乗り換えるぐらいなら、タクシーを使う。(経済循環の意味で)
 ・化粧用の使い捨てコットンやティッシュの多用を避ける。(難しいかな)
 ・服や靴など、高めでも長持ちする自然素材なら、進んで買う。(フェアトレード)

 最後の項目などは、チョコを贈った男にねだるのもひとつの手だ。男の購買行動を効果的に変えられるのは、なんといっても女性。ぜひ検討と健闘を祈ります。
 …まあ、オレはねだられないかな。たぶん。

 とは言うものの、特にチョコをもらうのを断っているわけではないので、話のネタに使いたかっただけです。


 以上。


|

« それでも"上"を目指すのか? ~「うえ」と「かみ」の違い~ | トップページ | 減税。公共機関の負担を減らす時が迫る。~河村名古屋市長の言い分?~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17330/50764515

この記事へのトラックバック一覧です: 義理チョコの代わりに社会貢献を。:

« それでも"上"を目指すのか? ~「うえ」と「かみ」の違い~ | トップページ | 減税。公共機関の負担を減らす時が迫る。~河村名古屋市長の言い分?~ »